畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2016.9.25

Chim↑Pomが歌舞伎町の解体予定ビルで展覧会開催 菊地成孔、会田誠ら参加


Chim↑Pomによる新作個展「また明日も観てくれるかな?〜So see you again tomorrow, too? 〜」が、10月に新宿・歌舞伎町振興組合ビルにて開催されます。

開催概要

テーマは「Scrap and Build」でほぼ「全壊する展覧会」 というだけあって構成はぶっ飛んでいて、展示物のうちChim↑Pomの作品群は、会期終了後ビルの建て壊しに合わせて破壊され、その後、破壊された作品の残骸を拾い集め、同じ建て壊し物件である渋谷PARCOのネオンサイン「C」「P」なども加えて、再構築するという普通の展覧会では考えられないスケール。

また明日も見てくれるかな
http://chimpomparty.com/より。

タイトルも秀逸で2014年3月31日に同じく新宿のスタジオアルタにて行われた「笑っていいとも」の最終回でタモリが放った言葉からの引用、ただの破壊ではなく明日への希望といったらしょっぱいですが、汗臭さや涙のようなものが込められた素晴らしいタイトルです。

会期中には、展示とともに漢 a.k.a. GAMIさん・菊地成孔さん・会田誠さん、などアーティストによるイベントも開催され、個人的には菊地さんのイベントには足を運びたいと考えてましたが予約分売り切れてます。当日いくしかないっす。

期間は10月15日(土)〜31日(月)まで、スクラップされる新宿を目に焼き付けましょう。

エリイはいつも気持ち悪い エリイ写真集 produced by Chim↑Pom


縞模様の歴史

関連記事

横尾忠則

TADANORI YOKOO POP-UP STORE 横尾忠則 2017年2月10日(金)まで

画家、ポスターデザイナー、装丁家として今も現役で活躍中の横尾忠則さんのポップアップストアがディーゼルにオープンしたそうです。

man ray satie

Bunkamura エリック・サティとその時代展 NADiff modern

もっとも好きな音楽家の一人、エリック・サティが生きた時代の芸術家の作品やサティの直筆楽譜などを展示する展覧会がBunkamuraで始まったので行って来ました。

新国立美術館

新国立美術館10周年

新国立美術館が出来てから10周年だそうです。

gokita_peakaboo

TOMOO GOKITA PEEKABOO 東京オペラシティ 五木田智央 

五木田智央さんの展覧会が東京オペラシティで始まりました。

あゝ新宿 アングラストリートジャズ展

あゝ新宿 アングラストリートジャズ展 6月3日より 山下洋輔と菊地成孔の対談も

2016年大きな反響を呼んだ「あゝ新宿 ー スペクタクルとしての都市」展の第2弾として「あゝ新宿 アングラ×ストリート×ジャズ」展が開催されます。

ロマン・チェシレヴィチ

ggg ギンザグラフィックギャラリー ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気

ギンザグラフィックギャラリーにてロマン・チェシレヴィチの展示開催中。

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオオリンピック閉会式、豪華な日本のプレゼンでした。

ソール・ライター

ソール・ライター展 Bunkamura

Bunkamuraでまた面白そうな展示がスタートしました。

プレイマウンテン

大地に残るデザイン モエレ沼公園 イサムノグチ

四国にあるイサム・ノグチ美術館に行って以来その彫刻作品の質感や、形状が生み出す空間とのいい意味での違和感に魅了されていたぼくは、たまたま行く用事のあった札幌の時間の合間を縫って見学してきました。

アンドレアス・グルスキー

個の喪失と尊重 アンドレアス・グルスキー

高解像度で撮影された写真を photoshop等でレタッチするため細部を拡大することがよくあります。引きで撮った何気ないスナップ写真でも細部を拡大すると思わぬ人間の表情や動きに気がつくことがあります。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト