畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.3.19

デザインと大きさの関係性とプレゼン力


最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。

参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、自分で展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさというのは印象のかなり大きな部分を占めるということです。

goursky

当たり前といえば当たり前でそれこそ2000年以上前から、秦の始皇帝などが万里の長城や秦始皇帝陵をはじめとするその超大規模な土木工事を、防衛力のためだけではなく権力を誇示するために行っていたり、牛久にある100m超えの大仏なども良い例で、決して趣味がいいと思えない像ですが巨大な体躯を前にすると圧倒的な威圧感というかプレゼンテーション能力を発揮します。

グルスキーにしても写真集を見ても良いとは思いますがそこまで圧倒的なものは感じません。やっぱり展覧会で見たような大きさがあって初めてその力強さを感じられます。また牛久大仏の場合世界一 (2014年現在) の高さを持つブロンズ像としてギネスに認定されています、大きさという項目のために数字を競うだけで得られる付加価値が生まれたりします。

写真集などでもたまに片ページA3サイズ以上ある巨大なものを見かけますが同じ写真家の写真でも大きくするとそれだけで3割増しぐらいに見えますし、大きさが持つプレゼンテーション能力というのを改めて感じるところです。

大きさと利便性の折り合い
一方、大きい事はいいことであると簡単に言えない部分もあってそれは大きさが持つプレゼンテーション能力の持続力が短いところです。

大きさにはたしかに強いプレゼン能力がありますが、適切なレベルを超えた場合その持続力はがくんと落ちます。その一番の理由は大きい物は大概の場合取り回しが悪く邪魔になりやすいのです。一緒にいる時間が長くなるとよりその大きさは目立ちます。

例えば大型の写真集などお店で見ている時はあまり気になりませんが、いざ気に入って買ってみるとまず家に持ち帰るまでにその大きさと重さに辟易します。家に持ち帰りいざ広げて見るとやはり美しく満足するのですがしまおうとするも普通の雑誌が入るぐらいに大きさの本棚には入らない、仕方ないのでサイドボードに置くもしばらくするとホコリをかぶってしまい結局物置の奥にしまい込まれて二度と開かれない。

そこまで言うと極端かもしれませんが、大きさとプレゼン能力は比例するけど利便性はある点を境に下がっていく、これは紙媒体や空間デザインをやる上で避けて通れない道です。

極端な事を言えばデザイナーは、その調和がとれた絶対点を目指すためにデザインを突き詰めて行ってるのかもしれません。

デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング(CDROM付)


縞模様の歴史

関連記事

citron case

白いiphoneケースにつや消しスプレーを吹いたらシュガーコーティングケースに

iphoneケースが壊れてしまい新しいケースを探していたのですがなかなか見つからず、ふとした時に見つけたデコベース用と書かれたシンプルな白ケースを買ってみました。

銀座伊東屋リニューアル 竹尾

仕事でクラフト紙が必要になったので急遽銀座伊東屋に行ったらちょうどリニューアルしたばかりでした。

typografia

typografia チェコの文字と印刷の雑誌

古書市で見つけた文字と印刷の雑誌です。 1980年だから35年ぐらい前の雑誌ですが雰囲気はもっと古い雑誌のように見えます。

Aladdin

小さめパンフレットのデザイン21種 入手場所つき

小さめのパンフレットを集めました、パンフレットと言う特性上、商品やサービスを表現するので個性的な仕上がりが多いですね。

CITERA

CITERA 街+大地

久々に心惹かれるファッションブランドを発見してそれがCITERAです。

mineo free tank

mineoのデザイン そしてキャリアをmineoに変更

mineoに切り替えたら色々捗りそうです。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか

DRAFT 宮田識さんの仕事に対する考え方が詰まっています、装丁も素晴らしいです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト