畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.3.6

NIKELab AIR MAX1 Pinnacle衝動買い ティンカー・ハットフィールドの影響受けまくり UXの素晴らしさ


先日からNetflixでABSTRACT Art of Designを視聴しているのですが、そのエピソード2にNIKEのフットウェアデザイナー、ティンカー・ハットフィールドが出ていました。

今までNIKEのスニーカーにはあまり興味がなくて実際一度も買ったことがなく、そもそもNIKEのエアマックスといえば今の自分世代にとってはとんでもないブームを巻き起こしたスニーカーというイメージがかなり強くてどことなく敬遠しているところすらありました。

その意識が変わったのは年末年始にかけて読み漁ったアップル関連の書籍の中でジョブスがNIKE信者と聞いてから、その辺りからなんとなくNIKEのことを気にするようになってちょくちょくショップを覗いていたのですが、このドキュメンタリーを観てから一気にNIKE熱がピークに。

特にレンゾ・ピアノのポンピドゥセンターにインスパイアされたというAir Max1にはオーソドックスながらなめらかなラインと、露出されたエアの新しくも伝統となったソール、これは手に入れなければと変な使命感がマックスになり買ってしまったのがこちらです。今回はNIKEオンラインストアのUXが素晴らしかったのでご紹介です。

NIKElab AIR MAX PINNACLE

NIKE AIR MAX PINNACLE

いきなりですが届いた瞬間からのレポートです。なんかいつもスニーカーを買う時よりワクワク感が強かったというのもあるのですが、届いた瞬間のこのダンボールですでに心は鷲掴み。

NIKE AIR MAX PINNACLE

このテープがまた気持ちを高ぶらせてくれます。

NIKE AIR MAX PINNACLE

ダンボールを開けると箱本体が現れました。ロゴ部分の印刷はニスが使われていて箱は手前から後ろに開けるタイプではなく、丸い穴に指を引っ掛けて引き出すタイプ

NIKE AIR MAX PINNACLE

箱を引き出すと出てきました、AIR MAX、NIKELabのPINNACLEではレザー仕様になっています、ちなみにこの箱の引き出し感は非常に滑らかでUXの点数でいうと95点はあると思います。Appleが箱を開ける瞬間のUXにこだわっているのを思い出させる体験でした。

NIKE AIR MAX PINNACLE

全景です、素晴らしく美しいです。ベロの型押しロゴもかっこいいです。

NIKE AIR MAX PINNACLE

当たり前ですがエアも入っています。

オンラインストアのサイズ表を参考に測った足のサイズで買ったらサイズ感もぴったり、さらにサイズが合わない場合など返品無料で返送用の着払い伝票も入っていました。

なんか、いきなりAIR MAX 購入レポになってしまいましたがスニーカーの出来もさることながら、今回買ったNIKEオンラインストアの家に届いて箱を開けるまでのUXがとても素晴らしい体験だったのでお伝えしてみました。

このUXの想像力は自分がデザインを作る時とても参考になりそうです。雨の日以外にちょっとずつNIKEデビューしようと思います。

NIKE design


縞模様の歴史

関連記事

ブレーン

ブレーン 宣伝会議 脳のメタボリズム

常に最前線の広告制作代理店と仕事している訳でもない一中小企業のデザイナーの自分にとってはどこからその源泉を見つけてくるかはなかなか至難の業です。

2色印刷

楽しい2色印刷の世界

前回ご紹介したデザインテキストブックの2Cデザインの紹介が面白かったのでご紹介します。

HOLIDAY

60’s アートスクールの教材

実家に母が昔買ったらしいアメリカの商業デザイン教材があり、中面がかっこ良かったので一部アーカイブします。

her

her Spike Jonze Geoff Mcfetridge 色々な色

amazonで買い物をした際レンタルクーポンがついてきたので、前から気になっていたスパイクジョーンズのherをレンタルしてみました。

北欧の暮らし「暮らしの豊かさ」 Nordic Lifestyle Market 国連大学にて

北欧の暮らしを伝えるイベントが今週末開催です。

MONOPURI実験室

MONOPURI実験室

いろいろな素材にさまざまな模様や柄をプリントして新しい価値を生み出す光伸プランニングさんの印刷実験プロジェクト、展示会が楽しかったです。

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

the Future

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 14枚

以前B5サイズ以下の良デザインフライヤーをご紹介しましたが、まだコレクションがあったので残りもご紹介します。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

真四角

江戸から現代へ 書体プロジェクト「真四角」初の個展を開催

デザインプロジェクト「真四角」による初の個展「真四角博覧会」を開催。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト