畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.2.5

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章


過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

fontplus day

なんと今回のゲストは小林章さん!

小林さんといえばあのフルティガーと一緒に書体開発を行ったり、非デザイナーからデザイナーまで楽しめる書体の本を何冊もリリースしているなど一度はお話を伺ってみたかった書体デザイナーの一人。

詳しくはconnpassのFONTPLUS DAYにプロフィールがありますので下記ご参照ください。

FONTPLUS DAY Vol.7

今回のテーマは「欧文フォントの読み方」ということでフォントを通してどのような意識を読み手にもたらすのかというような内容のようです、下記FONTPLUS DAYより引用

イベント内容(小林章さんからのメッセージ)

英文などアルファベットで組まれた文章を読む側がどういうふうに読んでいるか、文章を読むときのプロセスを説明して、読み手に伝わりやすいフォントの選び方や文章の体裁、逆に伝わりにくいまたは違和感を感じさせる場合などについて解説します。 また、「読み方」は「意図を察する」というふうにも解することができます。情報を発信する側もフォントのデザインを選ぶことによって何らかの意図を伝えようとしているし、受け手がそれを正しく読み取ることで、ことばの持っている意味以上の豊かなコミュニケーションができると思っています。そういう話の会になればと思います。

楽しみですねー、最初の頃はイベントの発表があってから数日は定員に達してなかった印象ですが今回はあっという間に定員に達していました。

小林さんの本を読みながら予習していこうかと思います。

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?


縞模様の歴史

関連記事

WELEDA

良デザインのフリーペーパー 21選 新聞紙のようなもの、再発掘

久しぶりのフリーペーパーです、家を整理していたら出てきたものや銀座、二子玉川近辺で発見したものなどなかなかの量が集まりました。

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

東急ハンズ リーフレット

東急ハンズ リーフレット つがおか一孝

久しぶりに東急ハンズに行くと独特の味があるリーフレットを発見。迷わず手に取って家でしげしげ眺めると写実風だけど絶妙にイラスト化されたイラストに目がいってしまう。

PLAY HOKUSO

フリーペーパーのデザイン 21種 2017春 季節のビジュアライゼーション

春っぽいフリーペーパー勢ぞろいです。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

素敵なマッチの世界 15種類

喫煙家だったころマッチを集めるのが好きで、でもかっこよかったり、かわいかったり、ユーモラスなものだったりだけを集めていました。

万物資性

良デザインのフリーペーパー 9選

良デザインのフリーペーパーを集めました。最近集めたものではなく数年にわたってちょこちょこ集めていたものなのでかなり時間にばらつきがあります。

Aladdin

小さめパンフレットのデザイン21種 入手場所つき

小さめのパンフレットを集めました、パンフレットと言う特性上、商品やサービスを表現するので個性的な仕上がりが多いですね。

フランシス・ハ

フランシス・ハ かっこいいフライヤー

いつものようにナイスフライヤー収集をしていると青山ABCのフライヤーラックに埋もれてこのフライヤーがありました。

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト