畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.7.18

【読感】世界で勝てるブランディングカンパニー インナーブランディングの重要性


最近メインの仕事がブランディングということもあり以前よりもブランディング関係の本を読むことが多かったのですが、ロジカルにブランディングに関して説明してくれる本を読む中で、なんとなく箸休めになり2時間程度で読めてしまうもののツボを得たヒントが入っているのが本書です。

世界で勝てるブランディングカンパニー

この本は人事コンサルとブランディングなどを手がけるイマジナの代表関野吉記さんと奥山由美子さんが、良品計画の松井忠三、株式会社りらくの竹之内会長などにインタビューしたものをまとめたものです。

インナーブランディングの重要性と実践談

面白いのは前述した一度は耳にしたことがある2社のような有名企業だけでなく、築地仲卸のヤマセ村清、武蔵境自動車教習所など普段あまり親しみのない会社ですが今ブランディングに取り組んでいく成長過程の会社や、ブランディングという言葉で連想されるスタイリッシュさとは別の本当の意味でのブランディグ、インナーブランディングに成功した事例を取り上げているところ。

「インナーブランディング=社員の意識向上と目線の統一化」に着手しようと思った時ハードルになるのはその会社の事業のどの要素がインナーブランディングに関係しているのかを洗い出していく作業が必要になっていきます、そしてその要素がもともと自分達が大切にしているものでない場合があるという話が本書で考えさせられるポイントです。

仔細に書くのは本を読んでいただきたいので控えますが、例えば武蔵境自動車教習所の場合、ゴールは顧客の満足度を上げることにありましたが、そこには同じぐらいのレベルで働いている従業員が働く喜びを感じられる場所にする必要があった。
代表の髙橋勇さんの社員に対する熱い思いと、顧客満足という実感があってこそ生まれた良いスパイラルですが、目の前の経営だけを見ていたのでは意外とたどり着けないゴールだと思います。

お客様を満足させることが社員の喜びになりそれがインナーブランディングにつながる、経営のやるべきことは社員がその方向に走り出せば必ずお客様が確実に喜んでくれることを示すこと。

ブランディングに取り組んでおられる方は是非一度目を通してみてください。

世界で勝てるブランディングカンパニー―――ブランド力でマネジメントを強化する日本企業の挑戦


縞模様の歴史

関連記事

HOLIDAY

60’s アートスクールの教材

実家に母が昔買ったらしいアメリカの商業デザイン教材があり、中面がかっこ良かったので一部アーカイブします。

プリントギャラリー

【レビュー】プリントギャラリー ベルント・クーヘンハイザー

先日ご紹介したプリントギャラリーさんでのベルント・クーヘンハイザー展に行ってきました。

カリモク60

良デザインパンフレット 8種 大きさいろいろ

商品パンフレットなどだと特定の種類が定まらず形も大きさもかなりばらばらです、そんなパンフレットを気の向くままに集めたものをそのままご紹介です。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

WOW

良デザインのパンフレット24 タイポグラフィ、イラスト、写真

パンフレットのデザインをご紹介します、印刷の工夫と訴求力はいつまでたっても衰えないですね。

東急ハンズ リーフレット

東急ハンズ リーフレット つがおか一孝

久しぶりに東急ハンズに行くと独特の味があるリーフレットを発見。迷わず手に取って家でしげしげ眺めると写実風だけど絶妙にイラスト化されたイラストに目がいってしまう。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

her

her Spike Jonze Geoff Mcfetridge 色々な色

amazonで買い物をした際レンタルクーポンがついてきたので、前から気になっていたスパイクジョーンズのherをレンタルしてみました。

とらや パリ35周年祭

欲しい欲求が振り切れる 虎屋 パリ進出35周年祭 ほしよりこ

「欲しいものが欲しいわ」と言ったのは糸井重里ですが、わりといつも欲しいものが欲しい自分がいます。

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト