畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.8.25

The Bauhaus バウハウスの美術品32,000点が無料で公開


ハーヴァード大学に寄贈されてきたバウハウス卒業生の作品がオンラインアーカイブとして公開されました。

bauhaus
※harvardartmuseums.orgより

各作品は建築やペインティングなどのジャンルに分けられアーカイブされ、アーティスト名やキーワードでさらに絞り込めます。

http://www.harvardartmuseums.org/tour/the-bauhaus/slide/6450

バウハウスの指導者達は個人的に好きな人々が多く、建築家のミース・ファン・デル・ローエ、ヴァルター・グロピウスのパース図や、美術家のラスロ・モホリナギの作品は心踊らされます。

いろいろ見ていましたがやっぱりTYPOGRAPHYの作品群は興味深いものがあります、いかにもバウハウスな太いゴシック、カンディンスキーの影響っぽい原色の色使い、一人一人の作品が個人でもありながら全体として「バウハウス」という時代を作っている感覚がとてもいい。

現代のデザインやアートの世界は、とても個人主義という多様性が目立っている気がしますが、50年先から見たら何か大きなムーブメントの塊として捉えられるのでしょうか、もしくはこれから大きな牽引力に惹かれていくのか。

バウハウス (コンパクトミディ・シリーズ)


縞模様の歴史

関連記事

安藤忠雄 ポートレイト

安藤忠雄展 -挑戦- 六本木新国立美術館にて

安藤忠雄 挑戦展が六本木新国立美術館で開催中です。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

アントニ・ガウディとはだれか

アントニ・ガウディとは誰か 磯崎新

7/10発売のブルータスが井上雄彦さんを通したガウディ特集だったのに即発され、久々に磯崎新さんの表題の書籍を読み返しつつ、ガウディと特にサグラダファミリアについて書いてみました。

brige_1

合羽橋 BRIDGE STURDY STYLE

店舗開発で合羽橋に足を運ぶ事が多いのですが、合羽橋って長い割にあまりお茶したりする場所がありません。 そんな合羽橋のオアシスと言っても過言ではないカフェを発見しました。

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

プレイマウンテン

大地に残るデザイン モエレ沼公園 イサムノグチ

四国にあるイサム・ノグチ美術館に行って以来その彫刻作品の質感や、形状が生み出す空間とのいい意味での違和感に魅了されていたぼくは、たまたま行く用事のあった札幌の時間の合間を縫って見学してきました。

アイコニックカルタ サンクポワン

サンクポワン 現代建築アイコニックカルタ

Play with Architecture! をコンセプトに建築家が手がけるブランドCinqpoints(サンク・ポワン)が送るアイコニックカルタ。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

国立西洋美術館

【News】国立西洋美術館世界遺産登録!

日本唯一のコルビュジエ建築、上野国立西洋美術館が世界遺産に登録が決まりました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト