畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.2.26

【レポート】FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] たづがね角ゴシック


少し遅くなりましたが、先日いつも良質のセミナーをご提供してくださるFONTPLUS DAY Vol.7に行ってきましたのでレポートです。

何と今回の講師はあのアドリアン・フルティガーなどとも仕事をされていたタイプディレクターの小林章さん。
かねてから小林さんの本を通じてフォントや文字組に関して勉強させてもらっているデザイナーの端くれの一人ですので今回速攻で申し込みました。

たづがね角ゴシック

※現在小林さんが所属されているMonotypeのパンフレット。

今回のセミナーは2部構成となっていました、前半は小林さんが現在お住いのドイツの文化を通して日本とドイツの文化の違い、ひいてはフォントというかフォントを通じて情報を伝える時そこには必ず文化的なバックグラウンドが関係してくることの解説。

そして後半は小林さんが現在所属されているモノタイプ社が初めて開発した日本語書体「たづがね角ゴシック」の紹介となっていました。

【前半】文化の違いとフォントカルチャー

ドイツで受けたカルチャーショックの話からスタート、割と衝撃的だったのはケーキや料理にフォークが刺さって提供される話。
後ろの席だったので写真が見づらくて申し訳ないですがこのビジュアルかなりショッキングじゃないですか。
ドイツケーキにフォークが刺さっている

そして日本人の感覚だとありえないことがドイツでは普通にあるということをプレゼンテーションされた後に、今度はフランスでフランス人が組んだ日本語の文字組を紹介、写真がないのですが例えて書くなら、

私はこの
間、家でコーヒーを
、飲み
ました。

のような文字組。

日本人が持っている文化と他国の文化が根本的な感覚でどう違うのかという話から、文字組の基本的な背景も国によって違うということを理解した後、いよいよ日本人が組んだ欧文の文字組をみながら欧文組版のありがちな間違いやルールなどのお話に入ります。

いろいろためになるお話があったのですが、個人的に一番勘違いしていたのは、欧文の中で日本語の単語や固有名詞などを表す時、全て大文字で表現してしまうことがありますが、実はそれは文中で突然大声になるようなものだという話、それが公共交通機関などでも普通に見られるということ、例えば駅の外国人向け英文サインの文中で京都という地名を表す時大概「Kyoto」ではなく「KYOTO」と表記されていたりすることがあります。

カルチャーショックのお話から、シームレスにフォントのカルチャーショックにつながるプレゼンテーションにも感動してしまいました。

【後半】たづがね角ゴシック 輪郭を強調したフォント

小林さんのお話が終わって後半はたづがね角ゴシック
の紹介です、講師はデザイナーの山田和寛さんにバトンタッチ。

たづがね角ゴシック

たづがね角ゴシックに関してはHPを見ていただくと解説が書いてあるのであまりここでの説明も必要ない感じるのですが、フォントの輪郭を強調して視認性を上げるという説明は納得感がありました。

たづがね角ゴシック

このパンフレット右側のひらがなを見ていただくとわかるのですが文字のプロポーションで輪郭に変化をつけているのがわかります。

ちなみにたづがね角ゴシックはFrutigerに合う日本語書体というコンセプトで作られているということで従属欧文はFrutigerです。

たづがね角ゴシック

山田さんはもともとグラフィックデザイナーだったそうで、パンフレットや使用例などを眺めていても色使いや文字のバランスがさすがに絶妙でしたし、文字を流し込んだときの文字組にはかなりこだわられているということで使うのが楽しみになるような書体でした。

最後はいつものように「TYPOGRAPHY」や小林さんの書籍がプレゼントになったじゃんけん大会がありましたがいつものように初戦敗退、一度ぐらい勝って本をゲットしてみたいです。

プレゼントはゲットなくても無料でいつもためになるセミナーを開催してくださるソフトバンク・テクノロジーさんには感謝です。

フォントのふしぎ 小林章


縞模様の歴史

関連記事

パピエドレ

かっこいいデザインのショップカード 白地編 動画あり

色んな場所に行ってショップカードを集めているのですが、その中でもこれはというものがある程度集まったのでご紹介します。今回は中でも一番好きな白地メインのショップカードだけを集めてみました。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

RENEW×大日本市鯖江博覧会

RENEW×大日本市鯖江博覧会 2017年10月12日(木)-15日(日)

体感型マーケット「RENEW」と、中川政七商店が展開する「大日本市博覧会」が、10月「RENEW×大日本市鯖江博覧会」を福井県鯖江市で開催します。

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

真四角

江戸から現代へ 書体プロジェクト「真四角」初の個展を開催

デザインプロジェクト「真四角」による初の個展「真四角博覧会」を開催。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

にじみフォント比較

大日本印刷 にじみフォントと筑紫明朝

font,fontplus,大日本印刷,にじみフォント,藤田重信

stand九州

三越伊勢丹 ビームスのstand九州活版印刷「NINE LETTERPRESS

三越伊勢丹とビームス(BEAMS)が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト「STAND九州」が、3月29日よりスタートします。

エルメスの手しごと

エルメスの手しごと展 ”アトリエがやってきた”

エルメスの職人たちがその仕事をデモンストレーションする「エルメスの手しごと展 “アトリエがやってきた”」が表参道ヒルズスペースオーニにて開催されます。

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 が2017年3月3日(金)よりスタートします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト