畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.7.24

人はなぜジーンズを履くのか 実はとても履きづらいジーンズ


最近とても気になっている事がありまして、それはなぜ人は休日になるとジーンズを履くのかということです。
ジーンズ
Photo Ed Yourdon

基本ジーンズを履いている人は多い

普段スーツを着てとてもカッコよくお仕事をされいる方でもなぜか休日になった途端、当たり前に休日はジーンズでお出かけになられる人が多い気がします。休日でなくても短パンが市民権を得た夏場を除くとスーツの人以外でジーンズを履いている人の率はかなり高いです※ちょっと古いですが日本テレビの調査によると68%程度。

日本テレビ 所さんの目がテン

そもそもジーンズって何

みなさんなんとなくご存知だと思いますので細かいことは書きませんが、労働者のために作られた労働服でその丈夫さと天然のインディゴはがらがら蛇を寄せ付けない効果があるなど副次的な効果があることもあり、ゴールドラッシュのアメリカで爆発的に普及しました。

調べてて意外だったのはデニムの語源がserge de Nîmes(セルジュ・ドゥ・ニーム)というフランス語だったということ。

ジーンズ
Photo Fahad Faisal

あとジーンズで忘れてはいけないエピソードは、洗う・洗わない論争でしょうか。僕は断然洗わない派で、ひどい時は10年近く洗ってない(水洗いは1、2回)とかありましたがこれに関してはもう圧倒的に色落ちの仕方が変わるので誰に何を言われても洗いません。履くたびに洗剤で洗われたジーンズほど「難しい」状態はないのですがこれに関して後述します。

ジーンズを履くのは実は難しいのでは

そもそもジーンズを履いている人が多いなと思った理由がなんとなく似合ってなくて惰性で履いている人が多い気がしたのがきっかけです。

現在のユニクロのオンラインショップでボトムスを見ると、ジョガーパンツ、ハーフ・ショートパンツ、 ロングパンツ(チノ・トラウザー)そしてジーンズというカテゴリー分けがされています。はやりのジョガーパンツは別としてショートパンツ、ロングパンツというカテゴリーと同レベルでジーンズが分けられています。ちなみに無印はパンツとデニムという2つのカテゴリー分けです。

それぐらいジェネラルな存在のジーンズですが、強く感じるのが実は履くのがとても難しいのではということです。それには幾つかの理由があります。

ジーンズにTシャツ

理由1 そのカジュアル感

よくドレスコードでカジュアルokだけどジーンズはダメという事があります。ジーンズと一口に言っても全く色落ちしてないリジット(一度も洗わず糊のついたままのもの)とダメージドでは全く別物です、その為かこれだけ市民権を得た21世紀になっても肌感的にジーンズはカジュアル感が強いです。
そしてこの時期やりがちなのがジーンズにTシャツ、スニーカーというカジュアルなものにさらにカジュアルをかぶせる形。もちろんそれで成立してるパターンもありますがサイズ感と素材感にこだわらないと失敗する可能性は高いです。

理由2 サイズ感あってない

理由1でも少し出てきましたがサイズ感が合っていないものを着ている人が多いです、特に普段はスーツなどを着ている人が休日だけジーンズを着る時によく見られる気がします。おそらく昔買った服をそのまま着ているのでしょう、痩せすぎたり太ったりでサイズ感があまり合っていない人が散見されます。

理由3 かっこいい色落ち

着るとダサくなる理由がかっこいいはなんか矛盾する感じがしますが、ジーンズはしっかり色落ちさせるととても美しいグラデーションを作り豊かな表情を作ります。突き詰めていくと浮世絵と同じぐらいのレベルで芸術的になってきてそれがとてもかっこいいのですが、その分他の服との合わせが難しくなったり、色落ちばかりに目がいってシルエットがオーソドックスなものをオーソドックスに着てしまってなんとなくダサくなってしまったりします。色落ちはとても重要ですが全体のバランスで着ることが重要です。

また特に惰性で着ている方に多いパターンがかっこいいと逆パターンで、おそらく洗濯を頻繁にしているのか色落ちの仕方に表情がなくのっぺりとしていたりします。これはこれでジーンズ自体のかっこよさが半減してしまって着るのが難しかったりします。

色落ちしたジーンズ
10年ぐらい履いているジーンズ、とても美しいがどうしてもサイズ感が古くさくなる

なんだか偉そうに書いてしまいましたが、ジーンズがあまりにもジェネラルになりすぎて実は合わせるのが難しいアイテムなのではないかという疑問からスタートしました。

かくいう自分もいつも最近ジーンズに合わせる服がなくて、というか現代的なシルエットの新しいジーンズはそんなに難しくないのですが履き古したジーンズはいつも困っていました。ロールアップして履いたりしていますがこれからも工夫しながらジーンズと付き合っていこうかと思います。

デニム・バイブル


縞模様の歴史

関連記事

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 が2017年3月3日(金)よりスタートします。

サヴィニャック

レイモン・サヴィニャック展 Bunkamura ギャラリー これも無料

フランス人ポスター画家サヴィニャックの展覧会まで無料です。

トーマス・ルフ

良デザインフライヤー 25選

フライヤーがそこそこまとまった数集まったのでご紹介です。

竹尾見本帖

ショップカードのデザイン 16種

今回は久々にショップカードです、エリアは銀座界隈やや多めです。

Sigriour Nielsdottir

The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir – シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ

シグリドゥル・ニールスドゥッティルはアイスランドの音楽家です。

Home Tent

良デザインのフリーペーパー、フライヤー8種

良デザインのフリーペーパーを集めました、今回はアウトドアショップ、地下鉄、二子玉川あたりで手に入れたものです。

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

渡邉良重 AUDREY

KIGI 渡邉良重 亀倉雄策賞受賞 銀座クリエイションギャラリーG8で個展開催

その年の最も優れたグラフィックデザインに送られる亀倉雄策賞にKIGIの渡邉良重が手がけたAUDREYの洋菓子パッケージに決定しました。

2色印刷

楽しい2色印刷の世界

前回ご紹介したデザインテキストブックの2Cデザインの紹介が面白かったのでご紹介します。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト