畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.4.9

Source Han Serif 源ノ明朝 7ウェイトを伴ってリリース


AdobeとGoogleの共同開発した源ノ明朝(げんのみんちょう)がGitHub、Typekitでダウンロードして使用可能となりました。

源ノ明朝

源ノ明朝は簡体中国語、繁体中国語、日本語、および韓国語の4書体でそれぞれ65535の字形を持ち、もちろん無料で使えるという素晴らしいもの、印刷はもちろんデジタルデバイスでの使用を想定して設計されているそうです。

というわけで、Macに元からバンドルされているヒラギノ明朝と比較してみたのでよければご参考ください。

書籍タイトル

企業がブランド力を上げる理由

とりあえず漢字とカタカナとひらがなが入っている書籍を適当にピックアップして打ってみました。ツメはプロポーショナルメトリクスしか入れていません、ウェイトはヒラギノがW3、源ノ明朝はRegularです。正直デザイナーでない限りあんまり変わらないじゃん、みたいな印象を受けそうです。ただ見ていくとやはりかなり違いがあります、特に違いを感じるのはひらがなとカタカナです。

ひらがなとカタカナの違い

源ノ明朝

書籍タイトルの中からひらがなとカタカナが並ぶ「がブ」の部分をアップにしてみました。拡大すると分かりますがまずひらがなの「が」のセリフ部分、源ノ明朝の方が太めで大きくしっかりしてます、そしてこれはカタカナがわかりやすいですが「ブ」の懐部分が源ノ明朝の方が深目です。

上記はヒラギノ明朝よりも源ノ明朝の方がユニバーサルな作りになっていることがわかります、これはデジタル向けで様々な環境で見られることを意識しているからですね。

引き続きひらがなと漢字も見ていきたいです。

源ノ明朝

引き続きひらがなの「げ」に注目したいですが、文字の形がヒラギノに比べるとかなり極端な曲線を描いているのがわかります、漢字はこのサイズだと分かりづらいですが横線が源ノ明朝の方が太めです。漢字に関してはカタカナ、ひらがなとは逆でうろこが弱められていたり、線の強弱も弱かったりで記号化が進んでいます、これは文字の構造が複雑になりがちな感じの方は文字のニュアンスで伝えるというより視認性を強めるチューニングが行われたということでしょうか。

いかがでしたでしょうが、かなり簡単ですが源ノ明朝をヒラギノ明朝と比較してみました。個人的にはひらがなの強められたプロポーションはとても好みな感じで、使ってみたいフォントだなと思いました。

無料で使えるのであまりフォントを持っていないノンデザイナーの方にもオススメです。

絶対フォント感を身につける。2


縞模様の歴史

関連記事

こんな雑誌を待っていた文字マニアのためのTYPOGRAPHY

Tweet デザイン関連の書籍が増えた気がします、いやもともといっぱいあったのですが作品集とかアイデア本とかレイアウトルールとか詰まった時に索くような本が多かったのですが、ここ最近は特に印刷関連と文字

Adobe Max

【レビュー】Adobe Max 2016 in ビッグサイト

昨日は様々なジャンルで活躍するクリエーターの講演が無料で(一部有料)楽しめるAdobe Maxに行ってきました。

typografia

typografia チェコの文字と印刷の雑誌

古書市で見つけた文字と印刷の雑誌です。 1980年だから35年ぐらい前の雑誌ですが雰囲気はもっと古い雑誌のように見えます。

江戸から現代へ、漢字書体「真四角書体」がリリース

アイデアスケッチが江戸時代に生まれた漢字書体をスタイリッシュにリデザインした書体「真四角書体」をリリースします。

hermann zapf

青山ブックセンター TypeTalks 第33回「映像・写真で振り返るヘルマン・ツァップさん」

青山ブックセンターのTypeTalks、第33回はヘルマン・ツァップさんについて小塚正彦さんと小林章さんが語るそうです。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

真四角

江戸から現代へ 書体プロジェクト「真四角」初の個展を開催

デザインプロジェクト「真四角」による初の個展「真四角博覧会」を開催。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

detail in typography

ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリが書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版が登場。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 5[Webにおけるタイポグラフィ]

FONTPLUS DAYのVol.5が開講です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト