畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.7.10

フリーペーパーのデザイン20選 


フリーペーパーを集めました、割とこれまでも集めているものが多かったですが初めてみるものも幾つかあります。前半はカラフル、後半は新聞紙系です。

カラフル編

metro politana

よく見かけるのですが何故かあまり手に取ったことがなく、中面の方が楽しかったりします。

SALUS

SALUS

最近新しくなったSALUS2冊です、写真のトーンが変わるだけで手に取りやすさがかなり変わりました。

BLUE NOTE TOKYO

BLUE NOTE TOKYO

BLUE NOTE TOKYOのフリーペーパー、こちらも徐々にマイナーチェンジしてキーカラーが毎回変わるところがまた楽しさをうまく訴求しています。

BUNKAMURA

こちらは毎回キービジュアルのトーンが変わりますがいつもどこか惹かれる表紙です。

MetRO miN

MetRO miN

安定のMetRO mIN。

SETAGAYA ARTS PRESS

これは初めて手に取りました、スタンダードな雰囲気です。

Tokyo FM

Tokyo FM

TOKYO FM2冊、タレントさんが可愛い。

新聞紙系編

GYRE

こちらも安定のGYRE。

Repetition

スタンダードながらピンと張り詰めた美しいレイアウトです。

enoco

何と言っても表紙ですね、柔らかな雰囲気なのに力強いです。

SCENE

美味しいものが美味しそうに表現されています。

e-zakkamania journal

ECサイトのフリーペーパー、フリーペーパーの持つ意義について再認識させられます。そしてCOPPER PLATE GOTHIC。

J.S.BURGERS CAFE

今回一番インパクトがあったのがこちら、ハンバーガー屋さんのフリーペーパー、内容はメニューがほとんどですが表紙の圧に圧倒されます。

BTL

BTL

BTLは表紙もかっこいいし、読み応えもある上発行頻度も高くてすばらしい。

FLYNG POSTMAN PRESS

最後はこれです、赤塚先生のキャラクターとフランスのトリコロール、そしてタイトルのスミ感に用紙の光沢感とすべてが最高にマッチしています。

SALUSやBLUE NOTEのフリーペーパーを見ていると、いつも同じトーンで作られているフリーペーパーよりも号ごとに変化があるのは毎月見ている人にしてみると変化が楽しめて楽しいですね。ただ毎回変化するということとフリーペーパー単体のブランディングを両立させるにはそのバランス感覚が結構難しいですが前述の2冊はうまくそれを同居させていると思います。

またECサイトのフリーペーパーやハンバーガー屋さんのフリーペーパーなどを見ていると印刷不況の中にあってのフリーペーパー需要、さらには発信者側の「フリーペーパー作りたい欲求」のようなものを感じます。

まだまだ先が長いメディアになりそうですね。

わたしだけのフリーマガジン・フリーペーパーの作りかた


縞模様の歴史

関連記事

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

東急ハンズ リーフレット

東急ハンズ リーフレット つがおか一孝

久しぶりに東急ハンズに行くと独特の味があるリーフレットを発見。迷わず手に取って家でしげしげ眺めると写実風だけど絶妙にイラスト化されたイラストに目がいってしまう。

her

her Spike Jonze Geoff Mcfetridge 色々な色

amazonで買い物をした際レンタルクーポンがついてきたので、前から気になっていたスパイクジョーンズのherをレンタルしてみました。

LOGO MODERNISM

Logo Modernism

モダニズムを感じさせる6000ものロゴを集めた本がタッシェンから出るそうです。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

PP_graphic_trial_2013

グラフィックトライアル 2014 印刷博物館P&Pギャラリー

凸版印刷のプリンティングディレクター(PD)と協力し、印刷グラフィック表現の可能性を探るこの展示、今回は浅葉克己さん、水野 学さん、長嶋りかこさん、南雲暁彦さんが参加されるそうです。

distant voices carry on

Spiralの紙もの 2015

職場が渋谷の宮益坂だった頃は打ち合わせをしたり、プレゼントやなんかを買いにしょっちゅうSpiralに行っていました。

Metro min

かっこいいフリーペーパー 9選 地方型など フリーペーパーの動向

Tweetざくざくっと集めてきましたフリーペーパー9選です。地方で作られているかっこいいやつとかも混ざっています。 後半ではフリーペーパーの発刊を検討している方に耳寄り情報も掲載しています。 グルービ

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post

Follow design_peeji's board Free paper, flyer like a news paper 新聞紙のようなデザインのフリーペーパー・フライヤー on Pinterest.