ブランド、ロゴ、店舗、本、UIUXをデザインするアートディレクター。 文字を使ったデザイン得意です。デザインに関連するあれこれをお知らせします。

2016.11.28

アップルのデザイン戦略とアップル・コンフィデンシャル2.5J


最近アップル関連の書籍を読み漁っています。



アップルのブランドづくりや製品づくりは自分の仕事とはかなり違う次元にあるのではと思っていましたが、どう考えても現代最高峰のブランドづくりを体現している会社のことを知らないのは損をしているなと思いまずは手取り早く書籍からインプットを得ています。

アップルの歴史書 アップル・コンフィデンシャル2.5J

読んでて面白かったのはアップル・コンフィデンシャル2.5J、まだ上しか読んでませんがでアップルという企業の歴史と文化、そしてスティーブ・ジョブスがどんな人間だったかが淡々と説明されているいわばアップルの歴史書、ただこの本は直接的なブランドづくりを解説しているわけではないので今の所ダイレクトには思考に効いてきていません。

アップル・コンフィデンシャル2.5J(上)

アップルの物作りへの姿勢をアウトプットから考える アップルのデザイン戦略

タイトルの通りなのですが製品一つ一つを分解・解剖し、そのディテールに隠されたこだわりを分析していくことでどれだけアップルが製品を作る時にどれだけ細やかな神経を使い、毎回究極を目指しているのかがわかります。

アップルのデザイン戦略

何気ないiPhoneの曲線やボタンが実は非常に高度な技術で実現されていること、パッケージの箱の作りが普通の貼り箱とは全く違う作り方をされていること、それが新製品のリリースの度にさらに洗練され普通の人の感覚ではほとんど気がつかないレベルでアップデートされていません。

アップルのデザイン戦略

パッケージづくりの解説。

さらにiPhoneであれば1億台という出荷台数を背景にしたコスト削減を可能にしていたりするわけですがそれも最初からそうだったわけではもちろんなく、まず最初に製品へのこだわりがありそれを実現するために当初は高単価だったものがバージョンアップと共にコストと製品の洗練さがバランスして今のアップルを作ったということが、前述のアップル・コンフィデンシャルを併せて読むとさらによくわかります。

デザインというものが表面的な形状を描くということではなく、ベストなアウトプットを実現するためのコストとの見合いと推進力、さらにそれを実現しなければならないという強い気持ちで成り立っていることがとても実感出来る良書でした。

アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」


縞模様の歴史

関連記事

Bouteille

かっこいいショップカード9種 Pinterest

前までは、ショップカードとかコレクションしてなるべく貯めてから公開していたのですが、最近は少し貯まったら公開と頻度を早めています。

フランシス・ハ

フランシス・ハ かっこいいフライヤー

いつものようにナイスフライヤー収集をしていると青山ABCのフライヤーラックに埋もれてこのフライヤーがありました。

marimekko 伊勢丹ポップアップストア

6.7-6.13 We love Japan – The Isetan edition マリメッコのポップアップショップが伊勢丹新宿店にオープン

マリメッコのポップアップショップが新宿伊勢丹にオープンします。

えらべ未来

映画と展覧会のフライヤー 8種

高いクオリティで作られていることが多い展覧会と映画のフライヤーです。特に今回はイメージフォーラムでガサッと集めてしまいました。

PLAYTYPE

PLAYTYPE at BOOK AND SONS

PLAYTYPEの商品が学芸大学のBOOK AND SONSにて販売開始されました。

オリンピックエンブレム

東京オリンピック2020 エンブレム選考3つの問題

昨年12月に〆切として行われたオリンピックのエンブレム公募ですがついに4つのエンブレムに絞り込まれたようです。改めて今回行われた一般公募の問題点が大きく3つあったことを振り返しって見ます。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

JAGDA 新人賞展

フライヤーデザイン26選 グッドタイポグラフィーとグラフィック

ナイスなフライヤーデザインを集めました、今回は美術展が多いですが優れたタイポグラフィーのものとグラフィックが美しいものが多かったです。 それでは豊作のフライヤーデザインをご覧ください。

柳原良平

Orange! 株式会社サン・アド創立50周年記念展覧会

サン・アドが創立50周年だそうで、ギャラリー916にて記念展覧会が9月6日まで開催中です。

fontplus day

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章

過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト