畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.12.7

CITERA 街+大地


いわゆるファッションブランドの服を着ることがほとんど無いわりに、たまに服を買うときはブランドを気にしてしまいます。

ブランドと言ってもジーンズだったらリーバイスでジャケットだったらVETRA、コートならマッキントッシュでパーカーだったらループウィラーと質実強謙なものづくりをしているブランドに惹かれるのですが、そんな自分が久々に心惹かれるファッションブランドを発見してそれがCITERAです。

http://citera.jp/

CITETRAとはCITY(街)とTERA(大地)の造語だそうでアクティブトランスファーという現代におけるスピーディな移動を意味する言葉をコピーに掲げ服作りをしています。

なんとなくヒストリカルなのにハイテクで、機能性が詰め込まれた服は僕が若いころファッションブランドで好きだったファイナルホームを思わせるミニマル感があります。

CITERA

ボロボロになるまで着込んでいるループウィラーの創業者 鈴木諭氏とCITERAディレクターの永直樹さんがファッションプレスで対談しているのにも親近感がわきました。

ちなみにCITERAはオンラインのみの販売を進めており、まだ試していないのですが身長や体型、着方などを記入するとアドバイスがもらえるようです。

citera

アウターを一着買ってみたいですが真冬も使える温かさなのかが気になって買えない。。相談してみようかな。

ループウィラーLOOPWHEELER LWライト カーディガン


縞模様の歴史

関連記事

BOOK AND BED KYOTO

BOOK AND BED KYOTO

泊まれる本屋で有名なBOOK AND BED TOKYOが京都にできました。

miyake jun

三宅純 BLUE NOTE

パリ在住でピナ・バウシュ、ヴィムヴェンダーストの共作で知られ、リオオリンピック閉会式での君が代のアレンジをしたことで知られる三宅純がBLUE NOTEで来日公演するらしいです。

calendar

ありそうで意外とないシンプルなカレンダーを作ってみました

仕事のスケジュール管理はいただきものの卓上カレンダーというアナログな自分ですが、気がついてみると家にカレンダーがありません。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

ひろがるデザイン

TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH 2016 GOOD DESIGN EXHIBITION

なんかやたら長いタイトルになってしまいましたがTOKYO MIDTOWNでDESIGN TOUCHが始まっていました。

Lee Kyeongsoo

イ・ギョンスによるタイポグラフィ展 迷い鳥たち:文字の練習 PRINT GALLERY

白金の裏通りにひっそりとありながら、上質な展示をしてくださるPRINT GALLERYさんで久しぶりの展示があります。

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト