畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.3.6

NIKELab AIR MAX1 Pinnacle衝動買い ティンカー・ハットフィールドの影響受けまくり UXの素晴らしさ


先日からNetflixでABSTRACT Art of Designを視聴しているのですが、そのエピソード2にNIKEのフットウェアデザイナー、ティンカー・ハットフィールドが出ていました。

今までNIKEのスニーカーにはあまり興味がなくて実際一度も買ったことがなく、そもそもNIKEのエアマックスといえば今の自分世代にとってはとんでもないブームを巻き起こしたスニーカーというイメージがかなり強くてどことなく敬遠しているところすらありました。

その意識が変わったのは年末年始にかけて読み漁ったアップル関連の書籍の中でジョブスがNIKE信者と聞いてから、その辺りからなんとなくNIKEのことを気にするようになってちょくちょくショップを覗いていたのですが、このドキュメンタリーを観てから一気にNIKE熱がピークに。

特にレンゾ・ピアノのポンピドゥセンターにインスパイアされたというAir Max1にはオーソドックスながらなめらかなラインと、露出されたエアの新しくも伝統となったソール、これは手に入れなければと変な使命感がマックスになり買ってしまったのがこちらです。今回はNIKEオンラインストアのUXが素晴らしかったのでご紹介です。

NIKElab AIR MAX PINNACLE

NIKE AIR MAX PINNACLE

いきなりですが届いた瞬間からのレポートです。なんかいつもスニーカーを買う時よりワクワク感が強かったというのもあるのですが、届いた瞬間のこのダンボールですでに心は鷲掴み。

NIKE AIR MAX PINNACLE

このテープがまた気持ちを高ぶらせてくれます。

NIKE AIR MAX PINNACLE

ダンボールを開けると箱本体が現れました。ロゴ部分の印刷はニスが使われていて箱は手前から後ろに開けるタイプではなく、丸い穴に指を引っ掛けて引き出すタイプ

NIKE AIR MAX PINNACLE

箱を引き出すと出てきました、AIR MAX、NIKELabのPINNACLEではレザー仕様になっています、ちなみにこの箱の引き出し感は非常に滑らかでUXの点数でいうと95点はあると思います。Appleが箱を開ける瞬間のUXにこだわっているのを思い出させる体験でした。

NIKE AIR MAX PINNACLE

全景です、素晴らしく美しいです。ベロの型押しロゴもかっこいいです。

NIKE AIR MAX PINNACLE

当たり前ですがエアも入っています。

オンラインストアのサイズ表を参考に測った足のサイズで買ったらサイズ感もぴったり、さらにサイズが合わない場合など返品無料で返送用の着払い伝票も入っていました。

なんか、いきなりAIR MAX 購入レポになってしまいましたがスニーカーの出来もさることながら、今回買ったNIKEオンラインストアの家に届いて箱を開けるまでのUXがとても素晴らしい体験だったのでお伝えしてみました。

このUXの想像力は自分がデザインを作る時とても参考になりそうです。雨の日以外にちょっとずつNIKEデビューしようと思います。

NIKE design


縞模様の歴史

関連記事

LOGO MODERNISM

Logo Modernism

モダニズムを感じさせる6000ものロゴを集めた本がタッシェンから出るそうです。

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

PRESS

良デザインのフリーペーパー15選 スタンダード編 入手場所付き

良デザインのフリーペーパーを集めました、今回はデザイン的にはスタンダードなものが多いのと新聞紙風のものやや多めです。

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

バタフライスツール60周年

柳宗理 バタフライスツール 誕生60周年記念、企画展が開催

「BUTTERFLY STOOL 60th」が6月6日から金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所で開催されます。

TOKYO ARTS & CRAFTS MAP

アートを感じるフライヤー、高度な印刷 Arts & Crafts

2009年と大分前ですが東京都美術館でウィリアムモリスが主導した19世紀のデザインムーブメント「ARTS & CRAFTS」の展覧会がありました。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

ROHDIA

RHODIA 爆買い、でもないか

いろいろありましてRHODIAを爆買いしました。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト