畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.2.21

映画と展覧会のフライヤー 8種


高いクオリティで作られていることが多い展覧会と映画のフライヤーです。特に今回はイメージフォーラムでガサッと集めてしまいました。

Creation Gallery G8

シンプルですがエレメントのジャンプ率が少なく非常に難しいレイアウトだと思います、金銀スミの三色印刷をうまく使い情報がまとめてあります。

時間をめぐる

色合いとレイアウトが可愛らしいです。

えらべ未来

ポップなビジュアルですが非常に重いテーマを表現しています。ずっと見続けると恐怖心すら起こります。

今のあなたにしか作れない映画を作る

これは映画のフライヤーではなく、映画館のワークショップフライヤーです。

ハッピーアワー

写真とタイトルの黄色文字が絶妙なコントラストです。

バーバリアンズ

切り抜き写真と角版写真の対比が良いです。

カルテルランド

ベタ感ありますがうまいですね。

牡蠣工場

瀬戸の海の青さとタイトル文字のスミが印象をうまく作っています。

映画のフライヤーだとわりとB5が多いと思うのですが、個人的にA4のフライヤーは作る側としても受け取って持ち歩く側としても大きすぎる気がしているので、B5というサイズで作られているとそれだけで無条件に持ち帰ってしまうことがあります。

改めて何かを作る時にそれに最適なサイズを考えるということを映画のフライヤーを通して考えさせられました。

ミニシアターグラフィックs―チラシ・パンフレット・グッズなど単館映画の宣伝ツール特集


縞模様の歴史

関連記事

81

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

HOLIDAY

60’s アートスクールの教材

実家に母が昔買ったらしいアメリカの商業デザイン教材があり、中面がかっこ良かったので一部アーカイブします。

素敵なマッチの世界 15種類

喫煙家だったころマッチを集めるのが好きで、でもかっこよかったり、かわいかったり、ユーモラスなものだったりだけを集めていました。

とらや パリ35周年祭

欲しい欲求が振り切れる 虎屋 パリ進出35周年祭 ほしよりこ

「欲しいものが欲しいわ」と言ったのは糸井重里ですが、わりといつも欲しいものが欲しい自分がいます。

NO LONGER HUMAN 2

NOLONGER HUMAN NAKAJIMA NOBUYUKI

作曲家でピアニストの中島ノブユキさんのインタビューをまとめたフリーペーパー「NO LONGER HUMAN」のVol.1 2を手に入れたのでご紹介。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

蔦屋家電

フリーペーパーのデザイン 11種

フリーペーパーはなかなか新しいものを探すのが難しいですが、幾つか見つけた新しいものたちとお馴染みのものの新しい号です。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

トーマス・ルフ

良デザインフライヤー 25選

フライヤーがそこそこまとまった数集まったのでご紹介です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト