畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.3.14

レイモン・サヴィニャック展 Bunkamura ギャラリー これも無料


最近ご紹介する展覧会がほとんど無料のものばかりで特に意識しているわけでもないのですが良いなと思うものが無料であるというのは素晴らしいなと思います、素晴らしいというのは別にお金を払いたくないわけではなく誰もが文化に触れる機会が多いというのは良いことだという感覚です。

そしてこのフランスのポスター画家サヴィニャックの展覧会も無料です、サヴィニャックはまだデザイナーになる前から好きなイラストレーターで今改めて見るとフランス人独特のエスプリが詰まったポスターはただ可愛いだけでなく心を動かします。

savignac

以下BUNKAMURA HPより引用

28歳まで独学でデザイン業界を歩み、その後『アリアンス・グラフィック』のカッサンドル(イヴ・サンローランのロゴ制作者)の誘いで、助手として働きはじめます。彼の指南のもとたくさんのポスターを描く中、41歳のとき、モンサヴォン社の牛乳石鹸のポスターが大ヒット。その日からパリの街は彼の陽気な作品であふれ、街行く人々の足を止め笑顔にし続けているのです。晩年には港街トゥルーヴィル・シュル・メールに移住し、この街のためにたくさんの作品を描きました。市立ヴィラ・モンテベロ美術館には現在、数百種類にもおよぶサヴィニャック作品が収蔵されています。また海岸の散歩道や街角のあちこちに作品が設置され、いまも変わらず人々にユーモアを届けています。

3月20日までですが何しろ無料ですし、サヴィニャックだけでなくフランスの国民的漫画家でありイラストレーター、ジャン=ジャック・サンペ、風刺画家のセムも同時に展示されるようですのでフランスのエスプリを感じたい方は是非足を運んでみてください。

レイモン・サヴィニャック フランスポスターデザインの巨匠


縞模様の歴史

関連記事

土屋鞄

ランドセルのデザイン パンフレットと今時のランドセルディレクション事情

今時のランドセルはラグジュアリーな革製品のようです。

tokyo midtown award 2008

Tokyo Midtown Award 2017 東京ミッドタウンのデザインとアート

2008年より開催されている「Tokyo Midtown Award」が7月24日まで受付中です。

detail in typography

ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリが書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版が登場。

stand九州

三越伊勢丹 ビームスのstand九州活版印刷「NINE LETTERPRESS

三越伊勢丹とビームス(BEAMS)が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト「STAND九州」が、3月29日よりスタートします。

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

stan getz focus

Stan Getz |Focus 粋な勘違い

なんとなく音楽の話題はこのブログでは避けていたのですが、久々にがつんと来てしまったアルバムがありまして、とはいっても別に新しい現代のアルバムでもなく1961年のジャズです。

HOLIDAY

60’s アートスクールの教材

実家に母が昔買ったらしいアメリカの商業デザイン教材があり、中面がかっこ良かったので一部アーカイブします。

Slidarite

Amazon Solidarité 助け合い

13日夜フランスパリで痛ましいテロが起きました、現在伝えられているだけでも120人以上の犠牲者が出たということです。

SLOW HOUSE

パンフレットデザイン9種 二子玉川 山梨 他

パンフレットを少し集めました、今回は旅行で行った山梨から富士山関係で少しと二子玉川近辺、他で少しです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト