畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.11.16

アップルが本を作る Designed by Apple in California


あのアップルが本をつくったそうです。

外装は真っ白で背には箔押しが使われているように見えます。布性カバーで8色刷り、見た目はいかにもアップルらしく本というよりパッケージのように見えます。

装丁

スモール版(10.2×12.75インチ)20,800円とラージ版(13×16.25インチ)30,800円。日本では11月16日からApple 銀座で展示販売されます。

以下、Appleよりジョニーアイブのメッセージです。

純粋に、人類にとって素晴らしいものを作ろうという考えが、スティーブを突き動かした最初のきっかけでした。そのことは、今でもAppleが未来を考える際に、私たちの理想と目標であり続けています。この写真集は、私たちのチームが何年にもわたってデザインしてきた多くの製品を丁寧に集めて紹介することを意図して作られました。各製品がどのようにして、そしてなぜできたのかということをご理解いただけたら、また、デザインを学ぶ生徒さんにとっては教材としても活用いただければと願っています。

1998年のiMacから2015年のApple Pencilまでが収録されており、中面を見るととても懐かしい気分になるプロダクトが多く10代の頃アップル製品のカタログを眺めて気分を高揚させていた事を思い出します。

iMac

iPod

序文にジョブズへのメッセージが入るなど、装丁、コンテンツ共にアップル好きを掴む要素が盛りだくさんで、初見とても欲しくなりましたし、きっとすぐ完売するだろうと思われますが、なんとなくこんなノスタルジーなプロダクトを出す事に少し違和感は感じますね。

個人的には初代iMacやiPodのような心のそこから人をワクワクさせて生活を変えるコミュニケーションのリリースを期待したいです。

アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡


縞模様の歴史

関連記事

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

LOGO MODERNISM

Logo Modernism

モダニズムを感じさせる6000ものロゴを集めた本がタッシェンから出るそうです。

まな板文化論

【ジャケ買いシリーズ】まな板文化論 前野洋一と勘亭流

書籍のジャケ買いシリーズ第一弾です。

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

CDT

小冊子の装丁 CDT 葛西薫

本屋を一周してなにげなーく帰り際に平積みコーナーを覗くと上品なピンク地と鮮やかな紺文字で一際目立つ小冊子がありました。

プリントギャラリー

【レビュー】プリントギャラリー ベルント・クーヘンハイザー

先日ご紹介したプリントギャラリーさんでのベルント・クーヘンハイザー展に行ってきました。

桂離宮

写真と建築と装丁 桂離宮 石元泰博

建築写真の写真集は建築物の姿を忠実に伝えようとしているものと、建物に忠実というよりは写真を撮ることでその建築が持っている潜在性を最大限に浮かび上がらせるものがあると思いますが、この写真集に関して言えば

小さな出版社のつくり方

小さな出版社のつくり方

出版社を作るということから、仕事のやり方について考えます。

装丁と仕事 世界一美しい本を作る男 シュタイデルとの旅

シャネルのカール・ラガーフェルドやロバート・アダムスなどの写真家、ギュンターグラスのようなノーベル賞作家まで様々な顧客からの信頼を得て数年先までスケジュールが埋まっているという出版社がドイツのstei

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか

DRAFT 宮田識さんの仕事に対する考え方が詰まっています、装丁も素晴らしいです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト