畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.2.3

Macbook Air タゾティー spilled


macbook airを使い始めて早一年以上経ちますがついにインシデント案件に遭遇しました。

ある晴れた爽やかな朝、仕事に取り掛かる前、通勤で冷えたからだを温めるため、いつものようにサーモスのタンブラーにハワイ土産でもらったタゾティーのパックを突っ込み熱湯を注ぎました。

メールをチェックしながら熱々のタゾティーを飲もうとサーモスを手に持った瞬間、日頃の疲れが手の先に出たのか、持ち上げきれなかったサーモスがゴトンとデスクに落ちそのままメールチェックしていたMacbook Airに倒れこみました。

容赦なく注ぎこまれる熱湯、自分のデスクの周りは騒然、自分はといえば割とそういう時冷静になってしまうので無言でお茶を落とし粗粗水分を吸い取ると速やかにシャットダウン。

キーボードを一つ一つ外し丁寧にタゾティーを拭き取っていきますがここでシフトキーとスペースキーがどうしても外れず、キーボードでは外れたからと若干無理やり力を入れると中途半端に空いたまま塞がりもしない状態になってしまいました。

macbook air

※わかりづらいですが、常に開きっぱなしのshiftキー。

幸い2日置いてから電源を入れた時には問題なく立ち上がったのですがシフトキーとスペースキーだけが元に戻らない。

キーの交換だけなら無料でやってくれるそうなので早速予約していって来ました。
最近アップル関連の本を読みまくってる自分としてはアップルストアの修理体験もデザインされているのだろうと過度な期待を持って臨んでしまいました。

ジニアスバーのUX

ジニアスバー

受付から担当者の案内まではとてもスムーズ、お茶をこぼしたと伝えると
「oh..(純日本顔)」と言われ若干の不安を覚えるも15-20分で修理が終わると言われ、これは期待値コントロール的には10分ぐらいで終わるかなと楽観的に思ったのが運のツキ、待てども待てども出てこない、結局40分ぐらい経ってから出て来ました。

ジニアス名刺

最初にもらった名刺、かっこいい。

しかもスペースキーとシフトキーを交換してもらったのですがスペースキーだけなんか浮いてる。「どうしても交換すると完璧には治らないんですよー」とかいうジニアスの意見は全く受け入れる気にならず一緒に弄っていると、強く押したら普通にパチンッとはまり、ちゃんと押し込んでなかっただけかい!と突っ込まずにはいられませんでした。

結果的には無料で直してもらえて感謝しかしていないのですが最近ジョブズのビジョンに毒されまくってる自分としては妥協ばかりのジニアスの態度にはかなり残念な気持ちになりました。

アップル関連書籍を読んでいる時にでてきた「十分なだけでは不十分」というスローガンが改めて身に沁みた2017年2月の出来事でした。

スティーブ・ジョブズ I・IIセット


縞模様の歴史

関連記事

citron case

白いiphoneケースにつや消しスプレーを吹いたらシュガーコーティングケースに

iphoneケースが壊れてしまい新しいケースを探していたのですがなかなか見つからず、ふとした時に見つけたデコベース用と書かれたシンプルな白ケースを買ってみました。

Apple 新宿

Apple新宿体験 iPhone 8 au volteの罠

Apple新宿に行って、スタッフさんの優しさに感動したりしてました。

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

Adobe Max

【レビュー】Adobe Max 2016 in ビッグサイト

昨日は様々なジャンルで活躍するクリエーターの講演が無料で(一部有料)楽しめるAdobe Maxに行ってきました。

instant print

hakoniwa5周年記念イベント アナログとデジタル祭り Instant Print 世田谷ものづくり学校

hakoniwaさん主催のイベントで見つけたSNSとオフラインのつなぎ方。

iPod

アップルが本を作る Designed by Apple in California

あのアップルが本をつくったそうです。

ANDELI

カードのデザイン15種

ショップカードなどカードのデザインを集めました。

建築模型展

Tokyo Design Week 2016

Tokyo Design Weekが今年もスタートしました。

世界で勝てるブランディングカンパニー

【読感】世界で勝てるブランディングカンパニー インナーブランディングの重要性

インナーブランディングを実践する前に知っておきたいポイントがありました。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト