畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2017.2.7

森岡書店 舘野 鴻


前から行ってみたかった銀座「森岡書店」に行きました。

森岡書店は「一冊の本を売る」というコンセプトでやってらっしゃって、コンセプトもさることながら建物も昭和40年竣工という歴史を感じる佇まいです。

森岡書店

急遽仕事が早めに切り上げられたので、下調べせずお店に行ったのですが舘野鴻さんの絵本販売をしていました。

行った時はたまたま誰もおらず、作家さんから展示してある絵や絵本の解説を一点一点丁寧にしてもらえる贅沢な空間で疲れた気分をリフレッシュするにはとても良い環境、舘野鴻さんに関しては前知識が全くなかったのですが絵本を読んでみるとグロさや生々しさの裏に隠された命の儚さのようなものがとても気に入り一冊購入させていただきました。

森岡書店 一冊、一室。

一日、一室。 というキャッチがなんとなくハンターハンターのゼノの「一日一殺」を思い出させます。

ただ本を見に行くというより人とのコミュニーケーションや仕事のあり方を考えたりする時間が持てるナイスな書店でした。

つちはんみょう


縞模様の歴史

関連記事

カール・ラガーフェルド

太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影 カール・ラガーフェルド写真展 シュタイデル

シャネルネクサスホールにてカール・ラガーフェルドの写真展が開催されます。

アンドレアス・グルスキー

個の喪失と尊重 アンドレアス・グルスキー

高解像度で撮影された写真を photoshop等でレタッチするため細部を拡大することがよくあります。引きで撮った何気ないスナップ写真でも細部を拡大すると思わぬ人間の表情や動きに気がつくことがあります。

ロマン・チェシレヴィチ

ggg ギンザグラフィックギャラリー ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気

ギンザグラフィックギャラリーにてロマン・チェシレヴィチの展示開催中。

六本木アートナイト

六本木アートナイト2016 名和晃平とグルーヴィジョンズ

六本木の街を使って開催されるアートイベント、六本木アートナイトの第7回が今秋開催されることに決まりました。

プレイマウンテン

大地に残るデザイン モエレ沼公園 イサムノグチ

四国にあるイサム・ノグチ美術館に行って以来その彫刻作品の質感や、形状が生み出す空間とのいい意味での違和感に魅了されていたぼくは、たまたま行く用事のあった札幌の時間の合間を縫って見学してきました。

スティーヴン・ムシン

スティーヴン・ムシン展 「Now, If, What, Then ‘Farming Tokyo ーみんなとつくるまち’ 」

スパイラルにてオーストラリアメルボルンのイラストレーター、スティーブ・ムシン展が開催されてます。

man ray satie

Bunkamura エリック・サティとその時代展 NADiff modern

もっとも好きな音楽家の一人、エリック・サティが生きた時代の芸術家の作品やサティの直筆楽譜などを展示する展覧会がBunkamuraで始まったので行って来ました。

GUCCI

GUCCI 4 ROOMS 真鍋大渡らのインスタレーション

GUCCIがアーティストとコラボレーションした展示が始まりました。

akatsuka

シュールなバランス「赤塚不二夫のココロ」展

スパイラルで2015年に生誕80年を迎える赤塚不二夫の原画と大きくプリントされたキャラクターや漫画、自分が映り込める書き割などが展示された展覧会をやっていたので行ってきました。

神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプション

神奈川県立近代美術館 鎌倉館 クロージングレセプション

2016年1月31日神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプションが1月16日にあったので行ってきました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト