畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.10.13

絶対フォント感 MdN


絶対音感ならぬ絶対フォント感。

意識して鍛えたことはないのですが、あるブランドの制作物を作っている時レギュレーション以外の文字が使われている事に気がつけないとアートディレクションは出来ません。

とはいえ明らかに形状の違う文字の場合はともかく、通常のゴシック系で似たような書体だとなかなか一瞬でそれを見分けるのは至難の技です。

そんな時書体のどの部分にその書体の特徴が出るのかをまとめたMdNが発売されるようです。
MdN

MdN

図解でフォントの特徴を丁寧に説明してくれています。

MdN

編集部が抜粋した665書体の見本帳も付属ついてくるそうでフォントの知識必要な職種の方には必須の特集になりそうですね。

月刊MdN 2016年11月号(特集:絶対フォント感を身につける。2)


縞模様の歴史

関連記事

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

東急ハンズ リーフレット

東急ハンズ リーフレット つがおか一孝

久しぶりに東急ハンズに行くと独特の味があるリーフレットを発見。迷わず手に取って家でしげしげ眺めると写実風だけど絶妙にイラスト化されたイラストに目がいってしまう。

ramsophone

機能主義家電デザインの始祖 ディーター・ラムスに影響を受けたWebシンセ

ドイツ人のプロダクトデザイナー、ディーター・ラムスに影響を受けて造られたWebシンセがこちらの「Ramsophone」です。

MUJI BOOKS

リニューアル無印良品有楽町 小売のこれから

リニューアルしたからではなくたまたま化粧水がなくなってしまいどうしても買いたかったので、仕事の関係で閉店ギリギリになってしまったのですがちょこっとだけ覗いてきました

HYKE SNEAKER

紺と白のオブセッションとその解法

adidas originalsとHYKEのコラボアイテムが本日3月16日から発売されました。

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

財務3法

デザイナーが読むべき財務入門

自分を含めデザイナーという職業の人は割と財務や経営を自分とは別次元の話だと考えがちです。

iPod

アップルが本を作る Designed by Apple in California

あのアップルが本をつくったそうです。

SALT & SOIL DELICATESSEN

良デザインショップカード 2015夏 渋谷

新しい街や久々に足を運んだ街では紙物の収穫が大きいです。 今回は渋谷近辺で収穫した物たち、白地ベースとカラフルなのを両方混ざっています。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト