畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2016.2.7

NICOLA CONTE 来日 Free Souls


3月12日、13日とホワイトデーにほど近い日Nicola Conteがブルーノートに来日するそうです。

Nicola Conteはプロデューサー、DJ、ギタリストとベタベタな定型紹介が恥ずかしいですがJazzをベースにラテン、ブラックなど様々な音楽を個人的にとても心地良い塩梅にミックスしてくれるので愛聴し続けています。

※Nicola ConteミックスのTake five、痒いところに手が届くミックスです。

特にjose jamesやAlice Ricciardi、トランペット奏者のFabrizio Bossoが参加してるRITUALSはもう何回聴いたかわからないぐらい聞きまくっていますが、今回は新作Free Soulsの発売記念ということでおそらくFree souls中心に選曲になると思われます。

ただ、Ritualsの中でいちばん好きなSong for the SeasonsのボーカルAlice Ricciardiが参加しているツアーなのでやってくれるといいなーとか思いながら期待に胸ふくらませています。
nicola_conte_freesouls
なぜか毎回個人的にいまいちぐっとこないジャケットもFree Soulsは割と好みな感じです。

今回の来日公演は須永辰緒さんもDJとして出るそうで、こんな紹介の仕方ねらい過ぎでしたくないですがホワイトデーの同伴にはうってつけです。

ラテンやブラックのツボを心得たJazzにご興味のある方は是非。

Nicola Conte Free Souls


縞模様の歴史

関連記事

健康音楽 看板

【レビュー】健康音楽 坂本龍一の印象派ラジオ体操

行きたいなーと思いながらもチケット代がややお高めだったので諦めつつあったのですが、何とチケットをいただくという幸運にめぐり合ったので行ってきました。

OKARA キッコサウンド

【欲しい!】 OKARA キッコサウンド

古いオーディオシステムを復活させるガジェット、欲しいです。

鍵盤オルゴール

一つのメロディを様々な鍵盤楽器で弾いてみる Audio Architecture

AUDIO ARCHITECTUREとの連動企画。いろんな楽器にさわれて楽しそうです。

カフェカレー

ボサノヴァはなぜダサいと言われる音楽になってしまったのか 魚民ジャズに見るオシャレ様式美

ボサノヴァは今の若い世代にはダサい音楽となってしまったそうです。

METAFIVE web

METAFIVE 渋谷系チルドレンに捧ぐ

高橋幸宏を中心に砂原良徳、TEITOWA、LEO今井、ゴンドウトモヒコそして小山田圭吾が参加した音楽ユニットが作る東京の今の音。

clapping music

リズム音痴に送る ライヒのClapping musicを演奏するアプリ

リズム音痴と脳を最近使ってない方、現代音楽好きにお勧めのアプリ。

Sigriour Nielsdottir

The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir – シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ

シグリドゥル・ニールスドゥッティルはアイスランドの音楽家です。

stan getz focus

Stan Getz |Focus 粋な勘違い

なんとなく音楽の話題はこのブログでは避けていたのですが、久々にがつんと来てしまったアルバムがありまして、とはいっても別に新しい現代のアルバムでもなく1961年のジャズです。

async

坂本龍一 ワタリウム 設置音楽展

坂本龍一の新作お披露目会がワタリウムで行なわれます。

裸体の森へ

菊地成孔プロデュースの晩餐会 裸体の森へ ペペトルメントアスカラールとともに

ジャズミュージシャンで文筆家、美食家としても知られる菊地成孔さんがプロデュースする音楽の宴が催されるようです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト