畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.7.24

人はなぜジーンズを履くのか 実はとても履きづらいジーンズ


最近とても気になっている事がありまして、それはなぜ人は休日になるとジーンズを履くのかということです。
ジーンズ
Photo Ed Yourdon

基本ジーンズを履いている人は多い

普段スーツを着てとてもカッコよくお仕事をされいる方でもなぜか休日になった途端、当たり前に休日はジーンズでお出かけになられる人が多い気がします。休日でなくても短パンが市民権を得た夏場を除くとスーツの人以外でジーンズを履いている人の率はかなり高いです※ちょっと古いですが日本テレビの調査によると68%程度。

日本テレビ 所さんの目がテン

そもそもジーンズって何

みなさんなんとなくご存知だと思いますので細かいことは書きませんが、労働者のために作られた労働服でその丈夫さと天然のインディゴはがらがら蛇を寄せ付けない効果があるなど副次的な効果があることもあり、ゴールドラッシュのアメリカで爆発的に普及しました。

調べてて意外だったのはデニムの語源がserge de Nîmes(セルジュ・ドゥ・ニーム)というフランス語だったということ。

ジーンズ
Photo Fahad Faisal

あとジーンズで忘れてはいけないエピソードは、洗う・洗わない論争でしょうか。僕は断然洗わない派で、ひどい時は10年近く洗ってない(水洗いは1、2回)とかありましたがこれに関してはもう圧倒的に色落ちの仕方が変わるので誰に何を言われても洗いません。履くたびに洗剤で洗われたジーンズほど「難しい」状態はないのですがこれに関して後述します。

ジーンズを履くのは実は難しいのでは

そもそもジーンズを履いている人が多いなと思った理由がなんとなく似合ってなくて惰性で履いている人が多い気がしたのがきっかけです。

現在のユニクロのオンラインショップでボトムスを見ると、ジョガーパンツ、ハーフ・ショートパンツ、 ロングパンツ(チノ・トラウザー)そしてジーンズというカテゴリー分けがされています。はやりのジョガーパンツは別としてショートパンツ、ロングパンツというカテゴリーと同レベルでジーンズが分けられています。ちなみに無印はパンツとデニムという2つのカテゴリー分けです。

それぐらいジェネラルな存在のジーンズですが、強く感じるのが実は履くのがとても難しいのではということです。それには幾つかの理由があります。

ジーンズにTシャツ

理由1 そのカジュアル感

よくドレスコードでカジュアルokだけどジーンズはダメという事があります。ジーンズと一口に言っても全く色落ちしてないリジット(一度も洗わず糊のついたままのもの)とダメージドでは全く別物です、その為かこれだけ市民権を得た21世紀になっても肌感的にジーンズはカジュアル感が強いです。
そしてこの時期やりがちなのがジーンズにTシャツ、スニーカーというカジュアルなものにさらにカジュアルをかぶせる形。もちろんそれで成立してるパターンもありますがサイズ感と素材感にこだわらないと失敗する可能性は高いです。

理由2 サイズ感あってない

理由1でも少し出てきましたがサイズ感が合っていないものを着ている人が多いです、特に普段はスーツなどを着ている人が休日だけジーンズを着る時によく見られる気がします。おそらく昔買った服をそのまま着ているのでしょう、痩せすぎたり太ったりでサイズ感があまり合っていない人が散見されます。

理由3 かっこいい色落ち

着るとダサくなる理由がかっこいいはなんか矛盾する感じがしますが、ジーンズはしっかり色落ちさせるととても美しいグラデーションを作り豊かな表情を作ります。突き詰めていくと浮世絵と同じぐらいのレベルで芸術的になってきてそれがとてもかっこいいのですが、その分他の服との合わせが難しくなったり、色落ちばかりに目がいってシルエットがオーソドックスなものをオーソドックスに着てしまってなんとなくダサくなってしまったりします。色落ちはとても重要ですが全体のバランスで着ることが重要です。

また特に惰性で着ている方に多いパターンがかっこいいと逆パターンで、おそらく洗濯を頻繁にしているのか色落ちの仕方に表情がなくのっぺりとしていたりします。これはこれでジーンズ自体のかっこよさが半減してしまって着るのが難しかったりします。

色落ちしたジーンズ
10年ぐらい履いているジーンズ、とても美しいがどうしてもサイズ感が古くさくなる

なんだか偉そうに書いてしまいましたが、ジーンズがあまりにもジェネラルになりすぎて実は合わせるのが難しいアイテムなのではないかという疑問からスタートしました。

かくいう自分もいつも最近ジーンズに合わせる服がなくて、というか現代的なシルエットの新しいジーンズはそんなに難しくないのですが履き古したジーンズはいつも困っていました。ロールアップして履いたりしていますがこれからも工夫しながらジーンズと付き合っていこうかと思います。

デニム・バイブル


縞模様の歴史

関連記事

ウニッコ

マリメッコ展 Bunkamura

知ってるようで意外と知らないマリメッコ展が12月17日からBunkamuraにてスタートします。

MONOPURI実験室

MONOPURI実験室

いろいろな素材にさまざまな模様や柄をプリントして新しい価値を生み出す光伸プランニングさんの印刷実験プロジェクト、展示会が楽しかったです。

北欧の暮らし「暮らしの豊かさ」 Nordic Lifestyle Market 国連大学にて

北欧の暮らしを伝えるイベントが今週末開催です。

her

her Spike Jonze Geoff Mcfetridge 色々な色

amazonで買い物をした際レンタルクーポンがついてきたので、前から気になっていたスパイクジョーンズのherをレンタルしてみました。

ATELIER MUJI 明和電機

無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ

アノニマスな物作りがモットーな無印良品の製品と、キャラ立ちまくりの明和電機の製品を比べる展示が有楽町ATELIER MUJIにて本日より開催です。

typografia

typografia チェコの文字と印刷の雑誌

古書市で見つけた文字と印刷の雑誌です。 1980年だから35年ぐらい前の雑誌ですが雰囲気はもっと古い雑誌のように見えます。

little_design_studio

小さなデザインスタジオの、大きな影響力 ―少人数で成功した世界のデザインスタジオ30社

デザインを志す人、もしくは既にデザイナーとして活躍している人は一度は独立してデザイン事務所を持ちたいと思ったこと、もしくは独立して事務所を構えているかもしれません。

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

LABRICO

パンフレットのデザイン 18種

パンフレットを集めました、比較的小さめのもの中心です。

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト