畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2017.2.7

森岡書店 舘野 鴻


前から行ってみたかった銀座「森岡書店」に行きました。

森岡書店は「一冊の本を売る」というコンセプトでやってらっしゃって、コンセプトもさることながら建物も昭和40年竣工という歴史を感じる佇まいです。

森岡書店

急遽仕事が早めに切り上げられたので、下調べせずお店に行ったのですが舘野鴻さんの絵本販売をしていました。

行った時はたまたま誰もおらず、作家さんから展示してある絵や絵本の解説を一点一点丁寧にしてもらえる贅沢な空間で疲れた気分をリフレッシュするにはとても良い環境、舘野鴻さんに関しては前知識が全くなかったのですが絵本を読んでみるとグロさや生々しさの裏に隠された命の儚さのようなものがとても気に入り一冊購入させていただきました。

森岡書店 一冊、一室。

一日、一室。 というキャッチがなんとなくハンターハンターのゼノの「一日一殺」を思い出させます。

ただ本を見に行くというより人とのコミュニーケーションや仕事のあり方を考えたりする時間が持てるナイスな書店でした。

つちはんみょう


縞模様の歴史

関連記事

静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館 東京都美術館以上?のコレクション 若冲も見た中国・高麗の美術品

岩崎弥太郎の弟、岩﨑彌之助とその子小彌太によって創設された美術館に行ってきました。

薔薇刑

ggg 2016ADC展

銀座グラフィックギャラリーに2016ADC展を見に行ってきました。

エマニュエル・ソーニエ展

銀座メゾンエルメスでエマニュエル・ソーニエ展、ジャズピアニストのモンクへ捧げるオマージュ

銀座メゾンエルメス フォーラムにて7月14日から「ATM tempo I/II/III セロニアス・モンクに捧ぐ」エマニュエル・ソーニエ展が開催されます。

man ray satie

Bunkamura エリック・サティとその時代展 NADiff modern

もっとも好きな音楽家の一人、エリック・サティが生きた時代の芸術家の作品やサティの直筆楽譜などを展示する展覧会がBunkamuraで始まったので行って来ました。

ミシェル・ブラジー

「リビングルームⅡ」 ミシェル・ブラジー展 メゾン・エルメス

生命の誕生と朽ち果てる文化のような両極を感じさせるアート。

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオオリンピック閉会式、豪華な日本のプレゼンでした。

Image-Makers_pressrelease_J1

イメージメーカー展 21_21 デザインサイト

JEAN PAUL GOUDEの事を知ったのは敬愛する三宅純さんのアルバムジャケットで。

TAKAO 599 MUSEUM

山のミュージアム|TAKAO 599 Museum

よく自然の中の美術館などというとただ美しい風景、もしくは庭園などが美術品とは別に存在しているのが普通ですがこの美術館の展示物は全てアートと博物館的オブジェの中間ぐらい。

アンドレアス・グルスキー

個の喪失と尊重 アンドレアス・グルスキー

高解像度で撮影された写真を photoshop等でレタッチするため細部を拡大することがよくあります。引きで撮った何気ないスナップ写真でも細部を拡大すると思わぬ人間の表情や動きに気がつくことがあります。

MoMA

【MoMA Design Store】2月27日(火)オンラインストアリニューアル

MoMAデザインストアがリニューアル。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト