畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.2.21

映画と展覧会のフライヤー 8種


高いクオリティで作られていることが多い展覧会と映画のフライヤーです。特に今回はイメージフォーラムでガサッと集めてしまいました。

Creation Gallery G8

シンプルですがエレメントのジャンプ率が少なく非常に難しいレイアウトだと思います、金銀スミの三色印刷をうまく使い情報がまとめてあります。

時間をめぐる

色合いとレイアウトが可愛らしいです。

えらべ未来

ポップなビジュアルですが非常に重いテーマを表現しています。ずっと見続けると恐怖心すら起こります。

今のあなたにしか作れない映画を作る

これは映画のフライヤーではなく、映画館のワークショップフライヤーです。

ハッピーアワー

写真とタイトルの黄色文字が絶妙なコントラストです。

バーバリアンズ

切り抜き写真と角版写真の対比が良いです。

カルテルランド

ベタ感ありますがうまいですね。

牡蠣工場

瀬戸の海の青さとタイトル文字のスミが印象をうまく作っています。

映画のフライヤーだとわりとB5が多いと思うのですが、個人的にA4のフライヤーは作る側としても受け取って持ち歩く側としても大きすぎる気がしているので、B5というサイズで作られているとそれだけで無条件に持ち帰ってしまうことがあります。

改めて何かを作る時にそれに最適なサイズを考えるということを映画のフライヤーを通して考えさせられました。

ミニシアターグラフィックs―チラシ・パンフレット・グッズなど単館映画の宣伝ツール特集


縞模様の歴史

関連記事

健康音楽 看板

【レビュー】健康音楽 坂本龍一の印象派ラジオ体操

行きたいなーと思いながらもチケット代がややお高めだったので諦めつつあったのですが、何とチケットをいただくという幸運にめぐり合ったので行ってきました。

DEAN & DELUCA

約1週間COPPERPLATE GOTHICを意識してハントした結果 

広告、雑誌、Webと毎日一度は見かける日本語フォントといえば筑紫丸ゴシックや筑紫明朝ですが、欧文フォントで同じように見かけるフォントといえばCOPPERPLATE GOTHICでしょう、暇だったので先

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

SALT & SOIL DELICATESSEN

良デザインショップカード 2015夏 渋谷

新しい街や久々に足を運んだ街では紙物の収穫が大きいです。 今回は渋谷近辺で収穫した物たち、白地ベースとカラフルなのを両方混ざっています。

good design store by nohara

グッドデザイン賞の賞品を集めた「グッドデザインショップ」がオープン

「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」が、KITTE 丸の内に4月28日オープン。

蔦屋家電

フリーペーパーのデザイン 11種

フリーペーパーはなかなか新しいものを探すのが難しいですが、幾つか見つけた新しいものたちとお馴染みのものの新しい号です。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

財務3法

デザイナーが読むべき財務入門

自分を含めデザイナーという職業の人は割と財務や経営を自分とは別次元の話だと考えがちです。

THE SHOP

THE SHOP | ハイスタンダードなアイテム達

この年になるとTシャツはここの、靴はここのやつなど自分の中のスタンダードが決まってきます。 自分のセレクト感覚とあまりにも近い感覚のお店を発見して、感動すら覚えたのでご紹介します。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト