畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.3.2

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか


最近煮詰まり気味でして、こういう時状況を打破するためにやっているのが「いろんな本を読む」です。

特に最近はビジネス系の本ばかり読むことが多かったのでデザイナーとして自分がやるべきこととか、一人の人間としてどう生きるべきなのかなとか考えるためにビジネス以外の本も読みたいなと思って読んだのがこちらです。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

スタンプカスタマイズやオリジナルのデザイン雑貨で有名なD-BROSを展開するデザイン事務所「DRAFT」の宮田識さんの本「仕事の流儀」です。

仕事の流儀というタイトルだけあって宮田さんの仕事との関わり方が書かれているのですが、宮田さんの言葉が力強く読んでて心地いいです。

仕事を選ばなきゃいけないとかクライアントと対等であるべきとか一つ一つの言葉が響いてきますが、この本を買おうと思ったのは本屋さんでその装丁を見たからです。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

その装丁とは、このカバーから本文が始まっている装丁で、これはネットで本を探している時やKindleで本を読んでいると絶対わからない。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

本を一冊読んだだけでは人は変わらないと思いますが、読むことと本を体験することで五感からデザインへの意気込みを感じ取れる本でした。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀


縞模様の歴史

関連記事

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

iPod

アップルが本を作る Designed by Apple in California

あのアップルが本をつくったそうです。

桂離宮

写真と建築と装丁 桂離宮 石元泰博

建築写真の写真集は建築物の姿を忠実に伝えようとしているものと、建物に忠実というよりは写真を撮ることでその建築が持っている潜在性を最大限に浮かび上がらせるものがあると思いますが、この写真集に関して言えば

まな板文化論

【ジャケ買いシリーズ】まな板文化論 前野洋一と勘亭流

書籍のジャケ買いシリーズ第一弾です。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

良いデザインのフリーペーパー 8選

最近はフリーペーパーといってもただとは思えない出来の物が多数あります。 今まで手に入れたもので装丁やデザインが凝ってるなあと思うものを上げてみます。

LOGO MODERNISM

Logo Modernism

モダニズムを感じさせる6000ものロゴを集めた本がタッシェンから出るそうです。

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

装丁と仕事 世界一美しい本を作る男 シュタイデルとの旅

シャネルのカール・ラガーフェルドやロバート・アダムスなどの写真家、ギュンターグラスのようなノーベル賞作家まで様々な顧客からの信頼を得て数年先までスケジュールが埋まっているという出版社がドイツのstei

ガラパゴス化する印刷 装丁の力

最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト