畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.5.31

柳宗理 バタフライスツール 誕生60周年記念、企画展が開催


「BUTTERFLY STOOL 60th」が6月6日から金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所で開催されます。

柳宗理 バタフライスツール 誕生60周年記念 公式サイト

柳宗理さんの「バタフライスツール」が2016年に60周年を迎えたそうです。発表以来日本だけでなく世界で評価され続け、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やルーブル美術館など各地の美術館にも収蔵されています。

バタフライスツール60周年
※展覧会公式サイトより

展覧会要旨 公式サイトより
 「バタフライスツール」の印象的で軽やかなフォルムは、手遊びのように紙を折り曲げる中でうまれました。柳はこのかたちを実現させるため、仙台の産業工芸試験所で成形合板の研究をしていた乾三郎氏のもとを訪ねます。乾氏の協力で、当時の企業として日本で初めて成形合板を実用化した天童木工と研究・開発を行うことになり、約2年の試行錯誤を経て1956年の発表を迎えました。「デザインはひとりでするものではない」という柳の言葉に現れるように「バタフライスツール」はデザイナーとメーカーの協働によって完成したのです。
 本展では、発表当時のオリジナルを含む様々な「バタフライスツール」を展示し、その60 年の歩みを振り返るとともに、成形合板技術についてもご紹介いたします。

柳さんといえば、以前読んだ何かの本でCADなどを使い頭だけでものづくりするのではなく、手を動かしてものづくりする事を推奨されていたのが印象的で、とてもシンプルな形状ながら最初は紙で模型を作り開発した、バタフライスツールが着手してから2年間もリリースまでにかかったと聞かされると、3Dプリンターでラピッドプロトタイピングが可能な現代ではプロトタイプ作りで刻々と変化するものづくりは体験しにくいのだろうなと感じます。

バタフライスツール60周年
※展覧会公式サイトより

下記本では柳さんの作品が大きな写真で紹介されており非常に見やすく、しかも装丁を柳さん自身で手がけられているので本の手触りから柳イズムを体感できるのでオススメです。

柳宗理 デザイン


縞模様の歴史

関連記事

建築模型展

Tokyo Design Week 2016

Tokyo Design Weekが今年もスタートしました。

mineo free tank

mineoのデザイン そしてキャリアをmineoに変更

mineoに切り替えたら色々捗りそうです。

ios7

フラットデザインとスキュアモーフィズム

最近ipadアプリのUIをデザインしています。複雑なアプリではないのですがただ平面で考えるのではなく立体的に考えてデザインしなければいけないので面白いです。

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

MdN

絶対フォント感 MdN

絶対音感ならぬ絶対フォント感、アートディレクター必須のスキルです。

竹尾見本帖

ショップカードのデザイン 16種

今回は久々にショップカードです、エリアは銀座界隈やや多めです。

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

えらべ未来

映画と展覧会のフライヤー 8種

高いクオリティで作られていることが多い展覧会と映画のフライヤーです。特に今回はイメージフォーラムでガサッと集めてしまいました。

JAGDA 新人賞展

フライヤーデザイン26選 グッドタイポグラフィーとグラフィック

ナイスなフライヤーデザインを集めました、今回は美術展が多いですが優れたタイポグラフィーのものとグラフィックが美しいものが多かったです。 それでは豊作のフライヤーデザインをご覧ください。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2015

GOOD DESIGN EXHIBITION 2015 G展

10月30日から11月4日まで東京ミッドタウンにてグッドデザイン賞の受賞展示会、GOOD DESIGN EXHIBITION 2015が開催されます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト