畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.2.21

映画と展覧会のフライヤー 8種


高いクオリティで作られていることが多い展覧会と映画のフライヤーです。特に今回はイメージフォーラムでガサッと集めてしまいました。

Creation Gallery G8

シンプルですがエレメントのジャンプ率が少なく非常に難しいレイアウトだと思います、金銀スミの三色印刷をうまく使い情報がまとめてあります。

時間をめぐる

色合いとレイアウトが可愛らしいです。

えらべ未来

ポップなビジュアルですが非常に重いテーマを表現しています。ずっと見続けると恐怖心すら起こります。

今のあなたにしか作れない映画を作る

これは映画のフライヤーではなく、映画館のワークショップフライヤーです。

ハッピーアワー

写真とタイトルの黄色文字が絶妙なコントラストです。

バーバリアンズ

切り抜き写真と角版写真の対比が良いです。

カルテルランド

ベタ感ありますがうまいですね。

牡蠣工場

瀬戸の海の青さとタイトル文字のスミが印象をうまく作っています。

映画のフライヤーだとわりとB5が多いと思うのですが、個人的にA4のフライヤーは作る側としても受け取って持ち歩く側としても大きすぎる気がしているので、B5というサイズで作られているとそれだけで無条件に持ち帰ってしまうことがあります。

改めて何かを作る時にそれに最適なサイズを考えるということを映画のフライヤーを通して考えさせられました。

ミニシアターグラフィックs―チラシ・パンフレット・グッズなど単館映画の宣伝ツール特集


縞模様の歴史

関連記事

MeMe

MeMe 地図をつくろう infographics

社会人向けに土曜日開講し中垣恒雄さんや鈴木一誌さん、副田高行さんをはじめとする誰もが名前を知っているような一流デザイナーに直に学べるMeMeデザイン学校はかなり魅力的な選択肢です。

SEASON & GREETINGS

ポストカードのデザイン 16種 タイポグラフィ、写真、イラスト

ちょっとだけポストカードがたまったのでご紹介です。

NO LONGER HUMAN 2

NOLONGER HUMAN NAKAJIMA NOBUYUKI

作曲家でピアニストの中島ノブユキさんのインタビューをまとめたフリーペーパー「NO LONGER HUMAN」のVol.1 2を手に入れたのでご紹介。

横浜トリエンナーレ

タイポグラフィーをメインビジュアルに使ったフライヤー

日々いたるところで目にするフライヤーですが、写真やイラストが極力使われていない文字の力でデザインされたものを集めてみました。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

東京銀座資生堂ビル・プラザショップ

仲條正義 IN & OUT, あるいは飲&嘔吐

やんちゃしてます、gggで行われる仲條正義さんの展覧会、 IN & OUT, あるいは飲&嘔吐。なんとなく時計仕掛けのオレンジを思わせるタイトル。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

distant voices carry on

Spiralの紙もの 2015

職場が渋谷の宮益坂だった頃は打ち合わせをしたり、プレゼントやなんかを買いにしょっちゅうSpiralに行っていました。

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト