畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.5.23

hakoniwa5周年記念イベント アナログとデジタル祭り Instant Print 世田谷ものづくり学校


先日世田谷ものづくり学校で行なわれた「女子クリエーターのためのライフスタイル作りマガジンhakoniwa」さん主催のイベントに遊びにいってきました。

女子クリエーターのためのライフスタイル作りマガジンhakoniwa

instant print

世田谷ものづくり学校入り口

テーマがアナログとデジタルだったので写るんですを使って様々なクリエイターが撮った写真とか、イラストをデジタルで動かしたりなどアナログ⇄デジタル的な作品が多々あったり3階ではフォントをテーマにしたプロダクトがたくさん並べられていたりと、いわゆるそういうのが好きな人(自分)にはたまらんイベントになっていました。

オンラインとオフラインのシームレス化 Instant Print

中でも根掘り葉掘り仕様を確認してしまったのがsagasikiさんのInstant Printというサービス。

ハッシュタグをつけて投稿するだけで投稿した写真が自動的にプリントされて出てくるという仕組み。
instant print

機械もこんな感じで木製の足がついてたりでかっこいいです。

instant print

プリントはすぐに出てきて廊下に吊るされていました。
実際にやってみましたが投稿して1、2分でプリントされるので早すぎてびっくりしました。
撮った写真がすぐ見られるリアルタイム性がSNSとリアルの距離をどれだけ近づけられるかを考えている人には大きなヒントになりそうでした。

写るんです


縞模様の歴史

関連記事

1分間の事象

グッドデザインのフライヤー19選 SPIRAL 他

デザインの土壌が豊かそうな場所で集めてきたグッドデザインのフライヤーをご覧ください。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

DEAN & DELUCA

約1週間COPPERPLATE GOTHICを意識してハントした結果 

広告、雑誌、Webと毎日一度は見かける日本語フォントといえば筑紫丸ゴシックや筑紫明朝ですが、欧文フォントで同じように見かけるフォントといえばCOPPERPLATE GOTHICでしょう、暇だったので先

CLASKA

良デザインのショップカード 2015 晩夏 丸の内 青山

良デザインのショップカード、今回は丸の内と青山界隈をぶらぶらして見つけたものたちです。 ワイズベッカーのイラストものもありますよ。

ramsophone

機能主義家電デザインの始祖 ディーター・ラムスに影響を受けたWebシンセ

ドイツ人のプロダクトデザイナー、ディーター・ラムスに影響を受けて造られたWebシンセがこちらの「Ramsophone」です。

ISSEY

ISSEY MIYAKEとFashion Entertainmentから電子ペーパーで柄の変わるカバン

だFashion Entertainment がまた電子ペーパーを使った新しいファッションアイテムをパリコレで発表しました。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

ひろがるデザイン

TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH 2016 GOOD DESIGN EXHIBITION

なんかやたら長いタイトルになってしまいましたがTOKYO MIDTOWNでDESIGN TOUCHが始まっていました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト