畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.3.13

THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”


3月12日から4月3日までパルコミュージアムとギャラリーXでデザイン集団TOMATOの結成25週年回顧展が開催されます。

THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

TOMATO

TOMATOといえばUnderworldのアートワークが印象的ですがそれ以外にもTOMATOが創作してきた様々な作品を一堂に展示されるようです。

またUNDER COVERとのコラボTシャツなどオリジナルグッズも販売されるとか、五感が刺激されそうな回顧展入場料も500円ととってもお得なので是非足を運んでみては。

TOMATO (Gas book (05))


縞模様の歴史

関連記事

miyake jun

三宅純 BLUE NOTE

パリ在住でピナ・バウシュ、ヴィムヴェンダーストの共作で知られ、リオオリンピック閉会式での君が代のアレンジをしたことで知られる三宅純がBLUE NOTEで来日公演するらしいです。

ブレーン

ブレーン 宣伝会議 脳のメタボリズム

常に最前線の広告制作代理店と仕事している訳でもない一中小企業のデザイナーの自分にとってはどこからその源泉を見つけてくるかはなかなか至難の業です。

100本のスプーン ランチ

100本のスプーン ランチメニュー ディナーメニュー

二子玉川ライズにスープストックトーキョーの100本のスプーンが出来ていました。

ATELIER MUJI 明和電機

無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ

アノニマスな物作りがモットーな無印良品の製品と、キャラ立ちまくりの明和電機の製品を比べる展示が有楽町ATELIER MUJIにて本日より開催です。

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

装幀のなかの絵

装幀のなかの絵 有山達也

クウネルをはじめ様々なデザインを手がけているグラフィックデザイナー、有山達也さんのデザイン観が書かれている本書。

とらや パリ35周年祭

欲しい欲求が振り切れる 虎屋 パリ進出35周年祭 ほしよりこ

「欲しいものが欲しいわ」と言ったのは糸井重里ですが、わりといつも欲しいものが欲しい自分がいます。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

シャネルネクサスホール

今週末まで 『東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館』 シャネル・ネクサス・ホール

銀座シャネルのネクサスホールにてアラーキーこと荒木経惟の写真展が今週末23日まで開催中です。

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post