畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.4.7

ありそうで意外とないシンプルなカレンダーを作ってみました


仕事のスケジュール管理はいただきものの卓上カレンダーというアナログな自分ですが、気がついてみると家にカレンダーがありません。

もともと家でカレンダー見ることなんてほとんどないのでそれでも不便に思ったことなどなかったのですが、最近引越しやなんだでプライベートなスケジュールが埋まって来たので、todoリストも兼ねたカレンダーがほしいと思い色々探しましたがやっぱりない。

なぜやっぱりかと言えば以前にもカレンダーが必要になった事がありほうぼう探しましたがなかなかこれというものがなく、d−brosや葛西先生のカレンダーなどはとても素敵ですが、もうちょっとラフに使いたい希望もあったりして結局自分で作ってしまったことがありました。

calendar今回も結局自分で作ろうという所に落ち着いて、前に作ったものをそのまま今年用に変えてもよかったのですが、せっかくだからと作り直したのが写真のカレンダーです。

休日と平日をイタリックとローマンで分けたので思ったより繊細な表現になってしまいましたが、なかなかいい感じなのではないでしょうか。

どうせだからと紙も仕入れてきて色上質2種類、アラベールに刷ってみました。写真は色上質に刷ったものです。

今度これに蝋引きをしてみようかと思います。

せっかくなのでPDFをアップしておきます。もしご利用になりたい奇特な方がいらっしゃれば是非ご利用くださいませ。

 

calendar_2014


縞模様の歴史

関連記事

stand九州

三越伊勢丹 ビームスのstand九州活版印刷「NINE LETTERPRESS

三越伊勢丹とビームス(BEAMS)が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト「STAND九州」が、3月29日よりスタートします。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 5[Webにおけるタイポグラフィ]

FONTPLUS DAYのVol.5が開講です。

ノイエ・グラフィーク

Neue Grafik 復刻 

スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、初期のグリッドシステムを代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 10[秋の書体デザイナー祭]

いつも楽しいセミナーを開催してくださるFONTPLUS DAYが本日10回目です。

よなよなエール

新聞紙の様なフリーペーパー、フライヤー 7種類

久々に新聞紙の様なフリーペーパー、フライヤー関係をまとめました。なかなか素材が揃わないです。今回も一言コメントつけました。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

Lee Kyeongsoo

イ・ギョンスによるタイポグラフィ展 迷い鳥たち:文字の練習 PRINT GALLERY

白金の裏通りにひっそりとありながら、上質な展示をしてくださるPRINT GALLERYさんで久しぶりの展示があります。

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

HOLIDAY

60’s アートスクールの教材

実家に母が昔買ったらしいアメリカの商業デザイン教材があり、中面がかっこ良かったので一部アーカイブします。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト