畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.9.29

東京防災 グラフィックデザインのちから


先日我が家に初めてみる黄色い箱が届きました。「東京防災」と書かれた箱に入ったマニュアルとマップは災害時にどう身を守ったら良いかを非常に簡潔にかつ美しくまとめてありました。

東京防災

こんな感じの箱に入っています。

一点何に使うのかわからないシールも入っていて普通にiphoneとかに貼ろうとしてしまいましたが、これは外部に防災に対する備えをした証として玄関ドアなどに貼るものだそう。

東京防災

箱と同じぐらいの大きさのマニュアルが付属、丁寧に塩ビカバーも付いていました。

東京防災

防災マップです、これは住んでいる地域でそれぞれ違うものが入っているようです。

東京防災

思わず携帯に貼りそうになったシール。

東京防災

一式並べてみました、パッケージ、サイズ感共に手元に置きたい良いデザインです。

ツールのデザイン一つでこんなにも読む気になったり使いたくなるのを肌で感じて、まだまだグラフィックデザインの活躍の場はあるなと確信。

新しい時代のブランドロゴのデザイン -ダイナミック・アイデンティティのアイデア97


縞模様の歴史

関連記事

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

detail in typography

ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリが書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版が登場。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

横浜トリエンナーレ

タイポグラフィーをメインビジュアルに使ったフライヤー

日々いたるところで目にするフライヤーですが、写真やイラストが極力使われていない文字の力でデザインされたものを集めてみました。

銀座伊東屋リニューアル 竹尾

仕事でクラフト紙が必要になったので急遽銀座伊東屋に行ったらちょうどリニューアルしたばかりでした。

100本のスプーン ランチ

100本のスプーン ランチメニュー ディナーメニュー

二子玉川ライズにスープストックトーキョーの100本のスプーンが出来ていました。

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

2色印刷

楽しい2色印刷の世界

前回ご紹介したデザインテキストブックの2Cデザインの紹介が面白かったのでご紹介します。

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト