畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.4.2

デザイナーが読むべき、ブランディング書5冊


企業ブランディングをするようになってから多いときは週に3,4冊ぐらいの勢いでブランド作りの本を読みまくっていました。とはいえすごくためになるなという本はやはり少なくて、あくまで個人的にですがこの本は読むのと読まないのだと全然ブランド作りのやり方が変わりそうだな、という本を5冊に絞ってご紹介です。

僕はデザイナーですが、企業内に入ってどのようにブランド作りの根幹を考えそれをアウトプットに生かしていくのかというのを軸に選んでます。

ブランドをデザインする 西澤明洋

ブランドをデザインする!
エイトブランディングの西澤さんがこれまで手掛けたブランドを通じてどうやってブランド作りに携わったのかが書かれています。
ブランディングカンパニーとしての仕事の取り組み方が最初の企画段階からアウトプットにまでをどのように出すかまで丁寧に書かれていて非常にためになります。
周りにブランディングディレクターがいない人にはオススメです。

ブランドをデザインする!

世界で勝てるブランディングカンパニー

世界で勝てるブランディングカンパニー
2001年、38億の赤字を出すほど混迷していた無印良品を2015年時点で営業利益300億を叩き出すまでに文字どおり立て直した無印良品前会長、松井忠三さんのインタビューをはじめブランディングで成功した企業の代表が語るブランド作りの肝を学べる本。
個人的には無印良品と教習所をエンターテイメントの場に変えた武蔵境自動車教習所の取り組みは身近に感じられ参考になりました。

世界で勝てるブランディングカンパニー

スターバックスは値下げも広告もしないのになぜ売れるのか ジョン・ムーア

スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?
※Kindelで買った唯一の本となってしまいました。
セカンドウェーブと呼ばれるシアトル系コーヒーで最も成功したスターバックスがどうやって成功したのかをスタバのマーケティング担当だったジョン・ムーアが一つ一つ明かしていきます。
ブランドは従業員などが作るもので特にスタバみたいなお店だとスタッフの醸し出す雰囲気がとてもブランドに影響を与えていると思いますがブランド体現できる人をどうやって育てるかなど気になることがたくさん書いていあります。
面白いと思ったのは出店戦略で広告をほとんど打たない代わりに、店舗は一等地に出してお店自体が広告塔となるようにしているという話で当たり前ではあるもののなかなかできないです、アップルも同じ戦略を取っていますね。小売や飲食系のブランド作りの非常に参考になります。

スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?

スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る 遠山正道

スープでいきます 遠山正道
※本が見つからなかったのでamazonより。
ブランド作り関連の書籍を読み始めて最初の頃に読んだスープストックの遠山正道さんの本です。遠山さんがどうやってスープストックを立ち上げて育て上げたのかを柔らかい感じで書かれています。
今まで幾つかのブランド作りを経験してきて、何にこだわるのか、社員にイメージを伝えるにはどうすれば良いのかなどがいつも疑問に感じるのですが、そこを実体験をもとに書かれているので非常にリアルに感じられます。
ただの商社マンではなく、絵とデザインが得意な遠山さんが人に伝える時に数字じゃなくて絵やイメージを上手に使い伝えていることがデザイナーとしてはより近く感じられるポイントです。

スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る

ジョナサン・アイブ リーアンダー・ケイニー

ジョナサン・アイブ
最後の本はブランディングの本というわけではないのですが、プロダクトのデザインで圧倒的なブランド作りを成功させたアップルのプロダクトデザイナーでジョブスの片腕以上と言っても過言ではないジョナサン・アイブの物語。
デザインドリブンでどうやって会社が変わっていくのかはプロダクトデザイナーではないですが非常に興味深いし、インハウスデザイナーがどうやって会社と関わるべきなのかがジョナサン・アイブをモデルに書かれています。

ジョナサン・アイブ

いかがでしたでしょうか、今回あえていかにもビジネス書よりでフレームワーク重視のような「ブランディングの基本」などは省きました、ビジネスマンの方には割とこっちの方が響くのかもしれないですが、自分の感覚だと物語や手触りのあるブランド作りの方がしっくりきたので。

こんな感じで幾つかデザイナーにオススメしたい本を定期的にご紹介していこうと思いますので引き続きよろしくお願いします。

ブランディングの基本


縞模様の歴史

関連記事

スポーツ・ブランド―ナイキは私たちをどう変えたのか?

NIKEのブランディング

ナイキのブランディングについて。

ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと

ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと

ブランドづくりを体系的にまとめた本です。

mineo free tank

mineoのデザイン そしてキャリアをmineoに変更

mineoに切り替えたら色々捗りそうです。

nine hours ベッド

nine hours 集中できる仕事部屋 隅々まで行き届いたデザインブランディング

これはとても良い集中部屋です。

INN THE PARK

日本初の泊まれる公園が気になる INN THE PARK

泊まれる公園で過ごす1日は豊かなものになりそうです。

nike by you

NIKE BY YOU エアマックス1 爆速で到着

届くまでのスピードが早くなるだけでブランド体験が向上しました。

DOVER STREET MARKET 袋アップ

DOVER STREET MARKET E-SHOPでお買い物

夏らしいTシャツを買いました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト