畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.7.10

フリーペーパーのデザイン20選 


フリーペーパーを集めました、割とこれまでも集めているものが多かったですが初めてみるものも幾つかあります。前半はカラフル、後半は新聞紙系です。

カラフル編

metro politana

よく見かけるのですが何故かあまり手に取ったことがなく、中面の方が楽しかったりします。

SALUS

SALUS

最近新しくなったSALUS2冊です、写真のトーンが変わるだけで手に取りやすさがかなり変わりました。

BLUE NOTE TOKYO

BLUE NOTE TOKYO

BLUE NOTE TOKYOのフリーペーパー、こちらも徐々にマイナーチェンジしてキーカラーが毎回変わるところがまた楽しさをうまく訴求しています。

BUNKAMURA

こちらは毎回キービジュアルのトーンが変わりますがいつもどこか惹かれる表紙です。

MetRO miN

MetRO miN

安定のMetRO mIN。

SETAGAYA ARTS PRESS

これは初めて手に取りました、スタンダードな雰囲気です。

Tokyo FM

Tokyo FM

TOKYO FM2冊、タレントさんが可愛い。

新聞紙系編

GYRE

こちらも安定のGYRE。

Repetition

スタンダードながらピンと張り詰めた美しいレイアウトです。

enoco

何と言っても表紙ですね、柔らかな雰囲気なのに力強いです。

SCENE

美味しいものが美味しそうに表現されています。

e-zakkamania journal

ECサイトのフリーペーパー、フリーペーパーの持つ意義について再認識させられます。そしてCOPPER PLATE GOTHIC。

J.S.BURGERS CAFE

今回一番インパクトがあったのがこちら、ハンバーガー屋さんのフリーペーパー、内容はメニューがほとんどですが表紙の圧に圧倒されます。

BTL

BTL

BTLは表紙もかっこいいし、読み応えもある上発行頻度も高くてすばらしい。

FLYNG POSTMAN PRESS

最後はこれです、赤塚先生のキャラクターとフランスのトリコロール、そしてタイトルのスミ感に用紙の光沢感とすべてが最高にマッチしています。

SALUSやBLUE NOTEのフリーペーパーを見ていると、いつも同じトーンで作られているフリーペーパーよりも号ごとに変化があるのは毎月見ている人にしてみると変化が楽しめて楽しいですね。ただ毎回変化するということとフリーペーパー単体のブランディングを両立させるにはそのバランス感覚が結構難しいですが前述の2冊はうまくそれを同居させていると思います。

またECサイトのフリーペーパーやハンバーガー屋さんのフリーペーパーなどを見ていると印刷不況の中にあってのフリーペーパー需要、さらには発信者側の「フリーペーパー作りたい欲求」のようなものを感じます。

まだまだ先が長いメディアになりそうですね。

わたしだけのフリーマガジン・フリーペーパーの作りかた


縞模様の歴史

関連記事

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

フランシスハ

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 15枚

ライフワークで集めているデザイン良しのフライヤー。 A4サイズは以前ご紹介したので今回はB5以下で小さめだけどきらりと光るものをご紹介します。

にじみフォント比較

大日本印刷 にじみフォントと筑紫明朝

font,fontplus,大日本印刷,にじみフォント,藤田重信

the Future

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 14枚

以前B5サイズ以下の良デザインフライヤーをご紹介しましたが、まだコレクションがあったので残りもご紹介します。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

DEAN & DELUCA

約1週間COPPERPLATE GOTHICを意識してハントした結果 

広告、雑誌、Webと毎日一度は見かける日本語フォントといえば筑紫丸ゴシックや筑紫明朝ですが、欧文フォントで同じように見かけるフォントといえばCOPPERPLATE GOTHICでしょう、暇だったので先

柳原良平

Orange! 株式会社サン・アド創立50周年記念展覧会

サン・アドが創立50周年だそうで、ギャラリー916にて記念展覧会が9月6日まで開催中です。

PLAYTYPE

PLAYTYPE at BOOK AND SONS

PLAYTYPEの商品が学芸大学のBOOK AND SONSにて販売開始されました。

tokyo midtown award 2008

Tokyo Midtown Award 2017 東京ミッドタウンのデザインとアート

2008年より開催されている「Tokyo Midtown Award」が7月24日まで受付中です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト