畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.12.25

イ・ギョンスによるタイポグラフィ展 迷い鳥たち:文字の練習 PRINT GALLERY


白金の裏通りにひっそりとありながら、上質な展示をしてくださるPRINT GALLERYさんで久しぶりの展示があります。

前回お伺いした時はベルント・クーヘンハイザーの展示でした、オリジナルの作品集の出来も素晴らしく良い時間を過ごさせていただきました。

今回は韓国のソウルを拠点に活躍するデザイナー、イ・ギョンスの展示です、ヘルムート・シュミットにタイポグラフィを学び写真家や編集者とデザインスタジオWORK ROOMを運営、その作品リストからはタイポグラフィと余白を絶妙に生かしたハイレベルなデザインを作られているのが感じられます。

Lee Kyeongsoo
※PRINT GALLERYさんより引用。

以下PRINT GALLERYさんからの展示内容の引用です。

本展では、過去10年の仕事で〈タイポグラフィ上の問題〉が生じた
細部を極端に拡大したポスター “blow-up” 14点を、
クライアント/共同制作者のコメントと共に展示、
併せて歌手の息遣いに着目して歌詞を構成したポスター
“bari abandoned”などを展示する。

過ぎてしまいましたが12月17日の初日はイ・ギョンスらWORK ROOMの面々も会場に来たそうで行きたかった!
会期は2017年1月29日(日)までなので年明け伺いたいと思います。ギャラリーは火水木がお休みなのでいらっしゃる際はご注意ください。

ヘエルムート・シュミット タイポグラフィ・トゥデイ: 増補新装版


縞模様の歴史

関連記事

comme des garcons

かっこいいデザインのショップカード白地 11枚

以前動画でアップした白地のショップカードシリーズで画像をアップしてないものがある事に気がついたのでアップします。枚数多かったので2回に分けてアップです。

SCENE

新聞紙のようなフリーペーパー、パンフレット、フライヤー 六本木編 7種類

なかなかアイデア系のまとまった収集ができなくて、さらにジャンルが限定されているのでどうしても小刻みになりがちな新聞紙のような系6種類です。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

ひろがるデザイン

TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH 2016 GOOD DESIGN EXHIBITION

なんかやたら長いタイトルになってしまいましたがTOKYO MIDTOWNでDESIGN TOUCHが始まっていました。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

swiss design kiosk

CIBONE SWISS DESIGN KIOSK victorinox

知ってるようであまり知らないスイスデザインをたっぷり紹介するSWISS DESIGN KIOSKが青山のCIBONEで2月15日(水)ー3月14日(火)で開催されます。

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

よなよなエール父の日

父の日のよなよなエール

3日過ぎてしまいましたが父の日にもらったよなよなエールの詰め合わせの包装紙などがかっこよかったのでアップします。

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

little_design_studio

小さなデザインスタジオの、大きな影響力 ―少人数で成功した世界のデザインスタジオ30社

デザインを志す人、もしくは既にデザイナーとして活躍している人は一度は独立してデザイン事務所を持ちたいと思ったこと、もしくは独立して事務所を構えているかもしれません。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト