畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.11.28

アップルのデザイン戦略とアップル・コンフィデンシャル2.5J


最近アップル関連の書籍を読み漁っています。

アップルのブランドづくりや製品づくりは自分の仕事とはかなり違う次元にあるのではと思っていましたが、どう考えても現代最高峰のブランドづくりを体現している会社のことを知らないのは損をしているなと思いまずは手取り早く書籍からインプットを得ています。

アップルの歴史書 アップル・コンフィデンシャル2.5J

読んでて面白かったのはアップル・コンフィデンシャル2.5J、まだ上しか読んでませんがでアップルという企業の歴史と文化、そしてスティーブ・ジョブスがどんな人間だったかが淡々と説明されているいわばアップルの歴史書、ただこの本は直接的なブランドづくりを解説しているわけではないので今の所ダイレクトには思考に効いてきていません。

アップル・コンフィデンシャル2.5J(上)

アップルの物作りへの姿勢をアウトプットから考える アップルのデザイン戦略

タイトルの通りなのですが製品一つ一つを分解・解剖し、そのディテールに隠されたこだわりを分析していくことでどれだけアップルが製品を作る時にどれだけ細やかな神経を使い、毎回究極を目指しているのかがわかります。

アップルのデザイン戦略

何気ないiPhoneの曲線やボタンが実は非常に高度な技術で実現されていること、パッケージの箱の作りが普通の貼り箱とは全く違う作り方をされていること、それが新製品のリリースの度にさらに洗練され普通の人の感覚ではほとんど気がつかないレベルでアップデートされていません。

アップルのデザイン戦略

パッケージづくりの解説。

さらにiPhoneであれば1億台という出荷台数を背景にしたコスト削減を可能にしていたりするわけですがそれも最初からそうだったわけではもちろんなく、まず最初に製品へのこだわりがありそれを実現するために当初は高単価だったものがバージョンアップと共にコストと製品の洗練さがバランスして今のアップルを作ったということが、前述のアップル・コンフィデンシャルを併せて読むとさらによくわかります。

デザインというものが表面的な形状を描くということではなく、ベストなアウトプットを実現するためのコストとの見合いと推進力、さらにそれを実現しなければならないという強い気持ちで成り立っていることがとても実感出来る良書でした。

アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」


縞模様の歴史

関連記事

calendar

ありそうで意外とないシンプルなカレンダーを作ってみました

仕事のスケジュール管理はいただきものの卓上カレンダーというアナログな自分ですが、気がついてみると家にカレンダーがありません。

100本のスプーン ランチ

100本のスプーン ランチメニュー ディナーメニュー

二子玉川ライズにスープストックトーキョーの100本のスプーンが出来ていました。

さかぐち 版画 カレンダー

九段一口坂 さかぐち 版画カレンダー 18ヶ月

部屋の整理をしていたら九段坂の老舗煎餅店「さかぐち」さんが配布しているオリジナルの版画カレンダーが出てきました。

TOMATO gallery X

【レビュー】THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

Tomatoの結成25周年を記念した、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」に行って

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

蔦屋家電

フリーペーパーのデザイン 11種

フリーペーパーはなかなか新しいものを探すのが難しいですが、幾つか見つけた新しいものたちとお馴染みのものの新しい号です。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

東京防災

東京防災 グラフィックデザインのちから

先日我が家に初めてみる黄色い箱が届きました。「東京防災」と書かれた箱に入ったマニュアルとマップは災害時にどう身を守ったら良いかを非常に簡潔にかつ美しくまとめてありました。

ブレーン

ブレーン 宣伝会議 脳のメタボリズム

常に最前線の広告制作代理店と仕事している訳でもない一中小企業のデザイナーの自分にとってはどこからその源泉を見つけてくるかはなかなか至難の業です。

ゴミの日

ゴミの日のアレをシンプルにデザインしてみました

最近引っ越しをしまして以前よりも少しだけ広いお家に満足しているのですが、引っ越し先でもらったゴミの日の紙が家で貼るにはあまりにもこてこてしていたので、自分のお部屋に合うようカスタマイズしてみました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト