畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.4.19

【再読】レム・コールハース ドキュメント 行動主義 滝口範子


久々に取り出して読み直してみた本です。

この本2004年に出ているので10年以上も前の本なのですね、滝口範子さんがレム・コールハースについて密着?取材をして書かれた本です。

レム・コールハース 行動主義

レム・コールハースについてはご存知の方も多いと思いますがもともとジャーナリスト出身の建築家で「錯乱のニューヨーク」と「S,M,L,XL」という著作で建築より先に有名になり、その後CCTVを始め20世紀、21世紀を代表する建築家として文字どおり世界を股にかける建築家です。

この本はそんなコールハースの取材がどれだけ大変かということを軸に書かれていて、アポすらままならないコールハースをつかまえる過程とコールハース周囲の環境の観察で半分が占められていていますが、それが逆に世界を飛び回り取材ができない対象というコールハースの存在をとてもうまく掘り出しています。

レム・コールハース 行動主義

脱建築家

残りの半分の3/2は「コールハースとともに走る11人」というタイトルで関係者へのインタビューが収められていますが、建築構造家のセシル・バルモンド、一緒にプロジェクトに関わったこともある伊東豊雄、個人的なパートナーでもあるインテリア、ランドスケープデザイナーのペトラ・ブレーゼなど様々な人がインタビューに答えていますが、その誰もが割と同じようなことを言っているのが印象的でした。それはコールハースは今までのいわゆる建築家的な仕事の取り組み方ではなく、根本的な建築の生み出し方が違うと言うこととそれを裏付けるようなある意味建築からの離脱のようなもの。

レム・コールハース 行動主義

それを象徴的に表しているのが建築家評論家のサンフォード・クインターがコールハースに言われた
「ぼくはもう建築には関心がない。建築をやるより人生を楽しめるよう、事務所の組織を考え直したんだ」
という言葉です。

この本を読んでていて感じるのはデザイナーや建築家がアウトプットとしての形状に固執してしまうことへのコールハースの痛烈な批判、もちろんその批判が絶対的に正しいとも思いませんが軽やかにそれを超えて自由なアウトプットを出し続けその存在が建築とも言えるようなコールハースには憧れを抱いてしまいます。

10年前にはそこまで理解できませんでしたがスキルや技術、嗜好というものがいくらでもジャンプできる世の中においてはコールハースの生き方はすべての人に実践できるほど身近な考え方になったのだなという気がします。

何かを生み出そうともがいている人には是非読んでほしいです、何をするべきなのかのヒントになります。

ちなみにこの本装丁も素晴らしくて、特に紙がペーパーバッグのような粗雑な紙が使われているところに移ろいゆく時間の流れを感じさせてくれるところが良いです。

行動主義―レム・コールハースドキュメント 瀧口 範子


縞模様の歴史

関連記事

bauhaus

The Bauhaus バウハウスの美術品32,000点が無料で公開

ハーヴァード大学に寄贈されてきたバウハウス卒業生の作品がオンラインアーカイブとして公開されました。

神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプション

神奈川県立近代美術館 鎌倉館 クロージングレセプション

2016年1月31日神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプションが1月16日にあったので行ってきました。

brige_1

合羽橋 BRIDGE STURDY STYLE

店舗開発で合羽橋に足を運ぶ事が多いのですが、合羽橋って長い割にあまりお茶したりする場所がありません。 そんな合羽橋のオアシスと言っても過言ではないカフェを発見しました。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

lived space

坂倉準三 Lived space 空間を生きた。 神奈川県立近代美術館 鎌倉

神奈川県立近代美術館 鎌倉館が2016年3月末の土地契約満了をもって閉館となるということです、展覧会は1月の末で終わりということで最後の展覧会に行き建築本を入手しました。

プレイマウンテン

大地に残るデザイン モエレ沼公園 イサムノグチ

四国にあるイサム・ノグチ美術館に行って以来その彫刻作品の質感や、形状が生み出す空間とのいい意味での違和感に魅了されていたぼくは、たまたま行く用事のあった札幌の時間の合間を縫って見学してきました。

アントニ・ガウディとはだれか

アントニ・ガウディとは誰か 磯崎新

7/10発売のブルータスが井上雄彦さんを通したガウディ特集だったのに即発され、久々に磯崎新さんの表題の書籍を読み返しつつ、ガウディと特にサグラダファミリアについて書いてみました。

国立西洋美術館

国立西洋美術館でパブリックビューイング 世界遺産に向けて

イスタンブールで15日から行われる世界遺産登録審議の様子を上野・国立西洋美術館で15日、16日にパブリックビューイングするようです。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト