畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.11.25

大日本印刷 にじみフォントと筑紫明朝


大日本印刷がフォントに画像処理を施して印刷特有のにじみを再現したにじみフォントを開発、第一弾として秀英にじみ明朝Lをリリースしました。

にじみフォント比較
秀英明朝と秀英にじみ明朝の比較画像。

このニュースを聞いて最初に思い浮かべたのが筑紫明朝という方は少なくないのではないでしょうか。

というのも筑紫明朝には細かいテクスチャこそないですがそこには活字の風合いやボールド感が確実に感じられるからです。

そして以前参加した筑紫明朝のフォントデザイナーの藤田さんもセミナーにて筑紫明朝には活字のにじみや印刷の風合いを盛り込んでいるとおっしゃっていたからなのですが、その目指している位置は明確に違うように感じました。

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

筑紫明朝はにじみやボールド感に影響を受けながら新しいフォントの形を作りました、にじみフォントは純粋に見た目を活字に似せて表現しています。

どちらが良いとは言いませんがデジタルでのフォント表現の可能性は様々な形で追求されていく事が示唆される新しいフォントだと思いました。

文字のデザイン・書体のフシギ


縞模様の歴史

関連記事

ガラパゴス化する印刷 装丁の力

最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。

adobe_logo

ADOBE LIVE Best of MAX 2015

11月11日はポッキーの日であると同時にADOBE LIVE Best of MAXの日でもあります。

BIRD ECHO

パンフレットのデザイン 4種

パンフレットを多々見ていると商品そのものも美しくてパンフレットもかっこいいものと、商品はうーんだけどパンフレットはいいねみたいなものもあります。

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

PLAYIGO

8/02/CUBE ヒカリエ PLAY IGO

会社の近所にあり、毎日通っていながら全然上に上がった事がなかったヒカリエの8Fに上がってみました。

TOKYO ARTS & CRAFTS MAP

アートを感じるフライヤー、高度な印刷 Arts & Crafts

2009年と大分前ですが東京都美術館でウィリアムモリスが主導した19世紀のデザインムーブメント「ARTS & CRAFTS」の展覧会がありました。

ブランドをデザインする!

デザイナーが読むべき、ブランディング書5冊

ブランディングをやっていきたいデザイナーにおすすめです。

えらべ未来

映画と展覧会のフライヤー 8種

高いクオリティで作られていることが多い展覧会と映画のフライヤーです。特に今回はイメージフォーラムでガサッと集めてしまいました。

fontplus day

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章

過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト