畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.7.31

デザイナーが読むべき財務入門


自分を含めデザイナーという職業の人は割と財務や経営を自分とは別次元の話だと考えがちです。

しかし、フリーランスが人口の1割を占めるようになり、そのうちの50%以上がデザイナーという現代において実は財務の理解は非常に重要です。
※国内で増えるフリーランスの人口!人気の理由とは?

自分で会計をする必要がない会社勤めのデザイナーさんには財務の理解は必要ないかというと全く逆でデザインプロダクションのデザイナーさん、特に企業内デザイナーのインハウスデザイナーこそ実は財務を理解する必要があります。

財務3表

なぜ財務理解が必要なのか

最高のデザインをして競争相手に勝ち、より高い報酬、良い仕事ができるように努力するのはデザイナーとして最も注力すべきことですが、実際その報酬がどういう意味を持つのかを理解することはより良い仕事をするためにも必要です。

仕事の価値は

例えば、デザインプロダクションのデザイナーさんがロゴを作って30万円を報酬としてもらったとします、その30万円は売上ですがそこには原価として家賃、光熱費、制作ツールの減価償却費、資料代、交通費、そして自分の人件費の他に営業・経理がいれば彼らの人件費というもろもろの経費がかかってきます。それらを理解すると自分がした仕事の価値がどの程度のものなのか、実際自分はどのような価値の仕事をするべきなのかが実感として感じられます。

そしてインハウスデザイナーになぜ財務理解が必要なのかといえば、インハウスデザイナーは実際のプロダクトに金額がつくことがありません、そのため自分の仕事がどの程度の価値を生んでいるのかが分かりづらくなります。

財務3表

例えば、今のPCのスペックが不十分だから新しいPCに買い換えたいと上司に訴えたとします。買い換えるPCの代金は15万円です、利益率がかなり高いウェブ関連でも利益率は15%程度です、これは15万円の営業利益を出すには100万円を売り上げなければならないということです、これがビールメーカーだとすると利益率は6%なので必要な売り上げは250万円です※。
数字にしてみると自分が使うコストに対してシビアになってきますね。

※業界別利益率ランキング

財務の概要が理解できる入門書
自分は一デザイナーというよりは経営・マネジメントにも参加しているので嫌が応にも財務の理解が必要だったのですが、読んで非常にわかりやすかった入門書が財務3表一体理解法です。
財務3票とは「損益計算書」いわゆるPLと「貸借対照表」BS、「キャッシュフロー計算書」CFの3つです。これらがどのように繋がり会社の財務が組み立てられているのかがわかりやすく解説してあります。

ただ、頭から読み進めていくと2章の財務3表の繋がりの説明が実感のない中で進むので若干わかりづらかったです。そのため1章の概要を掴んだら具体例を示しながら進む3章以降を読み、最後に2章を読むと個人的には流れが掴みやすかったです。

あらゆるデザイナー、もしくはデザイナーではないビジネスパーソンにももちろんオススメのお役立ち書です。

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)


縞模様の歴史

関連記事

ISSEY MIYAKE

かっこいいデザインのショップカード 色々編 11種類

以前、かっこいいデザインのショップカードを白地と色付きのものでまとめてご紹介いたしましたが、今回追加です。

片山正通的百科全書

ゴールデンウィークにいっておきたい 片山正通的百科全書

ゴールデンウィークお時間空いてしまった方は片山さんの展覧会などいかがでしょうか。

hermann zapf

青山ブックセンター TypeTalks 第33回「映像・写真で振り返るヘルマン・ツァップさん」

青山ブックセンターのTypeTalks、第33回はヘルマン・ツァップさんについて小塚正彦さんと小林章さんが語るそうです。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

swiss design kiosk

CIBONE SWISS DESIGN KIOSK victorinox

知ってるようであまり知らないスイスデザインをたっぷり紹介するSWISS DESIGN KIOSKが青山のCIBONEで2月15日(水)ー3月14日(火)で開催されます。

トーマス・ルフ

良デザインフライヤー 25選

フライヤーがそこそこまとまった数集まったのでご紹介です。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

月刊MdN2018年11月号『明朝体を味わう。』

月刊MdN2018年11月号『明朝体を味わう。』

ワインを楽しむように明朝体を楽しむ。

the Future

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 14枚

以前B5サイズ以下の良デザインフライヤーをご紹介しましたが、まだコレクションがあったので残りもご紹介します。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト