畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.12.20

坂倉準三 Lived space 空間を生きた。 神奈川県立近代美術館 鎌倉


神奈川県立近代美術館 鎌倉館が2016年3月末の土地契約満了をもって閉館となるということです、展覧会は1月の末で終わりということで最後の展覧会に行き建築本を入手しました。

何しろ自分が全てのデザイナーの中でもっとも敬愛するコルビュジエの、弟子である坂倉準三がコルビュジエの無限発展の美術館を踏襲して建てた日本で最初の公立近代美術館でその見た目はそのままサヴォア邸のよう、スケッチはほとんどままです。(のちに上野に建てられることになる西洋美術館の方が今見ると近いですが)

lived space

表紙は新進気鋭の建築写真家 新良太さん、さらに1ページ目の大扉はできた当時の村沢文雄さんの写真となっており新旧の共演がみられます。

lived space

中面は槇文彦さんと松隈洋さんの対談や貴重な図面集など近代建築の礎を作った資料としても見所が多いです。

もう残り1ヶ月あまりとなっており、中に入れるチャンスも少なくなりますので建築ファンの方には是非足を運んでみていただきたいです。

空間を生きた。 ―「神奈川県立近代美術館 鎌倉」の建築1951-2016


縞模様の歴史

関連記事

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

国立西洋美術館

【News】国立西洋美術館世界遺産登録!

日本唯一のコルビュジエ建築、上野国立西洋美術館が世界遺産に登録が決まりました。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

アントニ・ガウディとはだれか

アントニ・ガウディとは誰か 磯崎新

7/10発売のブルータスが井上雄彦さんを通したガウディ特集だったのに即発され、久々に磯崎新さんの表題の書籍を読み返しつつ、ガウディと特にサグラダファミリアについて書いてみました。

アーティストインレジデンス

トランジットジェネラルオフィス × ビームス 東京っぽさ

ビームスの作ったオフィス・アパートメントはとても東京っぽいです。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

安藤忠雄 ポートレイト

安藤忠雄展 -挑戦- 六本木新国立美術館にて

安藤忠雄 挑戦展が六本木新国立美術館で開催中です。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

国立西洋美術館

国立西洋美術館でパブリックビューイング 世界遺産に向けて

イスタンブールで15日から行われる世界遺産登録審議の様子を上野・国立西洋美術館で15日、16日にパブリックビューイングするようです。

brige_1

合羽橋 BRIDGE STURDY STYLE

店舗開発で合羽橋に足を運ぶ事が多いのですが、合羽橋って長い割にあまりお茶したりする場所がありません。 そんな合羽橋のオアシスと言っても過言ではないカフェを発見しました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト