畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.11.22

やる気を出してくれる美術展のフライヤー13種 


美術展系のフライヤーが溜まってきたのでご紹介、美術展系は相変わらずクオリティが高いです。

藤田嗣治

あんまり見ない横組み系藤田嗣治さんの展示。

村上隆

こちらも横組み村上隆さんのフライヤー、以外とベタな作りが逆に良いです。

DOMANI

ビジュアルとデザインが一体になった国立新美術館のフライヤー。

OZAWA TATSUYOSHI

SHISEIDO GALLERYのフライヤー、ポップです。

久隅守景

久隅守景をポップに表現してます。

亀倉雄策と「クリエイション」

東京オリンピックの原点回帰論で一気にマスにも有名になった亀倉先生の回顧展。

フランク・ゲーリー I Have an Idea

フランク・ ゲーリーの展示、なんといってもタイトルが最高。

巨匠シリーズの個展 浅葉克己

浅葉さんは巨匠という言葉が似合わない、巨匠なのに。ダリのような写真、かっこよすぎる。

MATERIAL DESIGN EXHIBITION

端正なチラシです、ジャンプ率が全然高くないのに迷わないレイアウトなのは素晴らしい。

アール・デコの邸宅美術館

庭園美術館といえばアール・デコですね、文字組もアール・デコな感じでフライヤー感バッチリ。

アジア・アナーキー・アライアンス

フライヤーなのに世界の作り込み感が素晴らしい。

杉本博 趣味と芸術

写真勝負ですね、フライヤーっぽくなさがすごいです。

JAZZTREFFEN

こちらもフライヤー感が全然ない、いいなーこういう仕事。

BLACK AND WHITE BOOK

BLACK AND WHITE BOOK

こちらはプリントギャラリーさんの展示のフライヤー、こちらもフライヤーっぽっくないです。ちなみに前二つもプリントギャラリーで手に入れました。三つ折り二なる折り目が付いていてちょっとあまりにもかっこよすぎて嫉妬。

 

美術館フライヤーといってもいろいろありますね、僕ごときが評価するのもおこがましいですが、個人的にはプリントギャラリーさんのフライヤーは今まで見てきた物の中でも美しさが5本の指に入るぐらいだった気がします。

美しさと伝えたい事が非常にバランス良くまとまっていてぐうの音もでないです。

いい仕事見るとやる気がでますね!

フライヤーのレイアウト―映画・展覧会・演劇…目立つチラシのデザインテクニック


縞模様の歴史

関連記事

tokyo midtown award 2008

Tokyo Midtown Award 2017 東京ミッドタウンのデザインとアート

2008年より開催されている「Tokyo Midtown Award」が7月24日まで受付中です。

小田原・伊豆 50選

パンフレットのデザイン 4種

良デザインのパンフレット達です。今回はどれもタイトルとビジュアルの関係性がスタンダードなものが多くなぜか、紙質はファンシー系が多かったです。

fontplus day

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章

過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

BIRD ECHO

パンフレットのデザイン 4種

パンフレットを多々見ていると商品そのものも美しくてパンフレットもかっこいいものと、商品はうーんだけどパンフレットはいいねみたいなものもあります。

good design store by nohara

グッドデザイン賞の賞品を集めた「グッドデザインショップ」がオープン

「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」が、KITTE 丸の内に4月28日オープン。

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

横浜トリエンナーレ

タイポグラフィーをメインビジュアルに使ったフライヤー

日々いたるところで目にするフライヤーですが、写真やイラストが極力使われていない文字の力でデザインされたものを集めてみました。

月刊MdN2018年11月号『明朝体を味わう。』

月刊MdN2018年11月号『明朝体を味わう。』

ワインを楽しむように明朝体を楽しむ。

Minimal JOURNAL

フリーペーパーのデザイン 24種 新聞紙系、厚めのもの

フリーペーパー集めました。

ガラパゴス化する印刷 装丁の力

最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト