畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.3.24

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方


フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

fontplus 資料

解説に使われたスライドの一部が載った資料。

もちろん話の主体は筑紫書体、特に新作の筑紫C見出明朝と筑紫Q明朝の話が中心です。

fontplus 資料

筑紫C見出明朝サンプルと他書体との比較

fontplus 資料

筑紫Q明朝L

ヒラギノやリュウミンなどと新フォントを比較したスライドを見たり、新フォントと写真と組み合わせたスライドを見ながらその情景に自らウットリされている藤田さんは非常にチャーミングです。

フォントが持つ情感

今回藤田さんがお話されていた事の中で繰り返しおっしゃっていたのが「情感があるフォント」です。情感とは写真などと組み合わせた時食べ物が美味しく見えたり、情景が浮かんだりするという事のようでした。筑紫シリーズはこれまでデザイナーが文字を組んだだけでは表現できずデザイナーが手で作り込んでいたようなシズル感や雰囲気をデフォルトで持っている書体です。今後Webフォントが主流になるとその価値はさらに伸びるとおもわれます。

またフォントを作るテクニック的な部分でいうと、筑紫明朝などはやはりというか活字の実際に刷られた状態のインク滲みが作ったボールド感を出されているという事で、それがデジタルでファインな状態でいつも文字を見ている現代人には温もりを与えている事が今支持を集めている要因ではとおっしゃっていました。

fontplus 資料

印刷された文字と筑紫シリーズの比較

ご自分の書体やフォントの中でも人生を変えたという石井明朝について語られる時の表情が60歳手前とは思えないほど可愛いらしかったです。

進化は止まらない

藤田さんのおっしゃっていた言葉の中で最も印象に残っているのがフォントの画角のお話で「自分にはまだできない」と言っていた事です、1957年生まれで60を手前にしてまだまだ進化する気満々なのです。
自分など40手前にして成長が終わったかもなどとかんがえていましたが、自分もまだこれから進化できるのかもと改めて考えさせられました。

もじ部 書体デザイナーに聞く デザインの背景・フォント選びと使い方のコツ


縞模様の歴史

関連記事

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

NO PROBLEM

「NO PROBLEM(問題なし!)」日本のものづくりと風通し

B品に焦点をあて、「NO PROBLEM(問題なし!)」と宣言する事で受け入れ、世の中のものづくりに対する風通しを良くしようという展示がスタートします。

PLAY HOKUSO

フリーペーパーのデザイン 21種 2017春 季節のビジュアライゼーション

春っぽいフリーペーパー勢ぞろいです。

comme des garcons

かっこいいデザインのショップカード白地 11枚

以前動画でアップした白地のショップカードシリーズで画像をアップしてないものがある事に気がついたのでアップします。枚数多かったので2回に分けてアップです。

よなよなエール

新聞紙の様なフリーペーパー、フライヤー 7種類

久々に新聞紙の様なフリーペーパー、フライヤー関係をまとめました。なかなか素材が揃わないです。今回も一言コメントつけました。

BOOK AND BED KYOTO

BOOK AND BED KYOTO

泊まれる本屋で有名なBOOK AND BED TOKYOが京都にできました。

トーマス・ルフ

良デザインフライヤー 25選

フライヤーがそこそこまとまった数集まったのでご紹介です。

ISSEY

ISSEY MIYAKEとFashion Entertainmentから電子ペーパーで柄の変わるカバン

だFashion Entertainment がまた電子ペーパーを使った新しいファッションアイテムをパリコレで発表しました。

ノイエ・グラフィーク

Neue Grafik 復刻 

スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、初期のグリッドシステムを代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト