畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.2.29

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ


普段は休日でも日常に拘束される事の多い日々ですが、久しぶりに休日ゆっくり自分の時間を過ごすことができるので美術館でも行こうと思い調べてみるとリナ・ボ・バルディ展をワタリウムでやってるというので足を運んできました。

エントランス

正直このブラジル人女性建築家の事はSESCポンペイア文化センター以外あまり知らなかったのですがその建物の宣伝写真に惹かれて見に行くことにしたのですが想像以上に良かったです。

リナに触れる

代表作複数点の模型がかなり大きなボリュームで展示されていたり、人柄が伝わるリナの収集したブラジルの工芸品が展示されていたり、建築に関するインタビュー動画など建築というよりリナの人物像に迫る展示でした。

SESCポンペイア文化センター模型
SESCポンペイア文化センターの模型、大きいです。
サンパウロ美術館模型
サンパウロ美術館の模型

ミニマルに再現されたガラスの家の再現

個人的には3階のガラスの家のリビングルームを再現した展示が非常に良かったです、床にはガラスの家と同じ水色のタイルが有機的に敷き詰められ、植物、工芸品、テーブルと椅子が配置されています。ミニマルに再現された部屋は外の光が入ってきてとても居心地が良い空間になっており、展示が良いのかただ単に居心地の良さを楽しんでいるのかわからなくなるほどでした。

ガラスの家
青いタイルが非常に可愛いです。

そんな非常に満足させていただいたリナ・ボ・バルディ展ですがフライヤーなどのグラフィックもカラフルで可愛かったです、見るとグラフィックはグルビさんがやってるとのこと。ひとつのシンボルで全体を引っ張るグラフィックの作り方はグルビさんらしいです。

展示グラフィックに見る潮流、ヘタウマ感

しかしこのフライヤーや展示の説明書きのグラフィックを見ていると確かに可愛いのだけど文字の大きさや情報の整理感、余白の大きさがなんとなく微妙でわざとやっているとしか思えない(というかわざとだと思いますが)。
美大生が自分の美的感覚だけで作って経験が足りない分余白が最適でなかったりするけどその微妙さがなんとも言えない味を出していたりするのですがそれに通じるものを感じました。

フライヤー
なんとなく文字のレベル感が微妙な感じです。

サイン
サインとしては見出し文字の大きさが微妙で余白も狭めです。

そして最近そういう完成させすぎないグラフィックをよく目にするようになってきました。
デザインといえばWebが主流になりグラフィックより機能とテクニカルさ、合理性が求められるようになり、アプリは進化してほっておいてもそれなりのグラフィックが作れるようになった現代、もはや凄腕のアートディレクターについてグラフィックを学ぶという文化はごく一部を除いてほとんど死に絶えつつあり、デザイナーは誰かにデザインを学ぶこともなく即実践に放り込まれ2〜3年もすると一人前のディレクターとして巣立つ。

その力の抜き加減のようなものが現代性として受け入れられ、いわゆる「ヘタウマ」感がイケているものと感じられるようになっていく。
念のため申し上げておきますが天下のグルビさんをディスっているのではなく、むしろ嫉妬すら感じるグラフィックの表現の潮流を今回の展示グラフィックを通じて語らせていただきました。

Lina Bo Bardi 100: Brasiliens alternativer Weg in die Moderne


縞模様の歴史

関連記事

国立西洋美術館

【News】国立西洋美術館世界遺産登録!

日本唯一のコルビュジエ建築、上野国立西洋美術館が世界遺産に登録が決まりました。

レム・コールハース 行動主義

【再読】レム・コールハース ドキュメント 行動主義 滝口範子

「ぼくはもう建築には関心がない。建築をやるより人生を楽しめるよう、事務所の組織を考え直したんだ」こんなこと言ってみたい。

brige_1

合羽橋 BRIDGE STURDY STYLE

店舗開発で合羽橋に足を運ぶ事が多いのですが、合羽橋って長い割にあまりお茶したりする場所がありません。 そんな合羽橋のオアシスと言っても過言ではないカフェを発見しました。

国立西洋美術館

国立西洋美術館でパブリックビューイング 世界遺産に向けて

イスタンブールで15日から行われる世界遺産登録審議の様子を上野・国立西洋美術館で15日、16日にパブリックビューイングするようです。

アイコニックカルタ サンクポワン

サンクポワン 現代建築アイコニックカルタ

Play with Architecture! をコンセプトに建築家が手がけるブランドCinqpoints(サンク・ポワン)が送るアイコニックカルタ。

桂離宮

写真と建築と装丁 桂離宮 石元泰博

建築写真の写真集は建築物の姿を忠実に伝えようとしているものと、建物に忠実というよりは写真を撮ることでその建築が持っている潜在性を最大限に浮かび上がらせるものがあると思いますが、この写真集に関して言えば

神奈川県立近代美術館

神奈川県立近代美術館 鎌倉 石井尚志 坂倉準三

20世紀日本を代表する建築家、坂倉準三の建てた日本で最初の近代美術館、神奈川県立近代美術館 鎌倉館が2016年1月に閉館となります。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

プレイマウンテン

大地に残るデザイン モエレ沼公園 イサムノグチ

四国にあるイサム・ノグチ美術館に行って以来その彫刻作品の質感や、形状が生み出す空間とのいい意味での違和感に魅了されていたぼくは、たまたま行く用事のあった札幌の時間の合間を縫って見学してきました。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post

Follow design_peeji's board Free paper, flyer like a news paper 新聞紙のようなデザインのフリーペーパー・フライヤー on Pinterest.