畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.3.21

mineoのデザイン そしてキャリアをmineoに変更


mvnoが世の中に普及して周りがどんどん買い換えていく中、切り替えのタイミングが合わずずっとauキャリアに縛られていたのですがついにキャリアを変更できました。

僕が変更したのはmineoだったのですが、auの端末をそのまま使えるというのが決め手ではあったのですが数あるmvnoの中でもカラーブランディングが一貫しているところにも好感を持っていました。

mineoといえば葵わかなさん演じる「マイネ王」のcmの衣装などでも見事にカラーコントロールされたグリーンが印象的で、グッズやWeb、そして今回利用した実店舗など見事に統一されています。


葵わかなさん演じる「マイネ王」のCM。

グッドデザイン賞受賞

全然知りませんでしたがmineoはフリータンクというシステムでグッドデザイン賞を取っているようです、mineo会員と余ったパケットをわけあえるシステムとのこと、詳しくはmineoのhpをご覧ください。

mineo free tank

キャリア変更体験

ちなみに今回僕がキャリア変更した体験もとてもスムーズでした。今回はauからMNPで転出だったので手順としては。

  • auに電話してMNP番号の発行をしてもらう。
  • amazonにてエントリーパッケージ購入
  • mineo渋谷の予約をwebにて行いsimを当日受け取り

の手順を踏みました。

特にエントリーパッケージは買っておくと3000円の契約事務手数料が無料になるので絶対買ってから手続きしたほうが良いです。

mineo エントリーパッケージ

エントリーパッケージを使っての実店舗での申し込みは現状都内だと渋谷のmineo直営店でしかできないのでご注意ください。

mineo

mineo

※エントリーパッケージにはこんな感じでただのペラ一が入っているだけです、もちろん実店舗に行くのが面倒な人はこのパッケージを使ってのお申し込みもできます。

祝日に手続きに行ったのですが、前日にwebから予約してMNP番号を持って向かいました、受付は20分程度で終わったのですが祝日の混む時間だったためかsimの受け取りまで2時間ぐらいかかりました。

ただ、受け取りに行ってweb申し込みだと通常自分でしなければいけないsimの差し替えとセットアップも自動的にやってもらえたのは嬉しかったです。

結果web経由だと2、3日使えなくなる期間があるそうですが特にそんな空白期間を作らずに、auにMNP番号発行のために電話をかけてからamazonへのエントリーパッケージの発注も含めて1日後にはmineoに移行できました、端末もそのまま使えたので余計な費用もかからずグッドです。

今回ちょっと残念だったのは周りにmineoの人がいなかったのでAmazonギフト券のプレゼントが受けられなかったことぐらいです。

そんな感じで勝手に宣伝な投稿になってしまいましたが、毎月の携帯代がとてもお得になるのがいい気分で思わず書いてしまいました。mvnoご検討中の方は是非おためしください。

完全に宣伝ですが下記リンクからお申し込みいただけますと僕のように周りにmineoユーザーがいなくてもAmazonギフト券がもらえます。

mineo紹介


縞模様の歴史

関連記事

ブランドをデザインする!

デザイナーが読むべき、ブランディング書5冊

ブランディングをやっていきたいデザイナーにおすすめです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト