畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.9.8

機能主義家電デザインの始祖 ディーター・ラムスに影響を受けたWebシンセ


iPodやiMacのデザイナーとして知られるジョナサン・アイブが影響を受けたことでも有名な、BRAUNのデザイナーディーター・ラムス、そのディーター・ラムスに影響を受けて造られたWebシンセがこちらの「Ramsophone」です。

dieter rams

こちらはディーター・ラムスデザインのラジオ

インターフェイスは波形を変化させるシンプルなつまみにコードを変化させるボタン、そして再生のオンオフをする赤い小さなボタンがあるのみですが、そのシンプルなデザインはディーター・ラムスコードを踏襲しています。

Ramsohpone

Ramsophoneのインターフェイス

このWebシンセただ見た目だけを似せたわけじゃありません、とてもシンプルなインターフェイスですが読み込む度に配置や組み合わせが変わります、その組み合わせは5000万〜1億通りとか。

ramsophone

コードをディミニッシュなどに変化させる4つのボタンと1オクターブ上げ下げするボタン

ramsophone

オクターブと波形を変化させるボタン

ramsophone

波形を変えるつまみがついたタイプ

ramsophone

ピッチを変化させるつまみがついたタイプ

など様々なタイプがあります、シンプルながら奥深い、ラムスの「Less but Better(より少なく、より良く)」を体現したWebアプリです、あとは録音できれば完璧だったー。

Less and More: The Design Ethos of Dieter Rams


縞模様の歴史

関連記事

yes

Tシャツを作ろう、作ってみた Zazzle

夏と言えばもっとも使用頻度の高くなる服の一つがTシャツです。 最近会社に着ていく事はあまりなくなりましたが、それでも相変わらず休みの日はTシャツだし、通勤自転車の日は着くと汗だくになるのでとりあえず

stan getz focus

Stan Getz |Focus 粋な勘違い

なんとなく音楽の話題はこのブログでは避けていたのですが、久々にがつんと来てしまったアルバムがありまして、とはいっても別に新しい現代のアルバムでもなく1961年のジャズです。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

TYPOGRAPHY

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 文字編

非デザイナーからベテランの方でも参考になりそうな文字関連書籍を5冊ピックアップしてみました。

色落ちしたジーンズ

人はなぜジーンズを履くのか 実はとても履きづらいジーンズ

最近とても気になっている事がありまして、それはなぜ人は休日になるとジーンズを履くのかということです。

HYKE SNEAKER

紺と白のオブセッションとその解法

adidas originalsとHYKEのコラボアイテムが本日3月16日から発売されました。

detail in typography

ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリが書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版が登場。

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

VISION

新聞紙のようなフリーペーパー フライヤー 5種類

ブログで画像を公開するため最初はiphone、途中からデジタル一眼レフを使っていたのですが、利便性、pinterestでの見え方の統一感を考えるとやはりiphoneの方がいいなと思い再度iphoneへ

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト