畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.11.25

大日本印刷 にじみフォントと筑紫明朝


大日本印刷がフォントに画像処理を施して印刷特有のにじみを再現したにじみフォントを開発、第一弾として秀英にじみ明朝Lをリリースしました。

にじみフォント比較
秀英明朝と秀英にじみ明朝の比較画像。

このニュースを聞いて最初に思い浮かべたのが筑紫明朝という方は少なくないのではないでしょうか。

というのも筑紫明朝には細かいテクスチャこそないですがそこには活字の風合いやボールド感が確実に感じられるからです。

そして以前参加した筑紫明朝のフォントデザイナーの藤田さんもセミナーにて筑紫明朝には活字のにじみや印刷の風合いを盛り込んでいるとおっしゃっていたからなのですが、その目指している位置は明確に違うように感じました。

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

筑紫明朝はにじみやボールド感に影響を受けながら新しいフォントの形を作りました、にじみフォントは純粋に見た目を活字に似せて表現しています。

どちらが良いとは言いませんがデジタルでのフォント表現の可能性は様々な形で追求されていく事が示唆される新しいフォントだと思いました。

文字のデザイン・書体のフシギ


縞模様の歴史

関連記事

Adobe Max

【レビュー】Adobe Max 2016 in ビッグサイト

昨日は様々なジャンルで活躍するクリエーターの講演が無料で(一部有料)楽しめるAdobe Maxに行ってきました。

HAKUI

セブンユニフォーム HAKUI カタログ

zuccaの小野塚秋良さんがデザインを担当している、セブンユニフォームのデザインコンシャスラインHAKUI。

Think Simple

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 デザイン思考編

これからのデザイナーが読んだ方が良いのではという本を5冊「デザイン思考編」として集めてみました。

北欧の暮らし「暮らしの豊かさ」 Nordic Lifestyle Market 国連大学にて

北欧の暮らしを伝えるイベントが今週末開催です。

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

typografia

typografia チェコの文字と印刷の雑誌

古書市で見つけた文字と印刷の雑誌です。 1980年だから35年ぐらい前の雑誌ですが雰囲気はもっと古い雑誌のように見えます。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

Peeji名刺

ロゴを作りました、ついでに名刺も。

たいしたトピックじゃないのですが、ちょっと前からロゴを変えてみました。

よなよなエール父の日

父の日のよなよなエール

3日過ぎてしまいましたが父の日にもらったよなよなエールの詰め合わせの包装紙などがかっこよかったのでアップします。

LOGO MODERNISM

Logo Modernism

モダニズムを感じさせる6000ものロゴを集めた本がタッシェンから出るそうです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト