畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.11.25

大日本印刷 にじみフォントと筑紫明朝


大日本印刷がフォントに画像処理を施して印刷特有のにじみを再現したにじみフォントを開発、第一弾として秀英にじみ明朝Lをリリースしました。

にじみフォント比較
秀英明朝と秀英にじみ明朝の比較画像。

このニュースを聞いて最初に思い浮かべたのが筑紫明朝という方は少なくないのではないでしょうか。

というのも筑紫明朝には細かいテクスチャこそないですがそこには活字の風合いやボールド感が確実に感じられるからです。

そして以前参加した筑紫明朝のフォントデザイナーの藤田さんもセミナーにて筑紫明朝には活字のにじみや印刷の風合いを盛り込んでいるとおっしゃっていたからなのですが、その目指している位置は明確に違うように感じました。

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

筑紫明朝はにじみやボールド感に影響を受けながら新しいフォントの形を作りました、にじみフォントは純粋に見た目を活字に似せて表現しています。

どちらが良いとは言いませんがデジタルでのフォント表現の可能性は様々な形で追求されていく事が示唆される新しいフォントだと思いました。

文字のデザイン・書体のフシギ


縞模様の歴史

関連記事

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

たづがね角ゴシック

【レポート】FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] たづがね角ゴシック

先日いつも良質のセミナーをご提供してくださるFONTPLUS DAY Vol.7に行ってきましたのでレポートです。

NO LONGER HUMAN 2

NOLONGER HUMAN NAKAJIMA NOBUYUKI

作曲家でピアニストの中島ノブユキさんのインタビューをまとめたフリーペーパー「NO LONGER HUMAN」のVol.1 2を手に入れたのでご紹介。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

LOFT WINTER

フリーペーパーのデザイン 14種 新聞紙のような多め

仕事でついにフリーペーパーを作ることになりそうです。 と言っても僕の場合あまり今まで集めたデザインアーカイブなどを作る時に参照することはないのですが今まで見てきたものがじわじわと自分の作るものを作って

SEASON & GREETINGS

ポストカードのデザイン 16種 タイポグラフィ、写真、イラスト

ちょっとだけポストカードがたまったのでご紹介です。

Peeji名刺

ロゴを作りました、ついでに名刺も。

たいしたトピックじゃないのですが、ちょっと前からロゴを変えてみました。

小田原・伊豆 50選

パンフレットのデザイン 4種

良デザインのパンフレット達です。今回はどれもタイトルとビジュアルの関係性がスタンダードなものが多くなぜか、紙質はファンシー系が多かったです。

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト