畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.11.8

【レビュー】プリントギャラリー ベルント・クーヘンハイザー


先日ご紹介したプリントギャラリーさんでのベルント・クーヘンハイザー展に行ってきました。

プリントギャラリーさんには初めてお邪魔しましたが2,3坪程度のけっして広いとは言えない空間ですが、椅子に座ってじっくり展示物が眺められる非常に居心地のいい空間で全ての展示物、今回だと書籍が多かったのですが頭から最後までなんども眺めてしまいました。

プリントギャラリー
プリントギャラリーさん内部。

中でも印象に残っているのはカタリーナ・ゲンスラーのHD(Turm)D LC。
かがり綴じでA3?ぐらいの大きい判型に特色+スミの2色で刷られています(見た感じ特色の白も使われているように感じたのですが解説では2色)。

この本の見所はコルビュジエが壁紙メーカーサルブラ社の依頼を受けて作ったと言われる63色の特色が再現されたPANTONEがこれでもかというぐらい盛られていて1ページが重いところ(笑)、表紙周りは建築の外装に使われる塗料が塗られているとの事で、書籍というよりミニマムな建築と言っても良いぐらいマッシブ。ちなみにタイトルのLCとはLe Corbusierから取られているそう。この本をみるだけでも行ってみる価値ありかもしれません。

フライヤー、ポストカード

帰り際余っているからと素敵なフライヤーとポストカードをいただきました、写真は撮ってないのですが今回の特別展に合わせて発行されたBlack White Type Thingsも買いました。

11月15日までです。

パントン(PANTONE)フォーミュラガイド/2冊組(コート紙、上質紙) GP1601


縞模様の歴史

関連記事

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

小さな出版社のつくり方

小さな出版社のつくり方

出版社を作るということから、仕事のやり方について考えます。

良いデザインのフリーペーパー 8選

最近はフリーペーパーといってもただとは思えない出来の物が多数あります。 今まで手に入れたもので装丁やデザインが凝ってるなあと思うものを上げてみます。

桂離宮

写真と建築と装丁 桂離宮 石元泰博

建築写真の写真集は建築物の姿を忠実に伝えようとしているものと、建物に忠実というよりは写真を撮ることでその建築が持っている潜在性を最大限に浮かび上がらせるものがあると思いますが、この写真集に関して言えば

LOGO MODERNISM

Logo Modernism

モダニズムを感じさせる6000ものロゴを集めた本がタッシェンから出るそうです。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

装丁と仕事 世界一美しい本を作る男 シュタイデルとの旅

シャネルのカール・ラガーフェルドやロバート・アダムスなどの写真家、ギュンターグラスのようなノーベル賞作家まで様々な顧客からの信頼を得て数年先までスケジュールが埋まっているという出版社がドイツのstei

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

MOTHERのことば

MOTHERのことば。 ほぼ日

MOTHERのことば。自分と同じ世代の方はぐっとくるものがあります。

ガラパゴス化する印刷 装丁の力

最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト