畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.2.5

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章


過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

fontplus day

なんと今回のゲストは小林章さん!

小林さんといえばあのフルティガーと一緒に書体開発を行ったり、非デザイナーからデザイナーまで楽しめる書体の本を何冊もリリースしているなど一度はお話を伺ってみたかった書体デザイナーの一人。

詳しくはconnpassのFONTPLUS DAYにプロフィールがありますので下記ご参照ください。

FONTPLUS DAY Vol.7

今回のテーマは「欧文フォントの読み方」ということでフォントを通してどのような意識を読み手にもたらすのかというような内容のようです、下記FONTPLUS DAYより引用

イベント内容(小林章さんからのメッセージ)

英文などアルファベットで組まれた文章を読む側がどういうふうに読んでいるか、文章を読むときのプロセスを説明して、読み手に伝わりやすいフォントの選び方や文章の体裁、逆に伝わりにくいまたは違和感を感じさせる場合などについて解説します。 また、「読み方」は「意図を察する」というふうにも解することができます。情報を発信する側もフォントのデザインを選ぶことによって何らかの意図を伝えようとしているし、受け手がそれを正しく読み取ることで、ことばの持っている意味以上の豊かなコミュニケーションができると思っています。そういう話の会になればと思います。

楽しみですねー、最初の頃はイベントの発表があってから数日は定員に達してなかった印象ですが今回はあっという間に定員に達していました。

小林さんの本を読みながら予習していこうかと思います。

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?


縞模様の歴史

関連記事

ブレーン

ブレーン 宣伝会議 脳のメタボリズム

常に最前線の広告制作代理店と仕事している訳でもない一中小企業のデザイナーの自分にとってはどこからその源泉を見つけてくるかはなかなか至難の業です。

TOMATO

THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

3月12日から4月3日までパルコミュージアムとギャラリーXでデザイン集団TOMATOの結成25週年回顧展が開催されます。

TYPOGRAPHY

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 文字編

非デザイナーからベテランの方でも参考になりそうな文字関連書籍を5冊ピックアップしてみました。

HOLIDAY

60’s アートスクールの教材

実家に母が昔買ったらしいアメリカの商業デザイン教材があり、中面がかっこ良かったので一部アーカイブします。

J.S.BURGERS CAFE

フリーペーパーのデザイン20選 

フリーペーパーを集めました、割とこれまでも集めているものが多かったですが初めてみるものも幾つかあります。前半はカラフル、後半は新聞紙系です。

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

JAGDA 新人賞展

フライヤーデザイン26選 グッドタイポグラフィーとグラフィック

ナイスなフライヤーデザインを集めました、今回は美術展が多いですが優れたタイポグラフィーのものとグラフィックが美しいものが多かったです。 それでは豊作のフライヤーデザインをご覧ください。

ISSEY MIYAKE

かっこいいデザインのショップカード 色々編 11種類

以前、かっこいいデザインのショップカードを白地と色付きのものでまとめてご紹介いたしましたが、今回追加です。

行くぜ、東北。

【まもなく終了】JR東日本 行くぜ、東北。SLOW TRAIN, SLOW LIFE. フィリップ・ワイズベッカー

フィリップ・ワイズベッカーの限定グッズがもらえるチャンス。

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト