畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.6.19

約1週間COPPERPLATE GOTHICを意識してハントした結果 


広告、雑誌、Webと毎日一度は見かける日本語フォントといえば筑紫丸ゴシックや筑紫明朝ですが、欧文フォントで同じように見かけるフォントといえばCOPPERPLATE GOTHICでしょう。

ウェイトの違いで表情の違いはあれどよく見かけるなーと思っていたのですが暇だったので先週の火曜日から日曜日までハントしてみました。

出かけたエリアといえば品川、銀座、新宿、羽田空港など、仕事も多かったのでお店を見て回ることも少なかったのですがそれでも写真を撮ったもの、その場で撮れなかったものを含めると17点!期間は6日間ですが実際街に出かけたのはそのうち4日間なので一日4回以上は見ていることになります。

なんでこんなに浸透しているのかの分析はまた今度にしますがやや飲食、文房具、やや裕福目の顧客層という傾向があるもののそれが全てというわけでもないのが面白いです。

それでは17点ご覧ください。

食べ物系

LA TERRE

まずは品川のパン屋さん、雰囲気マッチしてます。

DEAN & DELUCA

COPPERPLATE GOTHICが広まる一番のきっかけとなったのではと踏んでいるお店、DEAN & DELUCAのパンフレット。

N.Y.CARAMEL SAND

浜松町、モノレール乗り場でN. Y. CARAMEL SAND。

KIHACHI

写真撮りそびれましたがKIHACHIです。

雑貨系

LICORNE

銀座ITOYAよりLICORNE。

MOLESKIN

同じくITOYAよりMOLESKINE、こちらCOPPERPLATE GOTHICを元にしているようですが、セリフに少し特徴があります。

COLOR CHAFIT

さらにITOYAからCOLOR CHART

PRICIA

とある施設のトイレにてトイレットペーパー。

BREITLING

同じく浜松町BREITLING。

看板・サイン系

EDOBUS

銀座近辺路上にてEDOBUS。

SHINJUKU TERRACE CITY

場所変わって新宿のTERRACE CITY。

THE GOLD

銀座でTHE GOLD。

交絢ビルディング

交絢ビルディング

銀座交詢ビルのサインです。

PHYSICAL LAB

銀座中央通り沿いで見かけたPHYSICAL LAB。

GRAND BERRY MALL

日比谷線中吊り広告。

さらに写真が撮れなかったものでプラチナドンキー、雑誌でWOOL STITCHがあります。

以上写真なしも含めて17のハント事例いかがでしたか、これがヘルベチカとかになるとぱっと見で誤認したりするので正確にカウントできないところもありますが、印象に残りやすいのにくどくなく使いやすい所が乱発されてしまう理由でしょうか。

実際に街中でハントしなかったので挙げなかったものでもパッと思いつくのでPIERRE MARCOLINIとかもありますし、やはりやや飲食系でよく見かける気がします。特に飲食店のメニューとかサインなどでしょうか。

引き続き調査して分析していきたいと思います。

DEAN & DELUCA―Living with Food


縞模様の歴史

関連記事

ROHDIA

RHODIA 爆買い、でもないか

いろいろありましてRHODIAを爆買いしました。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

TOMATO gallery X

【レビュー】THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

Tomatoの結成25周年を記念した、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」に行って

miyake jun

三宅純 BLUE NOTE

パリ在住でピナ・バウシュ、ヴィムヴェンダーストの共作で知られ、リオオリンピック閉会式での君が代のアレンジをしたことで知られる三宅純がBLUE NOTEで来日公演するらしいです。

stan getz focus

Stan Getz |Focus 粋な勘違い

なんとなく音楽の話題はこのブログでは避けていたのですが、久々にがつんと来てしまったアルバムがありまして、とはいっても別に新しい現代のアルバムでもなく1961年のジャズです。

TYPOGRAPHY

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 文字編

非デザイナーからベテランの方でも参考になりそうな文字関連書籍を5冊ピックアップしてみました。

Peeji名刺

ロゴを作りました、ついでに名刺も。

たいしたトピックじゃないのですが、ちょっと前からロゴを変えてみました。

Sigriour Nielsdottir

The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir – シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ

シグリドゥル・ニールスドゥッティルはアイスランドの音楽家です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト