畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.4.16

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 デザイン思考編


これからのデザイナーが読んだ方が良いのではという本を5冊「デザイン思考編」として集めてみました、いわゆるデザイン哲学というよりはどうやって仕事をするべきか、デザインと関わるべきかのヒントになりそうな本を選んでみました。

はじめての編集 菅付雅信

はじめての編集

AIとアプリケーションの発達で、グラフィックデザイナー、ウェブデザイナー、その他全てのデザイナーが今後一つの職能にこだわるだけでは生き残っていくのが難しい社会になる中で、デザイナーにはプロダクト作りやブランド作りを俯瞰した位置からコントロールする能力が求められていくと思います。
デザイナー、ライター、その他様々なクリエイターや関係者を束ねアウトプットを出す編集という能力は上記に近く、デザイナーにとってもマストになってくると思われますが、そんな編集という能力がどのように育まれてきたのかというのを歴史とスキルの軸で紹介するのが本書です。

はじめての編集

Think Simple ケン・シーガル

Think Simple

iMacの名付け親であり、史上最高のCMと言われるAppleの「1984」やThink Differentキャンペーンに関わったケン・シーガルによるアップルのデザイン思考をシンプルという軸で書いた一冊。
アップルというよりジョブスの思考哲学を客観的に評価していて非常にわかりやすい、デザイナーだけでなくすべてのビジネスマンにオススメ。

Think Simple

仕事の流儀 宮田識

仕事の流儀

ドラフト、D-BROSの代表宮田識による仕事の進め方を描いた一冊、いち早くブランディングというものの大切さを理解して推進した宮田さんならではの仕事の取り組み方は、現代においても十分通用するというか出来ていない人がほとんどなので、ぜひ一読して文字ベースだけでも理解してほしい。

仕事の流儀

デザインの授業 ポールランド

ポールランド

IBMやジョブスが作ったネクストコンピュータのロゴを作ったポール・ランドの一冊。良いデザイン、悪いデザインとはを端的に解説しています。本も3色刷りで可愛らしく本棚に並べるだけで気分が上がります。

ポール・ランド デザインの授業

自分の仕事を作る 西村佳哲

自分の仕事をつくる

仕事とどう向き合うべきか、自分の仕事とはどうあるべきなのかを柳宗理やドラフトの宮田識さん、パタゴニアのベンチュラなど様々なクリエイターのインタビュー通じて掘り下げていく本です。
個人的には最後の「頼まれもしないのにする仕事」という日本とイタリアのデザインワークの違いを綴った章が印象に残っています、現在デザインワークのほとんどすべてがクライアントが存在する受注仕事ですが、本来デザインとは提案する仕事でありイームズのDCMチェア、マルセルブロイヤーのワシリーチェアなどはクライアントが存在せず自分で考え作ったことが仕事になっています。
受注仕事が減っていく世の中でデザイナーとして生きるためにはを考えるのに役立つ本です。

自分の仕事をつくる

デザインという職能の役割が変わっていく世の中をどうやって生き延びるのかに役立ちそうな本を集めてみました、常に目の前の仕事でいっぱいいっぱいにならず俯瞰して自分の仕事を考える環境を作っていきたいですね。


縞模様の歴史

関連記事

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

パピエドレ

かっこいいデザインのショップカード 白地編 動画あり

色んな場所に行ってショップカードを集めているのですが、その中でもこれはというものがある程度集まったのでご紹介します。今回は中でも一番好きな白地メインのショップカードだけを集めてみました。

さかぐち 版画 カレンダー

九段一口坂 さかぐち 版画カレンダー 18ヶ月

部屋の整理をしていたら九段坂の老舗煎餅店「さかぐち」さんが配布しているオリジナルの版画カレンダーが出てきました。

建築模型展

Tokyo Design Week 2016

Tokyo Design Weekが今年もスタートしました。

little_design_studio

小さなデザインスタジオの、大きな影響力 ―少人数で成功した世界のデザインスタジオ30社

デザインを志す人、もしくは既にデザイナーとして活躍している人は一度は独立してデザイン事務所を持ちたいと思ったこと、もしくは独立して事務所を構えているかもしれません。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

distant voices carry on

Spiralの紙もの 2015

職場が渋谷の宮益坂だった頃は打ち合わせをしたり、プレゼントやなんかを買いにしょっちゅうSpiralに行っていました。

ANKER USBケーブル

ANKER ケーブル パッケージ&冊子

たまたま買ったANKERのUSBケーブルのパッケージがよく出来ていたのでご紹介。

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post

Follow design_peeji's board Free paper, flyer like a news paper 新聞紙のようなデザインのフリーペーパー・フライヤー on Pinterest.