畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.3.6

NIKELab AIR MAX1 Pinnacle衝動買い ティンカー・ハットフィールドの影響受けまくり UXの素晴らしさ


先日からNetflixでABSTRACT Art of Designを視聴しているのですが、そのエピソード2にNIKEのフットウェアデザイナー、ティンカー・ハットフィールドが出ていました。

今までNIKEのスニーカーにはあまり興味がなくて実際一度も買ったことがなく、そもそもNIKEのエアマックスといえば今の自分世代にとってはとんでもないブームを巻き起こしたスニーカーというイメージがかなり強くてどことなく敬遠しているところすらありました。

その意識が変わったのは年末年始にかけて読み漁ったアップル関連の書籍の中でジョブスがNIKE信者と聞いてから、その辺りからなんとなくNIKEのことを気にするようになってちょくちょくショップを覗いていたのですが、このドキュメンタリーを観てから一気にNIKE熱がピークに。

特にレンゾ・ピアノのポンピドゥセンターにインスパイアされたというAir Max1にはオーソドックスながらなめらかなラインと、露出されたエアの新しくも伝統となったソール、これは手に入れなければと変な使命感がマックスになり買ってしまったのがこちらです。今回はNIKEオンラインストアのUXが素晴らしかったのでご紹介です。

NIKElab AIR MAX PINNACLE

NIKE AIR MAX PINNACLE

いきなりですが届いた瞬間からのレポートです。なんかいつもスニーカーを買う時よりワクワク感が強かったというのもあるのですが、届いた瞬間のこのダンボールですでに心は鷲掴み。

NIKE AIR MAX PINNACLE

このテープがまた気持ちを高ぶらせてくれます。

NIKE AIR MAX PINNACLE

ダンボールを開けると箱本体が現れました。ロゴ部分の印刷はニスが使われていて箱は手前から後ろに開けるタイプではなく、丸い穴に指を引っ掛けて引き出すタイプ

NIKE AIR MAX PINNACLE

箱を引き出すと出てきました、AIR MAX、NIKELabのPINNACLEではレザー仕様になっています、ちなみにこの箱の引き出し感は非常に滑らかでUXの点数でいうと95点はあると思います。Appleが箱を開ける瞬間のUXにこだわっているのを思い出させる体験でした。

NIKE AIR MAX PINNACLE

全景です、素晴らしく美しいです。ベロの型押しロゴもかっこいいです。

NIKE AIR MAX PINNACLE

当たり前ですがエアも入っています。

オンラインストアのサイズ表を参考に測った足のサイズで買ったらサイズ感もぴったり、さらにサイズが合わない場合など返品無料で返送用の着払い伝票も入っていました。

なんか、いきなりAIR MAX 購入レポになってしまいましたがスニーカーの出来もさることながら、今回買ったNIKEオンラインストアの家に届いて箱を開けるまでのUXがとても素晴らしい体験だったのでお伝えしてみました。

このUXの想像力は自分がデザインを作る時とても参考になりそうです。雨の日以外にちょっとずつNIKEデビューしようと思います。

NIKE design


縞模様の歴史

関連記事

Apple 新宿

Apple新宿体験 iPhone 8 au volteの罠

Apple新宿に行って、スタッフさんの優しさに感動したりしてました。

HOKUSAI

展覧会のフライヤーデザイン 30種 タイポグラフィとビジュアル

展覧会のフライヤーデザインを30種集めてみました。

SLOW HOUSE

パンフレットデザイン9種 二子玉川 山梨 他

パンフレットを少し集めました、今回は旅行で行った山梨から富士山関係で少しと二子玉川近辺、他で少しです。

Home Tent

良デザインのフリーペーパー、フライヤー8種

良デザインのフリーペーパーを集めました、今回はアウトドアショップ、地下鉄、二子玉川あたりで手に入れたものです。

SCENE

新聞紙のようなフリーペーパー、パンフレット、フライヤー 六本木編 7種類

なかなかアイデア系のまとまった収集ができなくて、さらにジャンルが限定されているのでどうしても小刻みになりがちな新聞紙のような系6種類です。

モリサワ

さくらインターネット、モリサワフォントを無料で使える「さくらのレンサバ×TypeSquare」

さくらインターネットのレンタルサーバに載るWORDPRESSでモリサワのウェブフォントを無料で使える「さくらのレンサバ×TypeSquare」がWORDPRESS以外にも拡張されるようです。

fontplus day

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章

過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

ATELIER MUJI 明和電機

無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ

アノニマスな物作りがモットーな無印良品の製品と、キャラ立ちまくりの明和電機の製品を比べる展示が有楽町ATELIER MUJIにて本日より開催です。

NEW STANDARD KANTO

フライヤーのデザイン 18種

いろんな種類のフライヤーデザインを集めました、今回かなりバラエティに飛んでいて体型的にまとめられていないのですがざっくばらんにご紹介です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト