畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.4.5

坂本龍一 ワタリウム 設置音楽展


本日より神宮にあるワタリウム美術館にて坂本龍一の8年ぶりの新アルバムお披露目視聴会が開催されるようです。

坂本龍一

ちなみにこの新作、「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくない」という坂本龍一の意向から、プロモーションを含めた音源の先行試聴など一切行なわれていないそうです。

async
すでにアマゾンでは賛否両論のレビューが吹き荒れているasync

同展の会場構成は高谷史郎が担当、新アルバムを5.1chサラウンドミックスした音源と映像で構成。

その他に映像、アナログ盤での過去作品視聴、楽譜なども展示されるそうで楽しみです。

4月4日から5月28日まで開催です。

坂本龍一 async


縞模様の歴史

関連記事

stan getz focus

Stan Getz |Focus 粋な勘違い

なんとなく音楽の話題はこのブログでは避けていたのですが、久々にがつんと来てしまったアルバムがありまして、とはいっても別に新しい現代のアルバムでもなく1961年のジャズです。

カフェカレー

ボサノヴァはなぜダサいと言われる音楽になってしまったのか 魚民ジャズに見るオシャレ様式美

ボサノヴァは今の若い世代にはダサい音楽となってしまったそうです。

裸体の森へ

菊地成孔プロデュースの晩餐会 裸体の森へ ペペトルメントアスカラールとともに

ジャズミュージシャンで文筆家、美食家としても知られる菊地成孔さんがプロデュースする音楽の宴が催されるようです。

世界音楽の祭典

世界音楽の祭典 in 浜松 音楽監督に三宅純

世界音楽の祭典が浜松市にて開催、なんとその音楽監督が三宅純だそうです。

Sigriour Nielsdottir

The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir – シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ

シグリドゥル・ニールスドゥッティルはアイスランドの音楽家です。

jazz auditoria

Jazz AUDITORIA in WATERAS 2017

Jazz AUDITORIA in WATERASの2017が4月28日から30日までの3日間開催されます。

clapping music

リズム音痴に送る ライヒのClapping musicを演奏するアプリ

リズム音痴と脳を最近使ってない方、現代音楽好きにお勧めのアプリ。

グレングールド at AI

グレン・グールドをAIで復活 Glenn Gould as AI YAMAHA ジャンルになったグレングールド

2019年になっていまだ衰えない人気。クラシック界のPOPアイコンと言っても過言ではないですね。

OKARA キッコサウンド

【欲しい!】 OKARA キッコサウンド

古いオーディオシステムを復活させるガジェット、欲しいです。

鍵盤オルゴール

一つのメロディを様々な鍵盤楽器で弾いてみる Audio Architecture

AUDIO ARCHITECTUREとの連動企画。いろんな楽器にさわれて楽しそうです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト