畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.5.29

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。


前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

今回は2部構成で前半は砧書体製作所の書体設計家であの丸明オールドの生みの親片岡朗さんのフォントのお話、後半は広告デザイナーの副田高行さんがご自分の広告を紹介するというお話。

前半片岡朗さん、丸明朝体の成り立ちなど

前半の片岡さんのお話では丸明の成り立ちを中心にお話いただきました、丸明の「丸」の意味がフォントのエレメントに丸を使われているからこと(不勉強ながら知りませんでした)や、秀英体からの影響、さらに印刷された文字の「にじみ」の再現など前回のFontplusの藤田さんのお話にも通じるものがあり大変興味深かったのですが、参加者に配られた書体見本の冊子がとても素晴らしくて、これをいただいただけで参加した甲斐があったなという感じでした。

砧書体製作所 書体見本

書体見本一覧、白に書体を表すエレメントなどが配置されています。

砧書体製作所 書体見本

背表紙はこんな感じ。

砧書体製作所 書体見本

総合見本帖と山本庵書体。

砧書体製作所 書体見本

丸明朝体と丸々ゴシック。

砧書体製作所 書体見本

筆書体とiroha gothic。

砧書体製作所 書体見本

そして色飛びしちゃってますが、今回一番興味を惹かれた「花」。

砧書体製作所 書体見本

「花」書体見本帖の中身、細い書体で大きい文字を表現できる、重ねる文字組みなど新しいチャレンジが楽しめます。

砧書体製作所 書体見本

見づらくてすいませんが見てるだけでどきどきする書体です。

日本語フォント新しい可能性にも触れられる書体のお話でした。

後半副田高行さん、広告の作り方と話し方

さらに後半、副田さんのお話はひたすらご自分の作品を解説されているのですがバリバリのアートディレクターらしく大変口上が面白く、ただかっこいいものを作るという次元を打ち破り面白いもの、人をあっと言わせるものを作る気概というものが肌で感じられるセミナーとなりました。

朝の食パン タカキベーガリー

副田さんのたくさんの作品の中でも興味を惹かれたタカキベーカリーのパッケージデザイン。
タカキベーカリーより。

前回に引き続きとても楽しく、ためになるセミナーでした。第4回も楽しみです!

SOEDA DESIGN FACTORY THEREAFTER 副田デザイン制作所仕事


縞模様の歴史

関連記事

活版印刷

名刺 活版印刷

名刺でやってみたいと思いつつなかなか試す機会がなかったのが活版印刷で、近々の名刺作り案件で使えそうなので紙と刷り見本を取り寄せてみました。

世界で勝てるブランディングカンパニー

【読感】世界で勝てるブランディングカンパニー インナーブランディングの重要性

インナーブランディングを実践する前に知っておきたいポイントがありました。

HOLIDAY

60’s アートスクールの教材

実家に母が昔買ったらしいアメリカの商業デザイン教材があり、中面がかっこ良かったので一部アーカイブします。

100本のスプーン ランチ

100本のスプーン ランチメニュー ディナーメニュー

二子玉川ライズにスープストックトーキョーの100本のスプーンが出来ていました。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

DADA

グッドデザインフリーペーパー 17種 DADA最高

いつの間にかフリーペーパーが集まっているのでご紹介です。

detail in typography

ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリが書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版が登場。

財務3法

デザイナーが読むべき財務入門

自分を含めデザイナーという職業の人は割と財務や経営を自分とは別次元の話だと考えがちです。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 10[秋の書体デザイナー祭]

いつも楽しいセミナーを開催してくださるFONTPLUS DAYが本日10回目です。

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト