畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.5.7

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 文字編


デザイン、特にグラフィック・Webにおいて文字の占めるウェイトはどんどん増加していると思います。そんな中で基本的な文字の扱いを知ることはデザイン基礎体力をあげるためには重要です。
非デザイナーからベテランの方でも参考になりそうな文字関連書籍を5冊ピックアップしてみました。

フォントの不思議 小林章

フォントのふしぎ

超有名ブランドのタイプフェイスがどうやって作られているのかを、フォント選びと微妙なチューニングのコツを基に非デザイナーでもわかる言葉で解説している本です。
入り口は身近なブランドのタイプフェイスをもとにフォントの説明が語られているので入りやすいですが、基本的なフォントのプロポーションや構成にまで言及されているのでフォント勉強の第一歩にはとても良いです。

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?

欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド)  小林章

欧文書体

上記と同じく現monotype社のフォントデザイナー小林章さんが書かれた欧文書体理解の入門書。欧文書体のなりたち、フォントにおける錯視の理解、基本用語など書籍のデザインはちょっと味気ない教科書のようですが、非常にためになる本です。
特にロゴやロゴタイプを作る時にこの本に載っている基礎知識を知っているか知らないかは大きな違いとなるので、ロゴデザインをやる方は絶対手に取ってほしいです。

欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド)

TYPOGRAPHY

TYPOGRAPHY
日本で唯一(2017年5月現在)のタイポグラフィー専門誌です。フォントの基礎知識から今使うべきフォントやWebフォントを取り巻く最新情報など幅広くフォントに関する情報収集ができます。
また、雑誌自体のデザインも秀逸で眺めているだけで気分が上がる楽しい雑誌です。

タイポグラフィ11 欧文書体を使いこなす

月刊MdN 2016年11月号(特集:絶対フォント感を身につける。2)[雑誌]

MdN 絶対フォント感を身につける。
フォントといえば、パッと見てこのフォントはA1明朝だなと判断できる観察眼を持つことにデザイナーであれば若干憧れがある人は多いと思いますが、その観察眼を音楽の絶対音感になぞらえて「絶対フォント感」と名付け特集を組んでいるのがMdNのこの号です。
書体のどこの部分を見れば見分けやすいのかや書体見本帳などもついていて普通に役立つ知識や資料が満載です。

月刊MdN 2016年11月号(特集:絶対フォント感を身につける。2)[雑誌]

The Helvetica Book ヘルベチカの本 大谷 秀映

The Helvetica book
デザインをするしないにかかわらず知っている人が多いであろう書体ヘルベチカの持ついろいろな魅力に気が付かせてくれる本です。まだフォント関連の読みやすい本が少なかった頃に出てきたグラフィカルで読みやすい本だったので個人的に強く影響を受けました。
大きく3章に分かれヘルベチカの成り立ちから文字の構成要素の解説から始まりますが、興味深いのは類似書体であるグロテスクやユニバース等とのタイプフェイスの詳細な比較をしている部分、比較を通してヘルベチカの持つ汎用性と個性が浮き上がってきます。

The Helvetica Book ヘルベチカの本

以上5冊紹介させていただきました、文字関連の本は10年ぐらい前に比べるとかなり数が増えたと思いますが、まだまだ体系的にまとめられた本は少ないですね。
紹介させていただいた5冊以外にも良い本はありますがそれはまたの機会に。


縞模様の歴史

関連記事

hinagata

フリーペーパーのデザイン 7種 メトロ中心

定期的なフリーペーパー紹介、ちょっと少ないですがメトロの駅でもらえるものを中心にご紹介です。

渡邉良重 AUDREY

KIGI 渡邉良重 亀倉雄策賞受賞 銀座クリエイションギャラリーG8で個展開催

その年の最も優れたグラフィックデザインに送られる亀倉雄策賞にKIGIの渡邉良重が手がけたAUDREYの洋菓子パッケージに決定しました。

stand九州

三越伊勢丹 ビームスのstand九州活版印刷「NINE LETTERPRESS

三越伊勢丹とビームス(BEAMS)が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト「STAND九州」が、3月29日よりスタートします。

tokyo midtown award 2008

Tokyo Midtown Award 2017 東京ミッドタウンのデザインとアート

2008年より開催されている「Tokyo Midtown Award」が7月24日まで受付中です。

SALT & SOIL DELICATESSEN

良デザインショップカード 2015夏 渋谷

新しい街や久々に足を運んだ街では紙物の収穫が大きいです。 今回は渋谷近辺で収穫した物たち、白地ベースとカラフルなのを両方混ざっています。

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

ゴミの日

ゴミの日のアレをシンプルにデザインしてみました

最近引っ越しをしまして以前よりも少しだけ広いお家に満足しているのですが、引っ越し先でもらったゴミの日の紙が家で貼るにはあまりにもこてこてしていたので、自分のお部屋に合うようカスタマイズしてみました。

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

J.S.BURGERS CAFE

フリーペーパーのデザイン20選 

フリーペーパーを集めました、割とこれまでも集めているものが多かったですが初めてみるものも幾つかあります。前半はカラフル、後半は新聞紙系です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト