畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.12.4

マリメッコ展 Bunkamura


ムックの付録になるほど日本人にとって身近なのに実はほとんどどういうブランドなのか知らなかったテキスタイルブランド、マリメッコ。

その歴史や成り立ちはwikiってもなんとなく頭に入ってこない、スターデザイナーであるマイヤ・イソラのこともほとんど書いてない。そんな意外と知らないマリメッコ展が12月17日からBunkamuraにてスタートします。

マイヤ・イソラ
マリメッコといえばのウニッコ柄を作ったマイヤ・イソラ。

ウニッコ
ウニッコ。

本展示ではテキスタイルとデザイナーの自筆画を並べる展示やデザイナーのインタビューなどがコンテンツとして用意され、紹介動画で見ておぉっと思ったのがマリメッコ本社の工場で作られていく生地の映像。

とてもワクワクさせてくれるマリメッコ展は12月17日からです。
※写真は展覧会HPより。

Marimekko Box of Labels


縞模様の歴史

関連記事

DADA

グッドデザインフリーペーパー 17種 DADA最高

いつの間にかフリーペーパーが集まっているのでご紹介です。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

東急ハンズ リーフレット

東急ハンズ リーフレット つがおか一孝

久しぶりに東急ハンズに行くと独特の味があるリーフレットを発見。迷わず手に取って家でしげしげ眺めると写実風だけど絶妙にイラスト化されたイラストに目がいってしまう。

RENEW×大日本市鯖江博覧会

RENEW×大日本市鯖江博覧会 2017年10月12日(木)-15日(日)

体感型マーケット「RENEW」と、中川政七商店が展開する「大日本市博覧会」が、10月「RENEW×大日本市鯖江博覧会」を福井県鯖江市で開催します。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

Lost_Memory_Theatre

Lost Memory Theatre act1-2三宅純

デザインサイトイメージメーカー展でジャンて・ポール・グードと共に作品を出展している三宅純さんのアルバム、Lost Memory Theatre act2が発売されました。

フランシスハ

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 15枚

ライフワークで集めているデザイン良しのフライヤー。 A4サイズは以前ご紹介したので今回はB5以下で小さめだけどきらりと光るものをご紹介します。

hinagata

フリーペーパーのデザイン 7種 メトロ中心

定期的なフリーペーパー紹介、ちょっと少ないですがメトロの駅でもらえるものを中心にご紹介です。

fontplus day

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章

過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト