畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.6.5

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館


デザイナー、アーティストの中で最も敬愛する人物の一人であるル・コルビュジエの日本唯一の建築物「国立西洋美術館」がイコモスにより世界遺産への登録勧告されました。

コルビュジエに関しては黄金比に関しても書いたことがあるのでご参考までに。

デザインと黄金比

国立西洋美術館は設計をル・コルビュジエ、実施設計・監理に前川國男、坂倉準三、吉阪隆正が協力して完成した日本唯一のコルビュジエ建築です。

今回はその国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

無限成長美術館

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館は無限成長美術館のコンセプトを元に作られました。
展示室のらせん状の構造を持ち所蔵品が増えても増設されながら発展していくことを念頭に置いています。
さらに「美術館」、不思議の箱と呼ばれる「劇場」、「企画展示室」の3つの建物で一つの表現になるよう設計されたコルビュジエのビジョンが明確に表現された美術館です。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

3つのうち実現したのは美術館だけでしたが、弟子の前川國男がコルビュジエの意志を継ぎ、設計した東京文化会館と有機的なつながりをもたせることで一つの美術館だけにとどまらず文化の中心に存在するコアのような役割を持っています。

書いてある内容はとても専門的でありながら、親しみやすい絵柄とさらっとと読めてしまうボリューム感です。世界遺産への登録前に目を通していただくとより楽しんでいただける良書です。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館


縞模様の歴史

関連記事

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

PLAY HOKUSO

フリーペーパーのデザイン 21種 2017春 季節のビジュアライゼーション

春っぽいフリーペーパー勢ぞろいです。

miyake jun

三宅純 BLUE NOTE

パリ在住でピナ・バウシュ、ヴィムヴェンダーストの共作で知られ、リオオリンピック閉会式での君が代のアレンジをしたことで知られる三宅純がBLUE NOTEで来日公演するらしいです。

gooddays

フリーペーパーのデザイン 16種 新聞紙、小型、大型

2017年一発目のコレクション紹介はフリーペーパーです。

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

PLAYTYPE

PLAYTYPE at BOOK AND SONS

PLAYTYPEの商品が学芸大学のBOOK AND SONSにて販売開始されました。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

ペギーモーフィット

【映画レビュー】JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ ウィリアム・クラクストン 

ウエストコーストジャズのレコードで多くのビジュアルメイキングに携わったウィリアム・クラクストンのドキュメンタリー。

春の祭典

展覧会、ダンス等のフライヤー11選

紙モノ集めをしているといいモノが集まりやすいジャンルがやはりあるのですが、いいモノが集まりやすいのが展覧会や公演系です。

1分間の事象

グッドデザインのフライヤー19選 SPIRAL 他

デザインの土壌が豊かそうな場所で集めてきたグッドデザインのフライヤーをご覧ください。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト