畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.1.23

フラットデザインとスキュアモーフィズム


ios7最近ipadアプリのUIをデザインしています。複雑なアプリではないのですがただ平面で考えるのではなく立体的に考えてデザインしなければいけないので面白いです。

最初に見た目のデザインの方向性を決める時いわゆるフラットデザインなのかスキュアモーフィズムなのかを大雑把に検討することから始めました。

印刷物とウェブ、アプリ
僕はもともとスキュアモーフィズムというかデザインの「あしらい」で何かを擬似的に表現することがあまり好きではありません。

例えばハンバーガー屋さんのDMがハンバーガーの形になっていたりとか、アンティークショップのチラシが加工された紙にさらに紙のテクスチャを引いて古い紙を表現したり、特殊印刷が一般的になっていくにしたがいあたかも●●みたいなデザインの印刷物って増えて来ているし、ニーズもある気がしますが、個人的にはあまりにもそのままのようなして気がひけてしまうのです。

ウェブだとさらにその傾向が強まります、もともとそれ自体に実態がないものなので何かを擬似的に表現する事でしかウェブのインターフェイスを理解させる事が難しかったからだと思いますが、つい最近までのウェブデザインはほとんどがスキュアモーフィズムを多用しています。

アプリはウェブに近い特性があるので当然ながらスキュアモーフィズムがデザインの一般的なベースになっていましたが、ios7の発表を機にようやくというかいわゆるフラットデザインと呼ばれる脱スキュアモーフィズム的なデザインが増えてきました。

なんでフラットデザイン?
個人的にはこの傾向はとてもうれしいのですが、しかしながらなぜ今更フラットデザインという傾向が強まってきたのかと引っかかるものがあります。

少し調べてもこれだと言う結論にたどり着いている腑に落ちる結論はなかったのですが、ひとつはFlipboardやGunosyなどひとつのソースをウェブページだけでなく複数のアプリ等で見たりするのが当たり前になった事で画像をあまり使わないテキストベースで構成されている方がソースのリユースに便利な事が挙げられそうです。

余計な画像がないためページのロードに時間がかからないというのもありましたが、常に日々高速化しているPCとブロードバンドの状況を考えるとそれが強い理由ではない気がします。

他にios7がフラットデザインを採用した理由にウェブやアプリの利用者の成長を挙げているのがappleのジョナサン・アイヴです。たしかに20年前ウェブが出始めた頃ハイパーリンクの存在すら認知されていなかった時代と生まれた頃からインターネットに触れている世代ではウェブのインターフェイスに対する理解は全く違うでしょう。後の世代はグラデーションと影で表現されたこってりしたボタンなどなくてもそれが関連する記事のページへのボタンなのか、広告なのか瞬時に判断出来るはずです。

フラットデザインは通過点
だからといってわざわざ分かりにくいボタンを採用する理由があるのかと考えてしまうところですが、おそらくフラットデザインはまだ通過過程の一段階にしか過ぎず今後5年、もしくは10年かけてウェブやアプリだけで表現できるインターフェイスの表現方法を見出して行くのだろうと思います。

例えばカメラのアイコンは大概レンズのついた一眼レフやコンパクトカメラを模した形になっていますが、レンズ以外はカメラとして存在していない携帯カメラが一般的になった今、カメラとして存在しているのは圧倒的に携帯カメラが多いのに数が少ない一眼レフなどの形をカメラのメタファーとして採用するパラドックスに陥っています。

フラットデザインの次のデザインはウェブやアプリのデザインというよりこれまで人が培ってきた慣習や経験が生み出した、インターフェイス上のパラドックスを超える事に意義を見出していく事になり、それを乗り越えた時紙媒体で作られたデザインロジックやスキュアモーフィズムにとらわれないデザインが産まれるのかもしれないなどとアプリを作りながら考えていました。

フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。


縞模様の歴史

関連記事

HAKUI

セブンユニフォーム HAKUI カタログ

zuccaの小野塚秋良さんがデザインを担当している、セブンユニフォームのデザインコンシャスラインHAKUI。

モリサワ

さくらインターネット、モリサワフォントを無料で使える「さくらのレンサバ×TypeSquare」

さくらインターネットのレンタルサーバに載るWORDPRESSでモリサワのウェブフォントを無料で使える「さくらのレンサバ×TypeSquare」がWORDPRESS以外にも拡張されるようです。

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

TOKYO ARTS & CRAFTS MAP

アートを感じるフライヤー、高度な印刷 Arts & Crafts

2009年と大分前ですが東京都美術館でウィリアムモリスが主導した19世紀のデザインムーブメント「ARTS & CRAFTS」の展覧会がありました。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

竹尾見本帖

ショップカードのデザイン 16種

今回は久々にショップカードです、エリアは銀座界隈やや多めです。

えらべ未来

映画と展覧会のフライヤー 8種

高いクオリティで作られていることが多い展覧会と映画のフライヤーです。特に今回はイメージフォーラムでガサッと集めてしまいました。

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト