畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.6.12

フライヤーデザイン26選 グッドタイポグラフィーとグラフィック


ナイスなフライヤーデザインを集めました、今回は美術展が多いですが優れたタイポグラフィーのものとグラフィックが美しいものが多かったです。
それでは豊作のフライヤーデザインをご覧ください。

タイポグラフィー編

初心

SHISEIDO GALLERY、タイトルの初心がいけてます。

SETABUN MARKET 2016

タイトル文字のポップさ、イラスト、黄緑とピンクの色合いが良い世界観を作ってます。

A FILM ABOUT COFFEE

コンデンスドなフォントがかっこいいです。

OIZUMI

写真と文字の載せ方が絶妙です。

山崎徳次郎の仕事

写真のカラーリング、レイアウト文字組み、見事です。

DALI

DALIのAがヒゲになってて可愛いです。

OPEN SPACE 2016

CMYKを中心にした文字組みがナイスバランス。

声ノマ

一個前のフライヤーと雰囲気似てますがこちらは文字の作り方がざらついてていい感じです。

ふたつの柱

シンプルに組まれたタイトルが効いてます。

土木展

力強いタイトルが土木感をいい感じに表現しています。

美術検定

円で作られた文字と形が良いバランスです。

しりあがり寿 回転展

写真とピンクで作られたタイトル文字の妙。

六本木クロッシング2016展

横に分断するようなレイアウトに組まれた文字と写真が展覧会の内容を表現しています。

私がわたしであること

写真に対してコントラストよく配置されたベタに載る文字が美しいです。

西京人

限られた色味の中で青がとても効いています。

テクニカラードリームコート

手書き文字を使って、文字情報過多に見えないところが素晴らしい。

JAGDA 新人賞展

シンプルに参加者の文字だけで表現されてインパクト大です。

暮らしの中の造形

静かな表現ですがテーマである暮らしをうまく表現しています。

東京装画賞2016

キャッチとタイトルへの導線が絶妙。

写真その他

藤井健仁

作品の見え方がグッドです。

フィリップグラス

フィリップグラスがかっこいいです。

RYOTA NISHIMOTO

散りばめられたオブジェクトでバランスが作られています。

練馬区立美術館

実は広げると大きい作品が見える仕掛けです。

光波 視覚

写真の印象が残ります。

GROUND2

オブジェクト感のあるピンクです。

Showcase Gallery

折をうまく使ったレイアウトになっています。

いかがでしたでしょうか、今回は本当に心揺さぶられるフライヤーが多く刺激を受けました。
アイデアとアウトプットのやり方はいくらでもありますね。

予算がなくてもステキなデザインのフライヤー・コレクション


縞模様の歴史

関連記事

unico

パンフレットのデザイン11種 東京メトロ、unico、ほか

今回は家具屋のunicoさんなどイラストや写真をうまく使ったものが中心です。

hinagata

フリーペーパーのデザイン 7種 メトロ中心

定期的なフリーペーパー紹介、ちょっと少ないですがメトロの駅でもらえるものを中心にご紹介です。

comme des garcons

かっこいいデザインのショップカード白地 11枚

以前動画でアップした白地のショップカードシリーズで画像をアップしてないものがある事に気がついたのでアップします。枚数多かったので2回に分けてアップです。

デザインあ

「デザインあ」の書体 ヒラギノUD

「デザインあ」というEテレの番組があって、昨年はデザインサイトで展覧会をやったりするぐらい人気なのですが、番組内で使われている書体がとても見やすいので気になって調べてみました。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

81

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

FES WATCH

First Flight FES WATCH U Eインクで表情が変わる時計

Eインクでスキンが自由に変えられるFES WATCH U、かっこよすぎます。

MONOPURI実験室

MONOPURI実験室

いろいろな素材にさまざまな模様や柄をプリントして新しい価値を生み出す光伸プランニングさんの印刷実験プロジェクト、展示会が楽しかったです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト