畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.10.27

Tokyo Design Week 2016


Tokyo Design Weekが今年もスタートしました。

今年もとか言っておきながらだいぶ前に行って以来行ってなかったのですが、今年はなんとなく行ってみようかなとか思ったりしました。

というのもInteractiveコーナーに最近の僕の心を捉えて離さないFesWatcheが出展されるらしく(いい加減買えよ)それにも心ひかれながら、目下近々の仕事のテーマでもある地方創生のブースがあったり、もっとも好きなデザインジャンルの建築模型なんてものも展示されるとのことで楽しみは尽きません。

建築模型展

建築模型展
※Tokyo Design Weekウェブサイトより。

しかし、一応小職デザイナーを生業にしているもののデザインウィークなんてものは自分とは全く別の世界の話のような気がしてしまいます。
それは華やかな舞台だからなんていう理由ではなくデザインへの向き合い方が全く違うからなのかもしれません、いつもデザインで何かを解決したいと思いながら仕事をしているつもりで、デザインをただの成果を上げるための手段になり下げている自分への嫌悪かもしれません。

全てとは言いませんがきっと純粋な何かがそこにはあるだろうと期待してデザインウィークを楽しんでみたいと思います。

前期:2016年10月26日 〜 10月31日
後期:2016年11月2日 〜 11月7日 ※11月1日は終日閉場

伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール


縞模様の歴史

関連記事

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか

DRAFT 宮田識さんの仕事に対する考え方が詰まっています、装丁も素晴らしいです。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

swiss design kiosk

CIBONE SWISS DESIGN KIOSK victorinox

知ってるようであまり知らないスイスデザインをたっぷり紹介するSWISS DESIGN KIOSKが青山のCIBONEで2月15日(水)ー3月14日(火)で開催されます。

東京防災

東京防災 グラフィックデザインのちから

先日我が家に初めてみる黄色い箱が届きました。「東京防災」と書かれた箱に入ったマニュアルとマップは災害時にどう身を守ったら良いかを非常に簡潔にかつ美しくまとめてありました。

Slidarite

Amazon Solidarité 助け合い

13日夜フランスパリで痛ましいテロが起きました、現在伝えられているだけでも120人以上の犠牲者が出たということです。

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 が2017年3月3日(金)よりスタートします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト