畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.3.2

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか


最近煮詰まり気味でして、こういう時状況を打破するためにやっているのが「いろんな本を読む」です。

特に最近はビジネス系の本ばかり読むことが多かったのでデザイナーとして自分がやるべきこととか、一人の人間としてどう生きるべきなのかなとか考えるためにビジネス以外の本も読みたいなと思って読んだのがこちらです。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

スタンプカスタマイズやオリジナルのデザイン雑貨で有名なD-BROSを展開するデザイン事務所「DRAFT」の宮田識さんの本「仕事の流儀」です。

仕事の流儀というタイトルだけあって宮田さんの仕事との関わり方が書かれているのですが、宮田さんの言葉が力強く読んでて心地いいです。

仕事を選ばなきゃいけないとかクライアントと対等であるべきとか一つ一つの言葉が響いてきますが、この本を買おうと思ったのは本屋さんでその装丁を見たからです。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

その装丁とは、このカバーから本文が始まっている装丁で、これはネットで本を探している時やKindleで本を読んでいると絶対わからない。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

本を一冊読んだだけでは人は変わらないと思いますが、読むことと本を体験することで五感からデザインへの意気込みを感じ取れる本でした。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀


縞模様の歴史

関連記事

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

LOGO MODERNISM

Logo Modernism

モダニズムを感じさせる6000ものロゴを集めた本がタッシェンから出るそうです。

小さな出版社のつくり方

小さな出版社のつくり方

出版社を作るということから、仕事のやり方について考えます。

ガラパゴス化する印刷 装丁の力

最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

装丁と仕事 世界一美しい本を作る男 シュタイデルとの旅

シャネルのカール・ラガーフェルドやロバート・アダムスなどの写真家、ギュンターグラスのようなノーベル賞作家まで様々な顧客からの信頼を得て数年先までスケジュールが埋まっているという出版社がドイツのstei

装幀のなかの絵

装幀のなかの絵 有山達也

クウネルをはじめ様々なデザインを手がけているグラフィックデザイナー、有山達也さんのデザイン観が書かれている本書。

プリントギャラリー

【レビュー】プリントギャラリー ベルント・クーヘンハイザー

先日ご紹介したプリントギャラリーさんでのベルント・クーヘンハイザー展に行ってきました。

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト