畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2015.11.16

ローラン・グラッソ展|メゾンエルメス Soleil Noir


先日ご紹介したメゾンエルメスですが、Le Forumではアートの展示もやっています。11月11日からローラン・グラッソというフランス人のアーティストの展示が始まったので行ってきました。

時間が空いたからという理由であまり下調べもせずに行ったのですがこれがとてもよかったです。展示の内容は彫刻などのオブジェクト、フランドルっぽい絵画、映像、屏風に描かれた絵画、ネオン管で表現された文字など多岐に渡っており、それらが黒い太陽という一つのテーマで結びつけられています。
ローラン・グラッソ

※一番気に入ってしまった1803年を表現したネオン管

フィクションなのか史実なのか、現代なのか過去なのか未来なのか、西洋なのか東洋なのか特定できない物が様々な表現で違和感なく存在していて素直に不思議な気分になりました。

これが無料で見られるなんてエルメス様々です、自分のように明らかにエルメスの顧客ではない小汚い格好をしている人にもエルメスのスタッフはジェントリーで久しぶりに行きましたが感動、しかも1Fはいい匂いがしました。
Le Forum

※Le Forumのパンフレットです。

というわけでローラン・グラッソ展とてもおすすめです。

Laaurent grasso


縞模様の歴史

関連記事

Image-Makers_pressrelease_J1

イメージメーカー展 21_21 デザインサイト

JEAN PAUL GOUDEの事を知ったのは敬愛する三宅純さんのアルバムジャケットで。

TAKAO 599 MUSEUM

山のミュージアム|TAKAO 599 Museum

よく自然の中の美術館などというとただ美しい風景、もしくは庭園などが美術品とは別に存在しているのが普通ですがこの美術館の展示物は全てアートと博物館的オブジェの中間ぐらい。

man ray satie

Bunkamura エリック・サティとその時代展 NADiff modern

もっとも好きな音楽家の一人、エリック・サティが生きた時代の芸術家の作品やサティの直筆楽譜などを展示する展覧会がBunkamuraで始まったので行って来ました。

bauhaus

The Bauhaus バウハウスの美術品32,000点が無料で公開

ハーヴァード大学に寄贈されてきたバウハウス卒業生の作品がオンラインアーカイブとして公開されました。

ミシェル・ブラジー

「リビングルームⅡ」 ミシェル・ブラジー展 メゾン・エルメス

生命の誕生と朽ち果てる文化のような両極を感じさせるアート。

GUCCI

GUCCI 4 ROOMS 真鍋大渡らのインスタレーション

GUCCIがアーティストとコラボレーションした展示が始まりました。

ソール・ライター

ソール・ライター展 Bunkamura

Bunkamuraでまた面白そうな展示がスタートしました。

あゝ新宿 アングラストリートジャズ展

あゝ新宿 アングラストリートジャズ展 6月3日より 山下洋輔と菊地成孔の対談も

2016年大きな反響を呼んだ「あゝ新宿 ー スペクタクルとしての都市」展の第2弾として「あゝ新宿 アングラ×ストリート×ジャズ」展が開催されます。

新国立美術館

新国立美術館10周年

新国立美術館が出来てから10周年だそうです。

森岡書店

森岡書店 舘野 鴻

前から行ってみたかった銀座「森岡書店」に行きました。

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post

Follow design_peeji's board Free paper, flyer like a news paper 新聞紙のようなデザインのフリーペーパー・フライヤー on Pinterest.