畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2016.3.28

【レビュー】THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”


Tomatoの結成25周年を記念した、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」に行ってきました。

TOMATO Panphlet

パンフレット表裏

すごい正直に告白させていただくとその名前とUnderworldとのつながりはもちろん存じ上げていたのですが実際どんな仕事をされているのかはほとんど知らかなかったので、まずどんな仕事してるんだろうというのが1番興味を惹かれました。

そしてその作品群をみるとデザインとアートの境界をアートよりに華麗に飛び回っていたTOMATOという集団の作品性と指向性が100あるうちの5ぐらいわかったような気がします。

1番関心したのはそのタイポグラフィに関するセンスとテクニックです。それこそアート作るように文字を取り扱いながらも一つ一つの文字が組まれた時に破綻しないバランス感覚もあるという、さらにそれらを使って作られた作品がとても美しい。

TOMATO

中央のようなセリフ書体を組んだ作品も

TOMATO

オリジナルのフォントセットとそれを使って組まれたポスター

本阿弥光悦を思わせるジョン・ワーウィッカーの書

地下のGallery Xに展示されていたジョン・ワーウィッカーのライブペイントと音響空間はクラブをイメージしたのか一室が外部と別空間になっていて新鮮な体験です。ライブペイントのクオリティも非常に高く壁の下地のダンボール、その上に勢いよく塗られた黒ペンキ、その上に乗った詩は本阿弥光悦と俵屋宗達のコラボレーションのようなリズム感を感じました。

TOMATO gallery X

ジョン・ワーウィッカーがライブペインティングで履いていたオニツカタイガー

TOMATO gallery X

ジョン・ワーウィッカーのインスタレーションだけでも一見の価値ありの良い展示でした。

TOMATO (Gas book (05))


縞模様の歴史

関連記事

ロマン・チェシレヴィチ

ggg ギンザグラフィックギャラリー ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気

ギンザグラフィックギャラリーにてロマン・チェシレヴィチの展示開催中。

ミシェル・ブラジー

「リビングルームⅡ」 ミシェル・ブラジー展 メゾン・エルメス

生命の誕生と朽ち果てる文化のような両極を感じさせるアート。

スティーヴン・ムシン

スティーヴン・ムシン展 「Now, If, What, Then ‘Farming Tokyo ーみんなとつくるまち’ 」

スパイラルにてオーストラリアメルボルンのイラストレーター、スティーブ・ムシン展が開催されてます。

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオオリンピック閉会式、豪華な日本のプレゼンでした。

薔薇刑

ggg 2016ADC展

銀座グラフィックギャラリーに2016ADC展を見に行ってきました。

静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館 東京都美術館以上?のコレクション 若冲も見た中国・高麗の美術品

岩崎弥太郎の弟、岩﨑彌之助とその子小彌太によって創設された美術館に行ってきました。

アンドレアス・グルスキー

個の喪失と尊重 アンドレアス・グルスキー

高解像度で撮影された写真を photoshop等でレタッチするため細部を拡大することがよくあります。引きで撮った何気ないスナップ写真でも細部を拡大すると思わぬ人間の表情や動きに気がつくことがあります。

THE TOKYO ART BOOK FAIR

アジア最大のアートブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR」天王洲アイルで10月5日から

アジア最大のアートブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR」天王洲アイルにて10月5日から4日間開催します。

森岡書店

森岡書店 舘野 鴻

前から行ってみたかった銀座「森岡書店」に行きました。

プレイマウンテン

大地に残るデザイン モエレ沼公園 イサムノグチ

四国にあるイサム・ノグチ美術館に行って以来その彫刻作品の質感や、形状が生み出す空間とのいい意味での違和感に魅了されていたぼくは、たまたま行く用事のあった札幌の時間の合間を縫って見学してきました。

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post