畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.3.6

NIKELab AIR MAX1 Pinnacle衝動買い ティンカー・ハットフィールドの影響受けまくり UXの素晴らしさ


先日からNetflixでABSTRACT Art of Designを視聴しているのですが、そのエピソード2にNIKEのフットウェアデザイナー、ティンカー・ハットフィールドが出ていました。

今までNIKEのスニーカーにはあまり興味がなくて実際一度も買ったことがなく、そもそもNIKEのエアマックスといえば今の自分世代にとってはとんでもないブームを巻き起こしたスニーカーというイメージがかなり強くてどことなく敬遠しているところすらありました。

その意識が変わったのは年末年始にかけて読み漁ったアップル関連の書籍の中でジョブスがNIKE信者と聞いてから、その辺りからなんとなくNIKEのことを気にするようになってちょくちょくショップを覗いていたのですが、このドキュメンタリーを観てから一気にNIKE熱がピークに。

特にレンゾ・ピアノのポンピドゥセンターにインスパイアされたというAir Max1にはオーソドックスながらなめらかなラインと、露出されたエアの新しくも伝統となったソール、これは手に入れなければと変な使命感がマックスになり買ってしまったのがこちらです。今回はNIKEオンラインストアのUXが素晴らしかったのでご紹介です。

NIKElab AIR MAX PINNACLE

NIKE AIR MAX PINNACLE

いきなりですが届いた瞬間からのレポートです。なんかいつもスニーカーを買う時よりワクワク感が強かったというのもあるのですが、届いた瞬間のこのダンボールですでに心は鷲掴み。

NIKE AIR MAX PINNACLE

このテープがまた気持ちを高ぶらせてくれます。

NIKE AIR MAX PINNACLE

ダンボールを開けると箱本体が現れました。ロゴ部分の印刷はニスが使われていて箱は手前から後ろに開けるタイプではなく、丸い穴に指を引っ掛けて引き出すタイプ

NIKE AIR MAX PINNACLE

箱を引き出すと出てきました、AIR MAX、NIKELabのPINNACLEではレザー仕様になっています、ちなみにこの箱の引き出し感は非常に滑らかでUXの点数でいうと95点はあると思います。Appleが箱を開ける瞬間のUXにこだわっているのを思い出させる体験でした。

NIKE AIR MAX PINNACLE

全景です、素晴らしく美しいです。ベロの型押しロゴもかっこいいです。

NIKE AIR MAX PINNACLE

当たり前ですがエアも入っています。

オンラインストアのサイズ表を参考に測った足のサイズで買ったらサイズ感もぴったり、さらにサイズが合わない場合など返品無料で返送用の着払い伝票も入っていました。

なんか、いきなりAIR MAX 購入レポになってしまいましたがスニーカーの出来もさることながら、今回買ったNIKEオンラインストアの家に届いて箱を開けるまでのUXがとても素晴らしい体験だったのでお伝えしてみました。

このUXの想像力は自分がデザインを作る時とても参考になりそうです。雨の日以外にちょっとずつNIKEデビューしようと思います。

NIKE design


縞模様の歴史

関連記事

hermann zapf

青山ブックセンター TypeTalks 第33回「映像・写真で振り返るヘルマン・ツァップさん」

青山ブックセンターのTypeTalks、第33回はヘルマン・ツァップさんについて小塚正彦さんと小林章さんが語るそうです。

RENEW×大日本市鯖江博覧会

RENEW×大日本市鯖江博覧会 2017年10月12日(木)-15日(日)

体感型マーケット「RENEW」と、中川政七商店が展開する「大日本市博覧会」が、10月「RENEW×大日本市鯖江博覧会」を福井県鯖江市で開催します。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

VISION

新聞紙のようなフリーペーパー フライヤー 5種類

ブログで画像を公開するため最初はiphone、途中からデジタル一眼レフを使っていたのですが、利便性、pinterestでの見え方の統一感を考えるとやはりiphoneの方がいいなと思い再度iphoneへ

たづがね角ゴシック

【レポート】FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] たづがね角ゴシック

先日いつも良質のセミナーをご提供してくださるFONTPLUS DAY Vol.7に行ってきましたのでレポートです。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

ramsophone

機能主義家電デザインの始祖 ディーター・ラムスに影響を受けたWebシンセ

ドイツ人のプロダクトデザイナー、ディーター・ラムスに影響を受けて造られたWebシンセがこちらの「Ramsophone」です。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

iPod

アップルが本を作る Designed by Apple in California

あのアップルが本をつくったそうです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト