畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2015.11.16

ローラン・グラッソ展|メゾンエルメス Soleil Noir


先日ご紹介したメゾンエルメスですが、Le Forumではアートの展示もやっています。11月11日からローラン・グラッソというフランス人のアーティストの展示が始まったので行ってきました。

時間が空いたからという理由であまり下調べもせずに行ったのですがこれがとてもよかったです。展示の内容は彫刻などのオブジェクト、フランドルっぽい絵画、映像、屏風に描かれた絵画、ネオン管で表現された文字など多岐に渡っており、それらが黒い太陽という一つのテーマで結びつけられています。
ローラン・グラッソ

※一番気に入ってしまった1803年を表現したネオン管

フィクションなのか史実なのか、現代なのか過去なのか未来なのか、西洋なのか東洋なのか特定できない物が様々な表現で違和感なく存在していて素直に不思議な気分になりました。

これが無料で見られるなんてエルメス様々です、自分のように明らかにエルメスの顧客ではない小汚い格好をしている人にもエルメスのスタッフはジェントリーで久しぶりに行きましたが感動、しかも1Fはいい匂いがしました。
Le Forum

※Le Forumのパンフレットです。

というわけでローラン・グラッソ展とてもおすすめです。

Laaurent grasso


縞模様の歴史

関連記事

TAKAO 599 MUSEUM

山のミュージアム|TAKAO 599 Museum

よく自然の中の美術館などというとただ美しい風景、もしくは庭園などが美術品とは別に存在しているのが普通ですがこの美術館の展示物は全てアートと博物館的オブジェの中間ぐらい。

ミシェル・ブラジー

「リビングルームⅡ」 ミシェル・ブラジー展 メゾン・エルメス

生命の誕生と朽ち果てる文化のような両極を感じさせるアート。

ソールライター

ソールライター 回顧展再び

ソールライターはなんであそこまでヒットしたのか。

森岡書店

森岡書店 舘野 鴻

前から行ってみたかった銀座「森岡書店」に行きました。

GUCCI

GUCCI 4 ROOMS 真鍋大渡らのインスタレーション

GUCCIがアーティストとコラボレーションした展示が始まりました。

アンドレアス・グルスキー

個の喪失と尊重 アンドレアス・グルスキー

高解像度で撮影された写真を photoshop等でレタッチするため細部を拡大することがよくあります。引きで撮った何気ないスナップ写真でも細部を拡大すると思わぬ人間の表情や動きに気がつくことがあります。

akatsuka

シュールなバランス「赤塚不二夫のココロ」展

スパイラルで2015年に生誕80年を迎える赤塚不二夫の原画と大きくプリントされたキャラクターや漫画、自分が映り込める書き割などが展示された展覧会をやっていたので行ってきました。

静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館 東京都美術館以上?のコレクション 若冲も見た中国・高麗の美術品

岩崎弥太郎の弟、岩﨑彌之助とその子小彌太によって創設された美術館に行ってきました。

gokita_peakaboo

TOMOO GOKITA PEEKABOO 東京オペラシティ 五木田智央 

五木田智央さんの展覧会が東京オペラシティで始まりました。

カール・ラガーフェルド

太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影 カール・ラガーフェルド写真展 シュタイデル

シャネルネクサスホールにてカール・ラガーフェルドの写真展が開催されます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト