畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.5.29

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。


前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

今回は2部構成で前半は砧書体製作所の書体設計家であの丸明オールドの生みの親片岡朗さんのフォントのお話、後半は広告デザイナーの副田高行さんがご自分の広告を紹介するというお話。

前半片岡朗さん、丸明朝体の成り立ちなど

前半の片岡さんのお話では丸明の成り立ちを中心にお話いただきました、丸明の「丸」の意味がフォントのエレメントに丸を使われているからこと(不勉強ながら知りませんでした)や、秀英体からの影響、さらに印刷された文字の「にじみ」の再現など前回のFontplusの藤田さんのお話にも通じるものがあり大変興味深かったのですが、参加者に配られた書体見本の冊子がとても素晴らしくて、これをいただいただけで参加した甲斐があったなという感じでした。

砧書体製作所 書体見本

書体見本一覧、白に書体を表すエレメントなどが配置されています。

砧書体製作所 書体見本

背表紙はこんな感じ。

砧書体製作所 書体見本

総合見本帖と山本庵書体。

砧書体製作所 書体見本

丸明朝体と丸々ゴシック。

砧書体製作所 書体見本

筆書体とiroha gothic。

砧書体製作所 書体見本

そして色飛びしちゃってますが、今回一番興味を惹かれた「花」。

砧書体製作所 書体見本

「花」書体見本帖の中身、細い書体で大きい文字を表現できる、重ねる文字組みなど新しいチャレンジが楽しめます。

砧書体製作所 書体見本

見づらくてすいませんが見てるだけでどきどきする書体です。

日本語フォント新しい可能性にも触れられる書体のお話でした。

後半副田高行さん、広告の作り方と話し方

さらに後半、副田さんのお話はひたすらご自分の作品を解説されているのですがバリバリのアートディレクターらしく大変口上が面白く、ただかっこいいものを作るという次元を打ち破り面白いもの、人をあっと言わせるものを作る気概というものが肌で感じられるセミナーとなりました。

朝の食パン タカキベーガリー

副田さんのたくさんの作品の中でも興味を惹かれたタカキベーカリーのパッケージデザイン。
タカキベーカリーより。

前回に引き続きとても楽しく、ためになるセミナーでした。第4回も楽しみです!

SOEDA DESIGN FACTORY THEREAFTER 副田デザイン制作所仕事


縞模様の歴史

関連記事

Lune de Noel

かっこいいフライヤー 21選 渋谷・青山 デザインの勉強

ふと気がつくとフライヤーが大量にたまっていたのでご紹介です、渋谷・青山近辺は相変わらず豊作です。一言コメントノックは勉強になりますね。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

アンティークショップ ショップカード

東京蚤の市で見つけたアンティークショップのショップカード

東京蚤の市で集めた、独特のセンスで作られているショップカードを集めました。

stan getz focus

Stan Getz |Focus 粋な勘違い

なんとなく音楽の話題はこのブログでは避けていたのですが、久々にがつんと来てしまったアルバムがありまして、とはいっても別に新しい現代のアルバムでもなく1961年のジャズです。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

サヴィニャック

レイモン・サヴィニャック展 Bunkamura ギャラリー これも無料

フランス人ポスター画家サヴィニャックの展覧会まで無料です。

swiss design kiosk

CIBONE SWISS DESIGN KIOSK victorinox

知ってるようであまり知らないスイスデザインをたっぷり紹介するSWISS DESIGN KIOSKが青山のCIBONEで2月15日(水)ー3月14日(火)で開催されます。

さかぐち 版画 カレンダー

九段一口坂 さかぐち 版画カレンダー 18ヶ月

部屋の整理をしていたら九段坂の老舗煎餅店「さかぐち」さんが配布しているオリジナルの版画カレンダーが出てきました。

miyake jun

三宅純 BLUE NOTE

パリ在住でピナ・バウシュ、ヴィムヴェンダーストの共作で知られ、リオオリンピック閉会式での君が代のアレンジをしたことで知られる三宅純がBLUE NOTEで来日公演するらしいです。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト