畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.1.8

フリーペーパーのデザイン 16種 新聞紙、小型、大型


2017年一発目のコレクション紹介はフリーペーパーです。今までご紹介したものの続ナンバーが多いですがいくつか新しく発見したものと、小型(A5)・大型のものもいくつかありました。それではまず新聞紙っぽいものからどうぞ。

新聞紙系

LATERRE JOURNAL

大地の菓子「ラ・テール」のフリーペーパー。イラストの食べ物が美味しそう。

Have a nice photo!

写真の楽しみ方を教えてくれるフリーペーパー、これが無料とは。

IDEE JOURNAL

見ていると思わずため息が出てしまうIDEEのフリーペーパー。

蔦屋書店 PAPER

蔦屋家電ペーパー、写真がいつも凝っています。

FUTAKO STYLE

ちょっとタイトルがなんとなくセレブ感があってあんまりだったりするのですが新聞紙っぽさがあるので。

blueLounge

デスクやPC、ガジェット周りを美しく整理するアイテムのライン「bluelounge」のフリーペーパー型カタログ。

earth garden

イベント制作オフィスearth gardenのフリーペーパー、全体的にエコな雰囲気です。

Craft Design Technology

美しい文房具を作られているブランドのフリーペーパー、大きめです。

TODAYS SPECIAL

TODAY’S SPECIALのクリスマス感のあるフリーペーパー。写真とサードウェーブ的な雰囲気が良いです。

A4系

SALUS

東急のフリーペーパー、今回はちょっと写真の雰囲気が違います。

BUNKAMURA

BUNKAMURA

2冊続けてBunkamura magazine、写真が両方違いますが良いですね。

ヨコハマ夜景

写真とイラストのグラフィックが良いです。

MetRO MIN

いつも通りのメトロミニッツ感、表紙の写真が今回は良いですね。

小型A5サイズ

gooddays

イラストとタイトルのバランスが最高ですね。

FREE AWAJI BOOK

写真に写ってる女の子の歩き方とタイトル文字のバランスが良いです。

いかがでしたでしょうか今回は新聞紙系がやや多めでした。今回ご紹介したのは2016年に集めたものですが2017年のフリーペーパーはどんなものが集まるのか楽しみです。ここ数年おしゃれデザインのメインウェーブとなっているサードウェーブ的な潮流がどうなっていくのかも、フリーペーパーのデザインに顕著に出そうなのでウォッチを続けていきたいと思います。

発想力を刺激する日本のフリーペーパーデザイン CREATIVE FREEPAPERS


縞模様の歴史

関連記事

建築模型展

Tokyo Design Week 2016

Tokyo Design Weekが今年もスタートしました。

WELEDA

良デザインのフリーペーパー 21選 新聞紙のようなもの、再発掘

久しぶりのフリーペーパーです、家を整理していたら出てきたものや銀座、二子玉川近辺で発見したものなどなかなかの量が集まりました。

VISION

新聞紙のようなフリーペーパー フライヤー 5種類

ブログで画像を公開するため最初はiphone、途中からデジタル一眼レフを使っていたのですが、利便性、pinterestでの見え方の統一感を考えるとやはりiphoneの方がいいなと思い再度iphoneへ

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか

DRAFT 宮田識さんの仕事に対する考え方が詰まっています、装丁も素晴らしいです。

NO PROBLEM

「NO PROBLEM(問題なし!)」日本のものづくりと風通し

B品に焦点をあて、「NO PROBLEM(問題なし!)」と宣言する事で受け入れ、世の中のものづくりに対する風通しを良くしようという展示がスタートします。

mercari

良デザインフリーペーパー17種 メルカリなど

メルカリのフリーペーパーもあります。

J.S.BURGERS CAFE

フリーペーパーのデザイン20選 

フリーペーパーを集めました、割とこれまでも集めているものが多かったですが初めてみるものも幾つかあります。前半はカラフル、後半は新聞紙系です。

detail in typography

ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリが書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版が登場。

miyake jun

三宅純 BLUE NOTE

パリ在住でピナ・バウシュ、ヴィムヴェンダーストの共作で知られ、リオオリンピック閉会式での君が代のアレンジをしたことで知られる三宅純がBLUE NOTEで来日公演するらしいです。

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト