畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.2.5

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章


過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

fontplus day

なんと今回のゲストは小林章さん!

小林さんといえばあのフルティガーと一緒に書体開発を行ったり、非デザイナーからデザイナーまで楽しめる書体の本を何冊もリリースしているなど一度はお話を伺ってみたかった書体デザイナーの一人。

詳しくはconnpassのFONTPLUS DAYにプロフィールがありますので下記ご参照ください。

FONTPLUS DAY Vol.7

今回のテーマは「欧文フォントの読み方」ということでフォントを通してどのような意識を読み手にもたらすのかというような内容のようです、下記FONTPLUS DAYより引用

イベント内容(小林章さんからのメッセージ)

英文などアルファベットで組まれた文章を読む側がどういうふうに読んでいるか、文章を読むときのプロセスを説明して、読み手に伝わりやすいフォントの選び方や文章の体裁、逆に伝わりにくいまたは違和感を感じさせる場合などについて解説します。 また、「読み方」は「意図を察する」というふうにも解することができます。情報を発信する側もフォントのデザインを選ぶことによって何らかの意図を伝えようとしているし、受け手がそれを正しく読み取ることで、ことばの持っている意味以上の豊かなコミュニケーションができると思っています。そういう話の会になればと思います。

楽しみですねー、最初の頃はイベントの発表があってから数日は定員に達してなかった印象ですが今回はあっという間に定員に達していました。

小林さんの本を読みながら予習していこうかと思います。

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?


縞模様の歴史

関連記事

カリモク60

良デザインパンフレット 8種 大きさいろいろ

商品パンフレットなどだと特定の種類が定まらず形も大きさもかなりばらばらです、そんなパンフレットを気の向くままに集めたものをそのままご紹介です。

たづがね角ゴシック

【レポート】FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] たづがね角ゴシック

先日いつも良質のセミナーをご提供してくださるFONTPLUS DAY Vol.7に行ってきましたのでレポートです。

東京防災

東京防災 グラフィックデザインのちから

先日我が家に初めてみる黄色い箱が届きました。「東京防災」と書かれた箱に入ったマニュアルとマップは災害時にどう身を守ったら良いかを非常に簡潔にかつ美しくまとめてありました。

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

さかぐち 版画 カレンダー

九段一口坂 さかぐち 版画カレンダー 18ヶ月

部屋の整理をしていたら九段坂の老舗煎餅店「さかぐち」さんが配布しているオリジナルの版画カレンダーが出てきました。

Sigriour Nielsdottir

The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir – シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ

シグリドゥル・ニールスドゥッティルはアイスランドの音楽家です。

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 5[Webにおけるタイポグラフィ]

FONTPLUS DAYのVol.5が開講です。

Lune de Noel

かっこいいフライヤー 21選 渋谷・青山 デザインの勉強

ふと気がつくとフライヤーが大量にたまっていたのでご紹介です、渋谷・青山近辺は相変わらず豊作です。一言コメントノックは勉強になりますね。

サヴィニャック

レイモン・サヴィニャック展 Bunkamura ギャラリー これも無料

フランス人ポスター画家サヴィニャックの展覧会まで無料です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト